ロルフィングハウス フェスタ FESTA

2人でロルフィングを受けてくださったご夫婦のこと。

ご夫婦で10シリーズを受けられた方が今日で終了。

カレンダーを確認したら、2月にお二人で体験セッションを受けていただいて、そこから毎回のように一緒にセッションにいらしていました。

どちらかがセッションを受けている間も、どこかに出かけるでもなく、同じく部屋にいて、本を読んだり、お昼寝したり、たまに何をしているか覗いてみたり、とても仲の良いご夫婦で、こちらが見ていてにんやりしてきます。

「赤ちゃんが欲しいんです」

と言われていたのが体験の時で、何かロルフィングが力になれたらいいなと思っていました。

奥さんは介護の仕事をされていて、職業柄、腰痛に悩まされいて、コルセットを手放せない生活が長年続いていたようでした。

旦那さんは長時間のデスクワークの影響で、慢性的な腰痛と肩こりがありました。

コルセットで体幹を固定すると、痛みが出る動きを制限できるので、痛みは出にくくなるのですが、そうやって腰全体を固めていると、その周辺の筋肉が凝り固まってきて、血流などの行き交うものの流れも淀んできて、それが腰痛を引き起こすようになります。

身体の構造を観察してみると、骨盤がねじれた位置にあり、それとバランスを取るように胸郭もねじれ、膝は内側に入り、膝周辺をロープでくくられているように窮屈に見えました。

実際に身体に触れてみると、健康的な身体は、ふかふかしていて柔軟性があって、中に生き生きとした動きがあるものなのですが、その真逆のような感じで、組織に元気がないような感触でした。

そんな状態からスタートして、1回ずつ丁寧にセッションをしていって、10シリーズも中盤に入る頃でした。

「コルセット外してみたんです。でも意外に大丈夫でした」

驚いた一言でした。

僕からコルセットを外してくださいと言ったわけではなく、自分自身の「なんとなく外してみようかな」という感覚に従って外してくれて、そして痛みもないようなのです。

自然に生まれてきた変化でした。

その後も痛みがぶり返すわけでもなく、仕事もコルセットなしでできているようでした。

夏の頃には、「コルセットをすると、汗疹ができやすくなって、毎年夏が大変だったんです。それでも、腰が痛くなるのが怖かったので、コルセットを手放すことはできませんでした。今年はそれがないから快適です」とのこと。

歪んで見えていた構造も整い始め、かなり目を凝らさないと、元がどんな感じだったか思い出せないほどになってきました。

旦那さんの方は、かなり身体が硬い方だったのですが、こちらのタッチに対する反応が良く、回を重ねるごとに腰痛は気にならなくなり、肩こりもだいぶなくなってきているようでした。

そして10シリーズもそろそろ終わりに近づいてきた頃でした。

「赤ちゃんができました」

自分事のように嬉しい報告でした。

「このお母さんに生んでほしい」と、赤ちゃんが親を選んでいるというストーリーが僕は好きで、素直に僕もそうなんだろうなと信じています。

コルセットが常に巻かれて圧迫され、組織も活力を失っているような状態では、赤ちゃんも望んでそこに命を宿そうとは思わないのかもしれません。

元々、赤ちゃんが欲しいという強い思いがあったので、自然にロルフィングまでたどり着いて、身体の構造が整い、それを包む組織も生き生きとしてきたから、授かるものが授かれたのかなと考えています。

神様からの素敵な素敵なギフトです。

ロルフィングが全てを解決したわけではなく、あくまで自然に整っていく力(自然治癒力)の流れに、うまく乗れたのだと思います。

人間の身体は不思議です。

少しのきっかけで、歪み、痛みもあった身体が、今では愛と祝福に満ちたものにまで変わっていきます。

お二人の身体と関わらせていただいて、そしてこんなに素晴らしい瞬間まで共有できて、本当にありがたいなと思います。

これから生まれてくる赤ちゃんが、二人をさらに明るく照らしてくれることと思います。

ロルフィングを受けていただいてありがとうございました。


E7CE73FB-432D-4413-B7E6-A0FF658950B7.JPG




Yuta

( Posted at:2017年10月17日 )

2017年11月の神戸出張ロルフィングのお知らせ。

山形は秋の風物詩「芋煮」の季節になりました。

週末になると、川原に家族や友人、同僚で集まって、収穫された秋の味覚を大きな鍋でクツクツと煮込み、みんなでそれを囲みながらいろんなことを語らう時間です。

蔵王の山頂付近では紅葉も始まり、それが徐々に僕たちの住む麓まで下りてきています。鮮やかな色が、波のように押し寄せてくるこの季節は、僕の大好きな季節です。

11月の後半に神戸に出張して、またロルフィングをさせていただくことになりました。

今回も2箇所での施術になりますが、まだ未定なところもあるので、詳細は予約をされてからのお知らせになります。

寒い冬が訪れる前に、身体のリセット、リフレッシュが必要な場合には、ぜひご予約ください。

CC543F1D-5107-4A3A-B072-5661F67CF154.JPG


(予約状況は10月17日現在です)


11月26日(日)

①14:00 - 16:00 ×
②16:00 - 18:00 ×
③18:00 - 20:00 ×


11月28日(火)

①14:00 - 16:00 ○
②16:00 - 18:00 ○
③18:00 - 20:00 ×


11月30日(木)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


12月1日(金)

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ○
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ○


【場所】
2ヶ所でのセッションになりますが、どちらも「三ノ宮駅から徒歩10分以内」の場所になります。ご予約いただいた方には場所の詳細をお知らせします。

【セッション料金】
 12,000円

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2017年10月11日 )

来るべき未来のための、これからのボディワーク。

スクリーンショット 2017-09-20 23.27.48.png


映画のような未来の食事

最近、「完全食:ソイレントの夢」という記事を読みました。

内容はここでは詳しくは書きませんが、とても興味深い内容で、みなさんにも一度読んでいただいて、いろいろとディスカッションしてみたいなと思うようなものでした。

簡単に書くと、アメリカの若いエンジニアのラインハートという人が、仕事もお金もなくて、日本で言う「コンビニ弁当」でなんとか食いつないでいたところ、ついに身体に異常が出てきてしまいました。

『食べ物をエンジニアリング的な視点で考えるようになっていった。「必要なのはアミノ酸で、牛乳そのものではありません。炭水化物は大事ですが、パンは不要です」と彼は言う。』(記事中より引用)

そうラインハートさんは考え、人間の身体が生きていくために必要な栄養を調べ、それを満たすように化学成分を合成して、「完全食」というものを作り出したのです。

それが「ソイレント」というもので、白い粉末を水に溶かして飲みます。それだけを摂取して生活し、基本的には「食事は要らない」という考えなのです。

『将来の食事は「効用や機能のための食事と、体験や社交のための食事のふたつに分かれていくだろう」と予想する。』(記事中より引用)

「白い粉を溶かしたものが食事?そんなのありえない!」という気持ちもわかりますが、上の引用した文章はとても鋭い視点だなと思います。

物は試しと思い、僕も「日本版ソイレント」と呼ばれている「COMP(コンプ)」を、朝食と昼食にだけ置き換えて実験しているところです。(もしも何か共有したい発見があれば、そのことも後々書いていきたいと思っています。)

僕個人としては、わりと遠くない未来に、ウェアラブルデバイスなどによって計測された、その人の心拍数、血圧、血糖値などの数値から、睡眠の質、自律神経のバランス、病気の兆候など、健康状態を随時モニターして、それをスマホのアプリで管理できるようになって、それがアプリ内で登録されている病院にも共有され、何か異常が出るとすぐに自動的に病院側に連絡されるようになるという時代になっていくと考えています。

さらに、今回のソイレントのような完全食の臨床データがもう少し集まってくると、自分の健康状態の管理するアプリによって、「今日のあなたの朝食」というメニュー(処方)が出てきて、それを自動販売機ではなく、「エナジーステーション」という名の機械にスマホをかざすと、ドリンク(またはグミかカロリーメイトの様なもの)が出てきて、それで朝食を済ませるという感じにもなるのではないかなとも予想しています。

