ロルフィングハウス フェスタ FESTA

A-Yogaレッスン 6月のスケジュール

6月になりました。

朝はまだ少しひんやりして、昼には日差しが強くなりますが、湿度はそれほどなくカラッとしています。

木の陰に入ると涼しくて、風がすっと通り抜けていく気持ちのいい梅雨の前の季節です。

家では「天然生活」の「二十四節気七十二候の暮らしのカレンダー」を使っているのですが、みなさんの中にも楽しみに読んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

もう使い続けて数年になりますが、山形に住んでいるというのもあって、日々の季節の移り変わりを、より繊細に感じられるようになってきたように感じます。

ヨガをつづけていくと、からだがゆるんで開いてきて、さらに季節の微妙な移ろいを感じやすくなるかもしれません。

遅くなりましたが、6月のレッスンスケジュールです。

festaパンフレット(カレンダー_2018).numbers-2018年6月.jpg

◯A-Yoga定期レッスン

少し不定期になりますが、上のスケジュール表のピンクのアンダーラインのところが、とんがりビルでのA-Yogaレッスンになります。

回数券を購入していただくと、お得にレッスンを受けられます。

ヨガに関しては、「細く長くつづけること」が大切だと思っていますので、一度購入していただいたものは「期限なし」でご利用できます。ご都合の合う時にご予約ください。
    
回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
         10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)


◯maaruでつながるYoga

6月20日(水)11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)
※今月は1回のみの開催になります。

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

ヨガタイムの後は、ドーナツランチがあります。
毎回違うスペシャルドーナツが登場します。


A0F31275-1428-47AD-B0D2-CEC0F9791525.JPG
ヨガがはじめての方でも大丈夫です。


17E907CD-FACB-4F83-805B-ECA841F9CDD5.JPG
参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。


ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。


みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko

( Posted at:2018年6月 4日 )

はじめての方はこちらをどうぞ、festaの考えです。

はじめまして。
Rolfing House festa(ロルフィングハウスフェスタ)です。

festaは、山形にある「とんがりビル」の3階にあって、「ロルフィング」という身体の軸を整えるボディワーク(施術)と、「A-Yoga」というポーズにこだわらずに、自分の身体にゆっくりと向き合えるヨガを通じて、「痛みや不調のない、健やかで自由な身体づくり」をサポートしています。

少し長くはなりますが、このページでは、festaがどんな考えを持った場所なのかをご紹介したいと思います。最後までお付き合いいただけたらうれしいです。

IMG_6728.jpeg
山形の中心地にある「とんがりビル」。この3階にfestaがあります。


IMG_6730.jpeg
木の床がすべすべで気持ちがいいので、よく寝っ転がっています。


「地方」でボディワークをするということ

山形もそうですが、日本全国の「地方」では、身体に痛みや不調があると、まずは整形外科などの「医療機関」を受診するか、鍼灸接骨院などの「保険が利く(保険適用)」場所に通うのが一般的だと思います。

それでも思うように改善されなければ、カイロプラクティックや整体などの「保険が利かない」施術を受けたり、特に身体に困った症状がないとしたら、「リラクゼーション」のためにクイックマッサージなどを受ける方もいらっしゃると思います。

さらには、「人に触られるよりは、自分で動いてなんとかしたい」という方は、スポーツクラブに通ったり、パーソナルトレーナーに見てもらったり、ヨガやピラティスのスタジオに行く人もいると思います。

海外では、それぞれの国で微妙に状況が違いますが、身体に何か不調がある時には、「自分が何を求めていて(痛みをとにかくすぐになくしたいのか、根本的に改善したいのか、そうならない身体づくりをしたいのか、などなど)、それに対して、適切な方法を自分で選択する」というのが「大前提」になります。

東京などの都市部では、大分その考えが浸透してきているので、もしも病気をしたとしても、ただただお医者さんの言うことを「鵜呑み」にするのではなく、その病気のことを自分で調べて、その病気に関しての診察、治療に優れている病院を検索して、いくつかの候補を実際に周って、「いろいろな意見(セカンドオピニオン)を聞く」のが通常のことだと思います。

それだけなら、もちろん地方でもしている方もいらっしゃいますが、「この接骨院ではどんな治療方針でどんな治療法をするのか?」や、「どのパーソナルトレーナーが、自分で求めているものにフィットするのか?」などを、自分で調べる人も多くなってきています。

コンビニなどに並んでいる雑誌にも、かなり身体の「専門的な」情報を目にするようになりました。

そう考えると、まだまだ山形では、「医療機関」であったり、「保険が利く」というのが、根強い「第一選択」であって、なかなか「それ以外の(オルタナティブな)選択肢」を目にする機会は少ないかなと思います。

自分の身体に何か不調があった時に、「ボディワークを受ける」ということも、「いくつかの選択肢の一つ」として、これから都市部ではどんどん定着してくると思います。(実際に、「Exercise is Medicine(運動は薬である)」という考え方も広まってきています。)

山形で「ロルフィングとヨガを通して、健康的な身体をサポートしている場所なんです」と自己紹介をすると、「そのロルフィングって保険利くの?」という質問がとても多く、「いえ、保険は利かないのです。ロルフィングというのは...」と、ロルフィングのコンセプトを説明させてもらうのですが、もうその方の「興味のシャッター」は降りているので、なかなか自分たちの考えを理解してもらうのは難しいと感じることが多くあります。

それでもfestaでは、これからの時代は、「自分で考えて、自分で行動して、自分で健康になる」という人が多くなってくると考えているので、そういった方のサポートができる場所になっていきたいと思っています。


街の「からだの相談窓口」として

英語では「診察室」を、「a consultation room」と言います。つまり、「(専門家に)相談する、助言を求める場」であって、お医者さんの意見を、そのまま受動的に受け取るということではありません。(ということで、「診察室」では、どんどん自分の意見や、気になることは質問してもいいのです。)

多くの人が自分の身体に責任と関心を持ち、そんな身体と生涯に渡って長く良好な関係を保つためにも、「自分に合った方法」を見つける必要があります。そのために、festaが「からだの相談窓口」になれればいいなとも考えています。

先にも書きましたが、最近は身体に関する情報が溢れかえっていて、専門家ですら「何が正しいのか、判断に迷う」こともあります。ましてや、一般の方となると、「健康な身体のためにボディワークを受けるといっても、どこに行ったらいいのかわからない」というのが普通だと思います。

さらに、身体にまつわる業界