さらには、「メチレーション検査」なども登場してきていますが、遺伝子レベルでその人の「代謝」の状態を調べ、「何を食べるべきなのか(その人個人に合った食事)」がドンピシャで出てくるようにもなると思います。

「何を食べないべきなのか」は、「アレルギー検査」などで調べられるようになり、最近では、かなり一般的にはなってきていますが、「僕は体育会系で、肉食系だから、肉食べないとやってられないんですよね」という人や、「肉ばっかり食べてるからダメなんだよ。日本人は昔から玄米と味噌汁を食べて暮らしてきたんだから、玄米菜食が一番」という人であっても、実は自分の体質に合っていないものを食べている場合が、かなり多いのではないかなと僕は感じています。

なぜならそれは、少しばかり「思想(スタイル、キャラ)」という「バイアス」も入っていて、必ずしも本当にその人の身体が求めているものとは違うこともあります。それを「客観的」に、そして「手軽、安価」で調べられるようにもなってくるでしょう。

少し、ソイレントや食事の話ばかりになってしまったので、この記事を読んで、僕らのボディワーク業界にも今後何が起こってくるのかを考えてみようと思います。


優秀なアプリケーションの登場

現在のトレーナー、ボディワークの業界の潮流は、PRI(Postural Restoration Institute)であったり、DNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization)や、FMS(Functional Movement Systems)などに代表とされる「外来」のもので、ものすごく単純に言うと、「独自の評価システムに基づいて評価をして、それに対してエクササイズや手技を処方する」というようなものです。

僕のロルフィングの先輩である佐藤博紀さんも、IMAC(Integrative Movement Assessment Courses)という方法を考え出して、シンプルに全身の可動域をチェックして、身体の構造の中で問題のあるエリアを導き出して、そこから特定の方向に抵抗をかけて、それに対して筋が反応できるかどうかを調べることで、「どの筋に問題があるか」までを判別していくことができます。

これらで共通していることは、アプリケーションが「とても優秀」で、「シンプルに」誰でも扱えるものなんだけど、「効果」がすぐに出やすく、「個人の能力はそれほど必要ない(個人の能力に依存しない)」ということです。

以前は、一人一人全く違う人間の身体を、「適切に評価して、必要なことをする」ということであったり、「どの筋に問題があるか」などは、解剖学、生理学などの身体の基礎的な知識の膨大さはもちろん、最新の論文、情報も丁寧にフォローしていて、頭でっかちではなく、実際の臨床のレベルも、自分のしているやり方だけでなく、様々なテクニックにも精通しているような「特に秀でた人(いわゆる、その道の天才たち)」が、できることだったのですが、こういった素晴らしい「システム」が開発されてきたことによって、「誰でも、簡単に」できるようになってきているのが現代です。

それはまるで、以前は「自分の知りたい特定の情報に、素早く、効率的にアクセスする」ということが、「一部のコンピュータオタク(ギーク)」だけの「専売特許」だったのが、「スティーブ・ジョブズ」の「iPhone」の登場によって世界ががらりと変わり、誰でもその恩恵に預かれるようになっている状況に似ています。

例えば、「山の天気がこれからどうなるか」は、何年も何年もその山を登り続けてきた「山の達人」が、「もう少ししたら雨が降るよ」と、まるで「予言」のように言い当てていたことが、「山ガール」であっても、スマホをちょちょいと操作すると、かなりの確立で「天気を予想」することができます。

今や「特定の技術は人間から分離され、アプリケーション(システム)になる」ということが、いろいろな分野で起きてきていて、それが身体に携わるトレーナー、ボディワークの業界にも起こってきています。

このことを僕は個人的に、「ボディワークのアプリケーション化」と呼んでいます。

これからどんどんこの傾向は進んでいって、ボディワークを「エンジニアリング的」に考え、それによってどんどん優れた「アプリケーション」ができてくると思います。

今はボディワーカーでありながら、エンジニアリング的な発想もできる人が、この「アプリケーション化」を推し進めていますが(佐藤博紀さんなどはまさにそうだと思います)、そのうちに「優秀で、純粋なエンジニア(つまり、身体の知識は皆無)」に協力してもらって、さらに優秀なアプリケーションが生まれてくることでしょう。

実際に今、海外で出てきてる最先端の医療機器などの分野では、「身体の専門家たち」がアイディア(ソフト)を出して、それを宇宙船などを作れるバリバリのエンジニアによって機械(ハード)が作られているという例が出てきています。それらは大学などの最先端の研究室から出てきているわけではなく、現場のアンテナを張ってるボディワーカーと、優秀なエンジニアの組み合わせによって誕生してきているのがポイントです。


ボディワークのコンピュータの誕生

ボディワークの中に、「ボディートーク」という方法論があるのですが、それは西洋医学の功績である、解剖、生理学などの身体の詳細な情報であったり、それに基づく現代医療の治療法はもちろん、東洋医学の鍼灸の経絡であったり、ヨガなどのチャクラであったり、プラーナだったり、さらには古今東西のエナジーワーク、スピリチュアルワークまで、「身体に関わるものすべて」を集めてきて、それらの「横の関連」を「紐付け(プログラミング)」していって、「チャート(パソコンの基盤のようなもの)」を作り出しました。

それを実際のクライアントさんの身体に、そのチャートにそって「質問」していきます。具体的には、身体が「抵抗するかどうか」という「バイオフィードバック」を拾っていくのですが、身体が抵抗すれば「ノー」、抵抗しなければ「イエス」という感じで、身体に関わる複雑で広大な情報を、質問をすることによって、「0か1かのデジタル情報(デジタル化)」にしていきます。

そうやって、チャートを元にしながら、その人の身体の情報を0か1に振り分けていくと、その人の身体の「現在の症状の原因」が導き出され、「それに対してすべきこと」まで教えてくれます。

僕はボディートークを学んではいませんが、そのアイディアを聞いた時に、「ボディワークのコンピュータの誕生」だと感じました。

(補足:実際の「コンピュータ」は、「この世の中にあるすべての情報を数式で記述する」という「こころみ」の中から誕生してきたものです。)

現在は、西洋医学は西洋医学の中でどんどん「細分化」され、その細かな分野を「縦方向」にどんどん掘り進めてはいっていますが、それぞれがどういう風に関連し合っているのかという、「横方向への関連付け」はあまり十分にはされてはいません。

ましてや、西洋医学と東洋医学とをつなぐ作業であったり、東洋医学や代替療法と呼ばれる業界の中でさえ、それぞれが縦に掘り進めることはあっても、なかなか横のつながりを実現することはとても困難なことでした。

それを、ボディートークを始めた「ジョン・ヴェルトハイム」さんは、今はなきスティーブ・ジョブズさんが、電話、メール、音楽、インターネット、地図、天気、辞書と、今まではバラバラだったものを「紐付け(プログラミング)」して、それぞれが関連し合いながら、スムーズに動くようにしたように「設計(デザイン)」したように、様々なボディワークを「統合」したところに、素晴らしい功績があるなと、個人的に思っています。

ボディートークは、もちろん専門的なトレーニングが必要ですが、「誰でも、簡単に」、高度な療法を行うことが可能になります。

それは、ジョン・ヴェルトハイムさんの身体に関する情報の範囲と量、それらをつなぐ実際的なアイディアと、最終的にはそれを誰でも簡単に扱えるようにしたセンスによるものだなと思います。

こういったように、今まで先人たちが「縦に掘り進めてきたもの」が、どんどん「紐付け」られてきて、手軽なんだけど、かなり高機能な「アプリケーション」として、誰でも利用できるようになることでしょう。


自分というiPhoneに、どんなアプリをインストールするか

この流れはもう止まりようがなく、この流れに「自然に乗れる人」と、「なんとなく嫌悪感を感じ、距離を取る人」とに分かれていくのではないかと、僕は予想しています。

極端な話をすると、これからのトレーナーやボディワーカーは、解剖学や生理学などの専門的な知識をそんなに知らなくても、アプリケーションの通りに身体を見て、それが示す処方をしてあげると、それだけで「結果を出せる」ようになってくるのです。

自分という『デバイス(iPhoneみたいなもの)』に、どんな『アプリケーション』を『インストール』するのか」が、そこでは重要になります。

実際にみなさんの周りにも、新しいアプリが出る度に、自分のiPhoneにどんどんインストールしていって、何の専門家でもないのに、「いろいろなことが、まるで専門家のようにできる人」というのがいると思います。(いわゆる「ガジェット好き」と言われているかもしれません。)

写真をぼかして撮ったり、それに色を付けて加工したりするのは、今では子どもですらできる時代ですが、フィルムカメラで写真を撮って、それを暗室で現像することの手間と労力を知っている人からすると、すごい時代が来たと思っていることでしょう。

そういうようなトレーナー、ボディワーカーがこれから増えてくる時代になると思いますが、自分のFacebookのタイムラインを見ていると、最新の「ボディワークのアプリケーション」を、どんどんインストールしていって、実際のセッションで「成果を上げている」人が、すでにかなり多くなってきていると感じます。

僕はそのことを「否定」はしているわけではなく、むしろ「歓迎」しています。

どんどん若い世代の人たち(正確には、どんどん出てくるアプリケーションの波に「自然に乗れる人」たち)が、僕らや僕らの上の世代の方々が、「苦労して身につけてきたこと」を、パッとすぐにできるような時代になってきて、どんどん活躍してくれればいいなと素直に思っています。

先に書きましたが、「いや、そういうのはあってはいけない。人様の身体に関わらせていただく専門家なのだから、そんなチャラチャラしていてはだめだ。地道に勉強し、真摯に身体に向き合っていかなければいけない」と、「なんとなく嫌悪感を感じ、距離を取る人」もいるのも十分に承知しています。そして僕は、それもそれで「否定」はしていなくて、それでいいと思います。

ただ「二極化が進んでいく」ということで、どっちがいいということが言いたいわけではありません。

このような考えは、「落合陽一」さんという人の、『2017年へ:「幼年期は終わる。今こそバベルの塔を建てよう」(前編)』を読ませてもらって、なるほどなと思ったことを、トレーナー、ボディワーク界にも置き換えて書かせてもらっています。その記事もとても刺激的なので、ぜひお時間ある時に読んでみてください。

大事なポイントとしては、「結果を出す」のを最優先事項とすると、「優秀なアプリケーションを選んだり、扱ったりするセンス(例:どの天気アプリを選ぶか、そしての機能を十分に引き出すように操作できるか)」の方が、「実際に身体を見たり、触ったりする能力(例:いろんな山に何年も何年も登り続けて、時間をかけて、その「勘」を養う)」よりも「効率的」になってくることもあるということです。

そして、だからと言って、クライアントさんが求めることは「結果を出す」ことのみ、というわけでもないので、そうなると「実地で鍛え上げた腕と嗅覚と勘」のようなものの方が、大切になってくることも明らかです。

そのことを、次の章で書いていきたいと思います。


身体に関わる仕事のこれから

「ボディワークのアプリケーション化」がこれから進んでいって、それに「親和性が高い」グループと、「嫌悪感を感じ、距離を取る」グループに分かれていくことは、すでに書いたとおりなのですが、その人たちが「提供するもの」も二極化していくのではないかという話を、最後にしたいと思います。

◯脱個人、脱場所、アプリケーション
・とにかく、目的、効果がありき(治ればいい、痩せればいい)
・誰にしてもらおうと、どこでしようが関係ない
・いかに短期間で終わるかが重要
・目的、効果に応じて料金は上がるが、安価でも提供可
・業界のいろいろなものが混ざるが、あくまで「並べ替え」

◯個人が際立つ、場の存在、そこでだけできる経験
・全人的なアプローチ、高尚で、高次な体験が大切
・その人のしてもらうこと、その素晴らしい場にいることが大事
・そこでしかできない、個人的な体験
・プレミアムな値段設定
・業界がシームレスに「溶け合い」、「統合」されている
 それか、あえて一本(例えば、鍼灸のみなど)でいく

まず最初の方ですが、こちらは「脱個人」であるので、「個人の能力」は関係がなく、「アプリケーション」の機能が優れているかどうかが大事になってきます。

店舗を出すとしたら、「うちはこんなアプリケーションをインストールしています」というのが売りになってきますし、もしも個人で活動するトレーナーだとしたら、実際的な手技のテクニックや、エクササイズ指導の上手さという「個人の能力」ではなく、「どんなアプリケーションを選ぶかどうかのセンス」であったり、その「アプリケーションの操作技術」そのものが大事です。(いくら「アプリケーション」自体が優秀だとしても、それを「使いこなせる」ことができなければ意味がありません。)

場所はどこでもよく、駅に近かったり、自宅でできたり、なるべく「移動のコスト」もかけず、「金銭的コスト」もかけずに、「目的、効果にコミットする」というのが重要です。

「目的、効果」がはっきりしているので、「なるべく短期間で」という「効率化」も大切になります。

都内の駅近くのマンションの一室で、座り心地のいいソファにゆったりと座り、耳にはつけ心地のいいヘッドホンを付けて、ヒマラヤの奥地で修行している聖人のマントラであったり、川の流れや海の波の音のような自然音であったり、その人のチャクラのどこに滞りがあるかどうかもアプリでわかっているので、それに応じた音、周波数が流れてきます。

鼻には吸引ノズルが付けられ、匂いもアプリから割り出されたアロマの香りが出てきて、最高のリラックス状態がそこにはセッティングされます。

その状態で、トレーニングされたスタッフが、ボディワークのアプリケーションのいずれかを手際よく実施して、身体が構造的にも整えられます。

最後にその時に必要なサプリを摂取して終了します。

これは「身体のリセット」コースをイメージして書きましたが、これが「痛みの除去」が目的であれば、それは病院で違った形で行われるかもしれませんが、そこはそんなに大きな違いはないと思います。

そして、レビューが書かれ、それぞれのお店、人は星の数で評価されるような感じになると思います。

その一方では、高野山で世界的にも有名な僧侶を招いての瞑想リトリートが開かれます。

昔から脈々と受け継がれてきた、修行の地として「場の力」を感じながら、集団瞑想で魂が浄化されたような、高次な体験をします。

食事は全国から集められたオーガニック食材を使って、然るべきシェフが、最高の技術でそれを料理したものをいただきます。

そして自分で選択したボディワークのセッションを受けることもでき、様々な種類のボディワークがオプションとしてあり、一流の素晴らしい技術を受けることがそこではできます。

そこに自分で行かなければ、その「場のエネルギー」を感じたり、「その人にしかできないボディワークの技術」を体験することができません。誰もが同じではなく、「自分だけの個人的な体験」がそこでは大切なポイントです。

「特定の技術は人間から分離され、アプリケーション(システム)になる」と書きましたが、それでも「その人にしかできないこと」は「特定の人間に残る」と思います。当然です。

それには、素晴らしい「価値」があるので、どんどん「プレミアムな値段設定」になってくることは避けられません。そうであっても、「それでもその人から受けたい」という人がかなりの数いると思います。

今回は、かなり単純な「二極化」の比較をしましたが、もちろん、それらが混ざりあったものや、いいとこ取りの中間のようなものも登場してきて、「多様化」も進むとは思います。

そして、そんな未来の「予兆」のような「サービス」も、現実に登場し始めてきています。(例:高級列車でゆったりと優雅な電車の旅を楽しみながら、目的の旅館を目指します。自然豊かな、静かな旅館に1週間ほど滞在して、精進料理やオーガニック食材を使った料理をいただき、温泉に心ゆくまで浸かり、その間、瞑想やボディワークを受けることができます。自分を「リセットする」、「癒やす」、「禊をする」などのテーマに沿って、様々なプランが選べます。)

もう一度ここで、「完全食:サイレント」を作り出した、ラインハートさんの言葉を引用したいと思います。

『将来の食事は「効用や機能のための食事と、体験や社交のための食事のふたつに分かれていくだろう」と予想する。』

これからトレーナーやボディワークの業界も、「効果や機能のため」のものと、「体験や社交のため」のものに分かれていくのではないでしょうか。

「結果にコミットする」という宣伝文句のダイエットを売りにしている会社もありますが、多くの知り合いトレーナーが、「結果がすべてです」とまっすぐな眼で言っているのも見てきました。

これは時代の流れで、様々な形の「結果」がさらにシビアに求められてくるのは、どうにも避けられないでしょう。

それはそうだよなと思う半分、「本当にそれだけでいいのかな」と思う自分もいます。

「結果が大事なのではなく、そこまでに至るプロセスであったり、そこまでしてきた体験が重要」と言う人もいます。

それもわかります。これからのボディワークのセッションは、「なんだか痛みが取れるとか、そういうことだけでなく、自分のことをより深く見つめられる体験でした」というような「体験そのもの」に「価値」があると、広く認識されてくるようにもなってくるとも思います。

僕個人がこれから進んでいく方向としては、後者の方になっていくと思います。

自分のロルフィングを受けてもらうと、「他の人とはまた違う感じのセッションでした」などと言ってもらうことがあります。自分のしていることは、「アプリケーション化」しにくいなとも感じますし、「痛みを必ず取る」という「特定の効果にコミットする」というタイプでもないので、自然に後者に向かっていくことでしょう。

でも、前者が良くないとか、否定しているわけでもありません。

僕自身も歯が痛くなって、歯医者に行くこともあるので、その場合に求めるものは「すぐに出る効果」です。「体験」とか、「プロセス」とかは要らないので、「なるべく早く、この歯をなんとかしてほしい」と思います。

一人の個人が、その状況では、「効果や機能」を求めるべきなのか、「体験や社交」を求めるべきなのかを、「選択」するようになってくると思います。

それは、「電車の乗り換え」の際に、「自分のiPhoneのアプリで検索する」べきか、「めちゃくちゃ詳しそうな駅員さんを探す」べきなのかを、僕らは自然に「選択」していますし、「この寿司屋さんで食べるべきネタを決める」際に、「このレストランの食べログを開いて、レビューの中から探す」べきか、「目の前の職人としてこだわりがありそうな板前さんから聞く」べきなのかも、人によってどちらかを「選択」しています。

今回のこの記事は、どっちがいいとか、悪いとか、ということではなく、「こんな未来が訪れたら、どうなるのかな」という想像のきっかけにしてもらえたらと思っています。

僕も僕なりに、「来るべき未来のために今から何ができるかな」と、じっくりと考えたり、このことを友人とディスカッションしてみたりして、その未来につながるような行動をし始めています。

多くの人が、健康で、健全な人生を楽しめるように、今できることを、この地方山形で、丁寧にしていきたいなと思います。




Yuta

( Posted at:2017年10月 5日 )

友人が自分を紹介してくれること。

同い年の友人に竹野くんという人がいます。

以前、山形でしたセミナーに東京から参加してくれて、それから仲良くなりました。

彼は接骨院に勤務しながら、日々たくさんの患者さんに徒手による治療を行いながら、トレーニング指導もできるし、最新のメソッドの探求にも余念がなく、僕のロルフィングの師匠の「佐藤博紀」さん(みんなからは「ヒロさん」と呼ばれています)のセミナーにも、東京から大阪へ何度も足を運んでいます。

勉強熱心だし、聞き上手だけど、自分の考えてることも自分の言葉で伝えてくれるし、いつも会うのが楽しみな人です。

なかなか同じような職種で、「友人」と呼ばれる人というのはあまり多くないと思うのですが、竹野くんはそんな一人です。

ヒロさんのセミナーに参加した時に、「勇太のタッチに似てる」と言われたみたいで、それで山形のセミナーに参加してくれたようでした。

そんな彼は、ヒロさんから学んだ「IMAC」といろいろなコンセプトを統合させながら、フリーのボディワーカーとして活動していくようです。

彼のブログで、僕のロルフィングセッションのことを紹介してくれている記事を見つけました。

東京でもたまに出張ロルフィングをしているのですが、その時に何回か僕のセッションを受けてくれて、その時のことを書いています。

スクリーンショット 2017-10-04 10.58.20.png

カラダを整え、動くカラダへ! 竹野健太郎ブログ
「take no karada life」


記事の中で、「大友くんのセッションなんかは一種のマインドフルネスじゃないかと勝手に思っています」とあります。

自分自身でも「そうかもな」と思うことがあります。

同じ記事の中に、マインドフルネスという考えのことを、「評価や判断を加えずに、『いまここ』の経験に対して能動的に注意を向けること」と、本から引用していますが、これは僕もセッションの中で大切にしていることです。

festaには、「長年の痛みをどうにかしてほしい」という方や、「いろいろな病院に行ったけど、あまりよくならないんです」などという方もいらっしゃいますが、「痛み=悪(ダメなもの)」とすぐに「判断」するのではなく、「今現在、身体がどんな感じがするのか(身体が何を言わんとしているのか)」に注意を向けていきます。

そうすることで、その「痛みという経験」が、「形や質感が変化(痛みの変化、軽減)」してきたり、そのうちに「なくなる(痛みの消失)」ということも起こってきます。

あまりグイグイと押したり、バキッと関節を鳴らしたり、身体を手際よく操作したりするというセッションではなく、「ただ手を置いて、そこから起きる身体の反応に付いていく」という感じのセッションなので、それだけで苦しんでいた痛みから解放されるということが起きたりすると、なんだか「狐につままれたような」表情をされる方もいます。

それほど、「ただそこで起きることを静かに見つめる」という「マインドフルネス的なセッション」は、「パワフルで深い」ものにもなりえると思っています。


なぜ「マインドフルネス」をするのか

ここで、「Healing Writing」という、「書きながら癒されること」を提案されている「つなぶちようじ」さんの記事を紹介したいと思います。

「僕のしていることは、マインドフルネスに近いと思います」と書くと、「じゃあ、マインドフルネスは何をしてくれるの?どんないいことがあるの?」と思われたり、「マインドフルネスは、痛みをなくしてくれるの?」と聞きたくなる方もいらっしゃると思うので、下に載せるつなぶちさんの文章を読んでいただけたらうれしいです。


・・・・・・

あなたの行動を決める言葉は何ですか

「気持ちいいもの」を数日書いていると、だんだん楽しくなってきて「もっとたくさん書きたい」と思ったりしませんか?

または「もういいや」と思いませんか?

または「やっても意味ない」と思ったりしませんか?

このように思うようになってから、「気持ちいいもの」を書く行為が意味のあるものになるかならないかが決まります。

もちろん、この先に進まなくても結構です。

瞑想をしたことありますか? または座禅を組んだことはありますか?

あれ、やってもたいして意味がないとも思えますよね? だけどやる人はやる。何かを求めて。その何かは、その人次第の何かです。この「気持ちいいもの」を書くことも、あなたが何かを求めて書き続けると、いろんなことが現れてきます。それは問題であったり、気づきであったり、思わぬ記憶であったり、いろいろです。

なので、ここから先はあなたが手探りでやっていくことが大切です。僕がいろんなことを教えてしまっては、自分で本当に何を見つけたのかわからなくなってしまいます。

(Haling Writing, 「あなたの行動を決める言葉は何ですか」

・・・・・・


つなぶちさんは、「Healing Writingの実際」として、「気持ちいいもの」を書くということをおすすめされています。

「気持ちいいものを書いて、何の意味があるの?何が起こるの?」という疑問があるかと思いますが、文中に「だけどやる人はやる。何かを求めて。その何かは、その人次第の何かです。」とあります。

そして、「あなたが何かを求めて書き続けていると、いろんなことが現れてきます。それは問題であったり、気づきであったり、思わぬ記憶であったり、いろいろです。」と続いています。

「マインドフルネス(瞑想、または座禅)」も同じようなことが言えると思います。

僕のロルフィングセッションも、受ける人は「すぐに受けます」と決断されます。それがいいとか、悪いとかということではなく、その方は「何かを求めて」受けたいと思われるようです。

その「何か」は、決断されたご本人にも、ロルフィングをする僕にもわからず、やっていくうちに次第に見えてくるようになります。

その中で、身体の痛み、不調が軽減したり、なくなったり、ずっと見ないふりをしていた問題が出てきたり、小さい頃の思わぬ記憶が浮かんできたり、様々なことが起こってきます。

それを最初から「予想する」ということは難しく、そういうことで先に書いたような質問には、答えに困ってしまうのです。

スタートする前から明らかなのではなく(ゴールが明らかだからスタートするのではなく)、なぜかもうスタートしてしまって、そこから「発見的」に道を進んでいきます。

そしてある程度進んでいくと、「ああ、なるほど、私はここにたどり着くためにスタートしたのか」と、「事後的」にその理由を知るのです。

そういうプロセスが、「マインドフルネス」では起こってきます。

「予想をすること(先を読むこと、または空気を読むこと)」が、とても大切にされている現代ですが、それゆえに「いまここにいること(先に起こることをつかまえようとせずに手放すこと、または空気の流れを把握しようとせずに空気自体を味わうこと)」が難しくなりすぎているようにも思います。

自分でそういう時間を作ることができればいいとは思うのですが、なかなかそれができないという人は、「身体を委ねる」ということも大切になると思います。

僕がするロルフィングは、「なるべく何もせず、起こることを見守る」ということを大切にしているので、受けてくださる方も安心して「自分の身体に何が起こっているのか」に集中することができると思います。

それを「マインドフルネスじゃないか」と思ってくれた友人は、さすがだなと思います。

竹野くんは東京でセッションをしていますので、気になる方はウェブサイトを覗いてみてください。




Yuta

( Posted at:2017年10月 4日 )

A-Yogaレッスン 10月のスケジュール

10月に入り、山形は秋の風物詩「芋煮」の季節です。

近くの川沿いでは、たくさんの人たちが鍋を囲んで、

収穫された秋の恵みを楽しんでいます。

もう少ししたら蔵王の上の方から、

紅葉の波が押し寄せるようにもなります。

自然の大きな流れの中で生活しているのを実感します。


最近のfestaは、男性の方の参加が少しずつ増えてきました。

趣味でマラソンをされている方や、ご夫婦、会社の同僚の方など、

ヨガを通して自分の身体にゆっくりと向き合うには、

秋はとてもいい季節だなと思います。


「男性の方でもヨガできるのですか?」などとよく聞かれますが、

「全然気にせずできますよ!」と、お答えしています。


その方が「どういう事を求めていて、どうなりたいか」を、

少しでもお手伝いできたらいいなと考えているので、

男性ももちろん、いろんな方々に

festaに来てもらえたら嬉しいなと思っています。


10月もスタートしてしまいましたが、

レッスンスケジュールのご案内になります。

festaパンフレット_2017年10月.jpg


◯A-Yoga定期レッスン

 毎週
 月曜日 14:00 - 15:30
 木曜日 18:30 - 20:00
 金曜日 10:00 - 11:30
 土曜日   9:00 - 10:30

お休み 6日(金)、7日(土)、9日(月)
    19日(木)振替 → 18日(水)18:30 - に変更
    21日(土)

回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
     10,000円/5回
    15,000円/10回
(どの曜日でも使用可、期限なし)


◯maaruでつながるYoga

10月11日(水)、25日(水)
どちらも11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

ヨガタイムの後は、ドーナツランチがあります。
毎回違うスペシャルドーナツが登場します。

S__49152007.jpg
ヨガがはじめての方でも大丈夫なクラスです。


S__49152005.jpg
前回メニュー ・半熟卵とベーコンのドーナツベネディクト
       ・チキンとゴロゴロ野菜のトマトスープ




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。

ご予約、またはお問合わせは、

メール: info@rolfing-festa.com
電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。

みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 

 
Ryoko

( Posted at:2017年9月28日 )

festaのことをメディアで紹介していただきました。

ここでは、festaがメディアで紹介された記事をまとめています。

取材を受けることはとても楽しい時間で、ロルフィングやヨガを実際に受けてもらってから、いろいろと記事にしていただくのですが、「言葉にしにくい体験」というのもあるので、それがライターさんの手によってどんな風に言語化されていくのか、とても興味深いなと思っています。

お時間ある時に、ぜひゆっくりとご覧になってください。


◯「雛形」 移住のニュー・スタンダード!(ロルフィング)

「からだはすべてを知っている」東北の地でボディワークの未来をひらく

スクリーンショット 2017-09-15 12.34.00.png

「雛形」さんは、移住を考えている人たち向けの、実際に移住をした人たちの声がまとまっているWebマガジンです。

僕も以前は神戸の岡本に住んでいて、夫婦で「Rolfing House festa」をスタートしましたが、子どもが生まれるのをきっかけに、ふと「よし、そろそろ東北に帰ろう」と決心をして、山形に移り住むことにしました。

神戸と山形だと文化もかなり違っていて、「働き方」も「暮らし方」も大分変化しました。

まだ移り住んで間もない頃の取材で、「東北でロルフィングというボディワークを広めていく」という熱い想いを語っている内容です。

なぜ元々「トレーナー」だった僕が、「ロルファー」になったのかも書かれていますので、僕自身のバックグラウンドも知っていただけるかなと思います。


◯RuntripMagazine(ロルフィング)

"身体の再教育"ってなに? 「ロルフィング」がランナーに向いている理由

スクリーンショット 2017-09-14 23.58.00.png

ランナー向けの、効率のいい練習の仕方や、正しい道具選び方など、ランニングにまつわる様々な記事が集まっているのが「RuntripMagazine」さんです。

東京に出張ロルフィングをした際に、ご縁があって取材をしていただきました。

個人的に、ランナーの方にも結構ロルフィングをさせてもらっていますが、ロルフィングを受けてもらえると、もっともっとランニングが快適に、そして楽しくなってくると思っています。

すでにランニングをされている方にも、今からしてみようかなという方にも読んでいただきたい記事です。




Yuta

( Posted at:2017年9月15日 )

モニターCさんの感想(セッション10 | 40代 女性)

今年の1月の終わりから始まったモニターCさんも、今回が最後のセッション10になります。

セッション1の際に書いていただいた問診票をもう一度載せてみます。

・右肩腱板炎 夜に痛みあり、結帯動作(後ろに手を回す)ができない。
・7年前に子宮内膜症を手術して、腹部に数カ所傷跡がある。
   数年前に再発し、生理を止めたら、予後は良好。
   現在は経過観察中。
・両ふくらはぎを、数年前にそれぞれ肉離れした。
・普段、頭痛もあり。

この他にも、「内側にもこっと盛り上がったふくらはぎ」というのが、立った時に「目立つクセ」としてあったのと、歩いた時にドンドンと音のする「強いヒールコンタクト」が気になりました。

それが10回のセッションを受けていって、どう変化したのかをCさんの感想を見ながら振り返っていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10回目

いよいよ10シリーズ最後の日

最近特に感じた変化は頭痛がないこと
気づけば1ヶ月以上薬を飲んでいない
ひどいときには1日2回は服用していたのがめっきり減りました
問題の右肩も緩やかに確実に良くなっています

今回のセッションではややねじれが出ているので補正してもらう
そして前々回位から不思議だったこと
セッションの時は大友さんの手が温かくて室温も適温なので寒さを感じることはないのですが、セッションの終わり辺りに急に体を冷風が吹き抜けるように寒さを感じること
一瞬なので気のせいか?とも思っていたのですが、大友さんに聞いてみると『それが抜ける、ということです』
なるほどなぁ~と思いました

だいたい2週間に1度のスパンでロルフィングを受けることが出来て、とても良いリズムで変われたような気がします

姿勢や体の見た目が変わり何となくジムでのトレーニングの方にも良い影響が出ているような気がします
そしてこれは私のあくまでも主観ですが、性格が変わるというような大袈裟なものではないのですが、物事の受け止め方や自分を取り巻く人間関係にソフトに広く関われるような余裕が生まれている
ロルフィングをしてすごく変わった!!ということではなく、これから少しずつ変わるようなリアルな兆しを感じていると思いました

たぶん間違いなくメンテナンスは必要になってくると思いますがそれもまた楽しみです

ありがとうございました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Cさんはモニターの募集をする前に、一度、体験説明会にお友だちと来ていただいてから、少し時間が空いてからのロルフィングの10シリーズ開始になりました。

その間にご家族の入院などがあり、その疲れの影響もあってか、身体が「バタバタバタと」不調を感じるようになってきたようでした。

ロルフィングのセッションを進めていくと、「変化に対してのオープンさ」がCさんにはあったので、僕も予想していなかったような変化を数多く体験することができました。

「ぱっと目を引くクセ」であった、「内側に盛り上がったふくらはぎ」も、「強いヒールコンタクト」も、回を重ねるごとにどんどん目立たなくなってきて、最後には、「以前がどんな状態だったのかを思い出せない」ほど、ニュートラルな姿勢になっていました。

今までの感想でも、友だちや知り合いに「何か変わったね」と声をかけられたというエピソードも紹介してくれましたが、「第三者が気づいてくれる変化」というのは、「主観的に感じる変化」よりも、深く大きなものなのではないかなと思います。

人は「自分のしている行動に理由を求める」ので、「なぜロルフィングの10シリーズを受けるのか」という行動に対して、「自分では長年の猫背が改善したように感じるから」という理由をつけて「納得」しようとしたりします。

それがゆえに、実際にはそんなに変化していなかったとしても、「猫背が変わった(と思いたい)」という「思い込み(願望)」を無意識に持っていたりするのですが、Cさんの変化は「客観的」に見ても、ある程度わかるものだったのではないかと思います。

僕も、「自分のロルフィングは最高だ」とか、「自分のしていることに間違いない」と思っているわけではないので、受けてくださる方が変化を感じてくれるのはもちろん、その周りの方が変化に気づいてくれたりすると、すごくうれしいですし、自信にもなります。


つっかえが取れ、流れ出す

セッションの後半に、「冷風が吹き抜けるように」という表現がありましたが、ロルフィングの受けているとよく起こる「反応」なので、少し説明をしたいと思います。

同じようなことを、とてもわかりやすく書かれている本があって、「身がまま整体」をされていらっしゃる「片山洋次郎」さんの『整体かれんだー  -旬な身体になる- 』という本です。

その中からいくつかおもしろいところを引用させてもらいます。

ーーーーーーー

Q:ひとことで言って整体って何ですか?

身体を物理的に治したり、修理したりということでなく、身体のはたらきを調整して、元気を引き出す技術です。呼吸が深くなるということがカギです。

Q:病気を治すんですか?

直接痛みを楽にしたり、気分をよくしたりするということはありますが、病気を治すことは直接の目的ではありません。

Q:骨盤や背骨の歪みを矯正するんですか?

ここでは「背骨や骨盤の歪み」といわれる状態を、身体が自らバランスを取るための動きの途中の状態としてとらえます。ですから矯正して元に戻すのではなく、その動きを積極的に促して自らの動きのリズムの中でバランスを取れるようにほんの少しの補助をするようにします。

Q:具体的にはどういうことをするんですか?

①そっとふれて気を通す方法
(箇条書きにまとめます)
・手を添えるように触れると、自動的に呼吸が深くなる反応が起きて、自ら最適なバランスや体勢を選ぶ方向に動く
・施術者の手と受け手の身体が、互いに響きあうような感じから全身に反応が広がる

②は省略

Q:「気を通す」ってどんな反応が起きるんですか?

・手のひら、それと同時にふれられている身体の中が温かくなる
・ふれているところ以外のからだのどこか(たとえばお腹の中など)
 が温かくなる
体表が涼しくなる
何かが流れている感じがする
・ジーンと振動するような感じがする
・筋肉がゆるむ(逆に一時的に張ってくる感じがすることもある)、
 リラックスする
・筋肉がぴくぴく動く
・呼吸が深くなって(下腹で自然に呼吸)ほっとする、
 落ち着く感じがする
・下腹が引き締まる感じ、重心が下る感じがする
・頭、首、肩が軽くなる
・視界が明るくなる

感じ方は人それぞれ違いも大きいのでこれらの感覚が分かりにくい場合も、なんとなくの感じがすればOK。最初からよく感じるという人もいればだんだん分かるようになる人もいます。感じる感じないに関わらず反応は起きています。

ーーーーーーー

すごくわかりやすく、「整体で何が起こっているのか」が説明されていると思います。

そして、それはそのまま「(僕の)ロルフィングで何が起こっているのか」も説明してくれているような気もします。

たまに受けてくださる方に、「ただ手を触れているだけで、気を通しているんですか?」などと聞かれることがありますが、自分ではその意図、意識はありません。

身体は「いきもの」であるので、こちらが「触れる」というシンプルな「刺激」を与えるだけでも、いろいろな「反応」を見せてくれます。そして、片山さんも書かれていますが、その反応は人によっても違いますし、その人の中でも毎回違います。それがおもしろくて、日々、ロルフィングをしているという感じです。

「(結果的に)気を通す」ことにはなっているのかもしれませんが、「エゴのない、透明なタッチ」を心がけているというのが、僕のしていることです。

今回のCさんは、最初は僕の手も温かく、それを感じていてくれていたのが、最後の方に「寒さ(涼しさ)」感じたと感想に書かれています。

引用させていただいた、「『気を通す』ってどんな反応が起きるんですか?」というところの、「体表が涼しくなる」というところと同じようなことが起きたのだと思います。

さらに、「冷風が吹き抜けるように」とあるので、「何かが流れている感じがする」という反応も起きていると考えられます。

本の中で、「のぼせ」のことについても書かれているのですが、「容れ物」である「身体の構造」が歪んでいたりすると、「中身」の「体液」であったり、「気(エネルギー)」が滞りやすくなり、「つまり」が生じてくることによって、「のぼせ」が起きやすい状態になります。

いわゆる「気が上に上がっている(地に足が着かない、下腹の力が抜けている、頭が過剰に働いている)」状態なのですが、それが「抜ける」時には、「何かが流れている感じ」がして循環がよくなり、いろいろなものが巡るようになることで「涼しく」感じるようになるということになります。

「何かつまっていたものが取れて、それによって巡るようになり、涼しさを感じた」というのが、今回の感想に出てきた反応だということになります。


「蒔いた種が芽を出すような」体験として

感想の最後には、身体が変わってきた結果として、「心」の部分にも変化が見られてきたことが書かれてあります。

僕自身も、ロルフィングの10シリーズを終えた時には、「全く別の自分」になっていました。

身体がどんどん整っていったのはもちろんですが、「今までとは景色が違って見える」ような感じで、「世界の見方、感じ方」まで大きく変化したような感じでした。

そこからも変化はじわじわと続き、トレーナーの仕事を辞めて、海外でロルフィングを勉強し始めて、ロルファーとしてロルフィングを提供することが自分の仕事になり、今ではそのおかげで自分の家族と楽しく生活できています。「人生、何のきっかけで変わっていくかはわからない」なと、つくづく思います。

Cさんも「これから少しずつ変わるようなリアルな兆し」と表現されていますが、「この経験をきっかけに、いろいろなことが変わってきそうな気配」を感じられているようでうれしいなと思います。

大学生の頃に、ふと思い立って「お遍路さん」をしたことがあります。

別に真言宗でもなければ、空海さんに興味があったわけでもないのですが、大学生の夏の思い出として、四国88ヶ所を野宿しながら自分の足で歩いて周りたいと思い、45日間をかけて1,600kmほどを歩きました。

その途中で、お寺でお坊さんに話しかけられて、こんな言葉をもらいました。

「あなたのこれから歩く一歩一歩は、種を蒔いているのです。すぐに芽を出す種もあれば、1週間、1年、何年も経ってから芽を出すものもあります。そう思って、これからの道を歩いていってください。」

最初は、「何をこの人は言ってるんだろう?」という感じだったのですが、「ロルフィングの10シリーズを受ける」という経験もした僕には、なんとなくその「伝えようとしていること」がわかるようにもなってきました。

少しだけ、僕には「お遍路さん」と「ロルフィングの10シリーズ」が、似ているところもあるかなと思っています。

Cさんにとって、この経験が素晴らしいものになっていってくれればと思います。

モニターCさん、ありがとうございました。




Yuta

( Posted at:2017年9月 7日 )

モニターの方の10シリーズの感想はこちら。

festaのロルフィングがどんなものなのか、実際にモニターとしてロルフィングの10シリーズを受けてくださった方の感想をここにまとめています。

モニターの方は5名で、全て女性の方です。

年齢は20〜40代で、お仕事をされていたり、専業主婦をされていたり様々でした。

モニターの方の感想を元に、僕がその中で出てきたトピックを解説するというスタイルです。

10シリーズでは、各セッションごとに「テーマ」が決まっていて、そのテーマに沿って進めていくのですが、どんどんその方個人の特徴が出てきて、「その人だけの10シリーズ」になっていくのが、感想を読んでいただいても伝わると思います。

ロルファーになって5年ほど、「人のからだ」に向き合っていますが、「からだは単なる〈物質〉ではなく、〈生身の生きている存在〉である」と思うようになりました。

「いきもの」としてのからだは、それにきちんと向き合っていると、様々なことを教えてくれます。

そのことを「なるべく正直に、素直に、丁寧に」説明しようと思うと、どうしても書くことが多くなってしまいます。

結果的には、自分では想像もしていなかったことを書くことができたり、新たな気づき、発見も多くあり、ロルフィングをさせてもらった僕の方が、貴重な体験をさせてもらえたと思っています。

元々は「トレーナー」として働いていた自分が、「人のからだは自然そのものだ。まだまだ僕らにはわかっていないことがたくさんある」と感じて、「ロルフィング」を学び始めることになったのですが、このロルフィングのセッションで実際に起きたことを元に、それを文章にしていくプロセスを通して、「人のからだはおもしろい、そして奥が深い」と再確認できました。

「ロルフィングって何?」という方のために書こうと思って始めたものですが、文量もかなり多くなってしまったり、内容もややこしくなってしまったものもあって、余計に混乱させてしまうかもしれませんが、これを読んで同じように「人のからだ」に興味を持ってもらえたらうれしいです。

最後に、簡単なルールも載せておきます。

・順番に読まなくても大丈夫
(どのセッションから読んでもいい)

・途中で「読みにくい」「わかりにくい」「飽きた」場合には
 読まなくても大丈夫

・無理なく、楽しく読めるのが一番
(ロルフィングのことを少しわかってもらうのが二番)


◯モニターAさん

モニターに募集していただいた方の中で、最年少の20代の女性がAさんです。

「今すぐに身体に不調があるわけではないけど、今後の人生で長く付き合っていく身体なので、今のうちに整えておきたい」ということで、他のモニターの方に比べると、身体に目立った症状はありませんでした。

ただ、ロルフィングに何か「ピンとくるもの」を感じてくださって、それが10シリーズを受けていく中で、「なぜピンときたのか」が少しずつ明らかになっていきました。

Aさんが一番早く進んでいったので、10シリーズの各テーマの「概要」の説明もしています。「理論的にロルフィングが何をしているのか知りたい」という方にはおすすめだと思います。

セッション1
セッション2
セッション3
セッション4
セッション5
セッション6
セッション7
セッション8
セッション9
・セッション10


◯モニターBさん

40代の女性の方で、いくつか身体に大きなケガの履歴があり、手術の経験もあって、「痛みだらけの身体の悲鳴が聞こえてくるようでした。」と、初回の感想にもあるように、身体の症状としては一番「ガタガタ」だったのがBさんです。

それでも、どんどん身体が整うにつれて、痛みや不調もなくなってきて、体重もかなり落ちたのが印象的でした。

「遠方から」通っていただいていたので、「月に一度」というゆっくりペースで受けられた方です。

そんなに頻繁に受けなくても、効果が長く続き、それがきちんと定着してくれるので、最後の方ではほとんど症状がなくなり、「ロルフィングの力」を僕自身もすごく感じた10シリーズでした。

・セッション5
・セッション7
・セッション8
・セッション9
・セッション10


◯モニターCさん

Cさんは、スポーツクラブにも通っていて、運動を定期的にされているアクティブな40代の女性の方です。

10回のセッションを受けていくことで、身体の「シルエット(ライン)」が結構変わってきて、友人などの「第三者」から変化に気づかれることもあったようでした。

自分が変わっていくことにすごく「オープン」な方だったので、身体の構造面はもちろん、「精神的な変化」も感想の中によく登場してきます。

「ロルフィングには人を変える力がある」というよりも、「本人自らが変わろうとする力」の方がとても大切で、それを「後押し」していくのがロルフィングのなのかなと改めて実感したのが、Cさんとのセッションでした。

セッション1
セッション2
セッション3
セッション4
セッション5
セッション6
セッション7
セッション8
セッション9
セッション10


◯モニターDさん

Dさんに書いていただいた問診票をまとめたのが下になります。

・手先が冷える。
・朝起きると、首、肩回りがこっている。
・両膝が時々痛い。
・歩いていると、左脚が上がらなくなる。
・なんとなく腰がずっと痛く、ギックリ腰になりかける。
・2年前に尻もちをついて、起きれないほどに痛かった。

Dさんは40代の女性ですが、女性によく見られる症状が並んでいます。

10シリーズでこれらに「直接的に」何かをしたことはありませんでしたが、それでも終盤になってくると、これらの症状は自然に消えていっていました。

「元を正すこと」の大切さが、Dさんとの10シリーズにはよく表れていると思います。

・セッション9
・セッション10


◯モニターEさん

元々はダンスを熱心にされていて、いくつかのボディワークを受けた経験もあり、「身体感覚に優れた」のが、30代女性のEさんです。

Eさんの感想は、自分で感じたことをうまく文章にまとめてくださっていて、とても読みやすく、初めての方には参考になることが多いと思います。

元々、そういった能力がある方だと思うのですが、ロルフィングを受けていく中で、さらに「身体感覚の言語化」が洗練されていったのではないかと感じています。

身体はすべてつながっているので、「触っているところとは別のところに反応が出て」きたり、「微細なタッチで全体が整うこと」が起きてきたり、ロルフィングの変化のおもしろさも伝わるかなと思います。

・セッション10

( Posted at:2017年9月 6日 )

A-Yogaレッスン 9月のスケジュール

夏に鳴いていた蝉の声も

夕方になると鈴虫の声に変わってきて

秋の訪れを感じるようになってきました。

最近のレッスンでは、夏の疲れがなかなか抜けなくて、

季節の変わり目に身体がついていけないのですと

ご相談される方が多くなりました。

そんな方々もレッスン後には身体が整ってとても楽になりましたと

嬉しい感想をいただくことがあります。

毎回その時に来ていただいた方に合わせて

レッスンをしようとこちらからの押しつけではなく、

お互いが寄り添いながらレッスンができたらなといつも考えています。

季節の変わり目に自分と向き合う時間を作りに

ぜひ来ていただけたらうれしいです。


遅くなりましたが、9月のスケジュールのご連絡です。

festaパンフレット-2017年9月.jpg

◯A-Yoga定期レッスン

 毎週
 月曜日 14:00 - 15:30
 木曜日 18:30 - 20:00
 金曜日 10:00 - 11:30
 土曜日   9:00 - 10:30

お休み 7日(木)振替 →    6日(水)18:30 - に変更
    11日(月)振替 → 12日(火)10:00 - に変更
    21日(木)振替 → 20日(水)18:30 - に変更
    25日(月)振替 → 26日(火)14:00 - に変更
     ※9月もお休み、振替が多くなります。すみません。

回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
     10,000円/5回
    15,000円/10回
(どの曜日でも使用可、期限なし)


◯とんがり屋上ヨガ

9月16日(土) 9:30 - 10 :30

場所:とんがりビル屋上

料金:2,000円

月に一度、festaが入っている「とんがりビル」で、
「とんがりマーケット」というイベントがあります。
(前回の様子はこちら

5月のとんがりマーケットの時にも好評だった「屋上ヨガ」を、
また9月にもしようと思います。

6013566009677_0.jpg

秋の澄み渡った青空の朝に、山が見渡せるとんがりビルの
屋上でヨガをしてみませんか?


◯maaruでつながるYoga

9月13日(水)、27日(水)
どちらも11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

ヨガタイムの後は、ドーナツランチがあります。
毎回違うスペシャルドーナツが登場します。

S__44285973.jpg
ヨガがはじめての方でも大丈夫なクラスです。


S__44285971.jpg
前回のドーナツランチメニューです。


S__44285972.jpg




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。

ご予約、またはお問合わせは、

メール: info@rolfing-festa.com
電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。

みなさんの参加を楽しみにお待ちしています。

 

 
Ryoko

( Posted at:2017年9月 1日 )

2017年10月28日(土)、29日(日)は「2人の認定ロルファー™による 筋膜リリースとトレーニングセミナー in 山形 vol.3」

2017年10月末に、今回で3回目の名古屋のロルファーの伊藤亮輔くん(僕はイトウくんと呼んでます。)と、山形でセミナーをします。

イトウくんが下肢と頚部への筋膜リリース、僕がトレーニングする前の、準備、仕込みの考え方をみなさんと共有したいと思います。

なかなか認定ロルファー2人で教えるセミナーも少ないですし、ロルフィングのコンセプトを持ちながらトレーニング指導している人もいないので、以前は東京から参加してくださる方もいました。

今回もパートナーを組むイトウくんは、ロルフィングを学ぶユニット1、2でクラスメイトでした。すごく勉強熱心な彼がいたので、とても中身の濃い学びの時間になりました。英語の面でも助けてもらって、本当に感謝している存在です。ロルファーになった後も、世界各地のセミナーに参加して、自分の知識、技術を深めています。

最近では、海外のボディワーカーの中では知られた存在である「The Barral Institute」という組織があって、「内臓マニピュレーション」、「神経マニプレーション」の総本山でもあるのですが、そこで「公式アシスタント指導者」として教えています。つまり、日本人として、そこで世界中の人たちに教える資格まであるのです。これはすごいことです。それがここ山形で学べます。

僕自身も、今までアスリートとトレーニングをしてきた経験から、トレーニングをする前に、まずは整えておくという考えを伝えられたらと思います。なるべく参加していただいた方には、実際に動いてもらって、身体でわかってもらえる内容になればいいなと考えています。

2日間セミナーをしますが、1日だけの参加でも大丈夫です。お時間がある方は、ぜひ参加してみてください。


2人の認定ロルファー™による
筋膜リリースとトレーニングセミナー in 山形 vol.3


日時:2017年10月28日(土)、29日(日)  
       
  9:45 - 10:00 受付
10:00 - 13:00 筋膜リリース(伊藤 亮輔)
13:00 - 14:00 昼休憩 
14:00 - 16:00 筋膜リリース(伊藤 亮輔)
16:00 - 16:15 休憩・質問
16:15 - 18:15 トレーニング(大友 勇太)
18:15 - 18:30 質問・参加者交流  
 ※両日とも同じタイムスケジュールです。
               
内容:
28日
スポーツ選手へのトリートメントに使える下肢への筋膜リリース
鍛えるために整える  - トレーニング前の大事な仕込み -
29日
・現代人の多くが悩みを抱える頚部への筋膜リリース
・間合いで変わる身体 - 他者と呼応する -
                                                                                           
受講料:各日15,000円(両日参加の場合は、28,000円)    
     ※料金はお振込みでのお支払いになります。
         振込先は申込みされた方にお知らせします。

定員:各日12名(最低催行人数:各日4人) 

持ち物:筆記具、動きやすい服装(インシューズは不要)

場所:山形市総合スポーツセンター 軽運動場(2F)
   〒990-0075 山形県山形市落合町1番地 
     TEL:023-625-2288

申込先:メール info@rolfing-festa.com
          電話  090-2954-8207(大友)

※申込の際には、以下の情報を教えて下さい。
1. 氏名/ふりがな      
2. 住所      
3. 電話番号      
4. メールアドレス     
5. 職業/保有資格 
6. 活動場所/内容      
7. 領収書の有無      
8. セミナーで学びたいこと 


【キャンセル料について】
セミナー開催日2週間前でのキャンセル   50%返金  
セミナー開催日2週間以内でのキャンセル  返金はありません

【セミナー内容の詳細】
10月28日(土)
「スポーツ選手へのトリートメントに使える下肢への筋膜リリース」
講師:伊藤 亮輔
どんなスポーツであれ、スポーツ中には必ず下肢への負荷がかかっています。このセミナーでは、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋、大腿四頭筋、腸脛靭帯、腓腹筋、腓骨筋、前脛骨筋、後脛骨筋という、下肢全体への筋膜リリースを指導していきます。球技スポーツ選手の下肢の疲労を効率よく取り除きたい、ランニング系のスポーツ選手をよくケア、トリートメントする機会があるという方にはおすすめです。また下肢への筋膜リリースは、筋膜リリースの基本を学ぶのにも適しています。

「鍛えるために整える  - トレーニング前の大事な仕込み -」
  講師:大友 勇太
身体をウェイトトレーニングなどで鍛える前に、まず整えることが大切であると考える、スポーツ現場のトレーナー、トレーニング指導者が多くなってきました。講師がトップアスリートのコンディショニングをサポートした経験から、まず鍛える前にしておきたい「仕込み」を、身体を動かしながら学んでいきます。仕込みをしっかりと行うと、トレーニングのポジションが取りやすくなり、トレーニングの効率が大きく変わってきます。

10月29日(日)
「現代人の多くが悩みを抱える頚部への筋膜リリース」
講師:伊藤 亮輔
一日中パソコンに向き合っての仕事であったり、どんどん便利になるスマホの影響で、「(自然にはない)平らな画面」を見つめる時間は、年々増えていっています。それで多くなっているのが、慢性的な肩、首こりや、突発的なギックリ首です。このセミナーでは、胸鎖乳突筋、斜角筋、僧帽筋、中頚筋膜、頚筋膜浅層、舌骨周辺の筋膜、後頭下筋群などの触診、筋膜リリースを指導して、それらに対して、適切なアプローチができるように学んでいきます。

「間合いで変わる身体 - 他者と呼応する -」
  講師:大友 勇太
行きつけのカフェに「なんとなく居心地のいいところ」というのがあって、それ以外の場所だとなんだか落ち着かず、本を読むことにも集中できず、隣の人の話し声も気になることがあります。また、家族でテーブルを囲む際には「なんとなくの定位置」が決まっていたりもします。人は知らず知らずのうちに、周りの環境、人とのバランスを取りながら生活しています。身体の余分な緊張は、他の人との間合いや、ポジション取りが適切ではないかもしれません。適切な間合いをこの時間で探っていきたいと思います。

【講師プロフィール】
伊藤 亮輔(いとう りょうすけ) 公認ロルファー™
1987年愛媛生まれ、名古屋市在住。高校卒業後に渡米し、アラバマ州立トロイ大学で運動生理学を学ぶ。学生最後の学期に全米からトップレベルの選手が集まるチャンピオンスポーツ医療(CSM)、アメリカンスポーツ医療機構(ASMI)でインターン。主に野球選手の動作解析助手とアスリートのトレーニングを担う。卒業と同時にロルフィングを勉強。帰国後はセッションの傍ら東京、大阪、名古屋、松山、長崎で筋膜リリースの講習を行う。2013年、四国アイランドリーグプラス愛媛マンダリンパイレーツのトレーニングアドバイザーを務めた。  
Webサイト: https://ryosukeito.wordpress.com/

大友 勇太(おおとも ゆうた) 
公認ロルファー™、ロルフムーブメントプラクティショナー™、JATI-ATI
1984年秋田生まれ、山形市在住。中京大学体育学部を卒業し、神戸の藤田整形外科・スポーツクリニックでトレーナーとして2年半勤務。2010年にロルフィングを学び始め、ユニット1、2では伊藤亮輔とクラスメイトになり、2011年にロルファー及び、ロルフムーブメントプラクティショナーの認定を受ける。2012年から神戸でRolfing House festaを開業。2014年には山形に引っ越し、現在は「とんがりビル」で活動中。ロルフィングの施術の傍ら、山形市内の高校の部活動や、日本代表レベルのアスリートへのトレーニング指導も行う。




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2017年8月30日 )

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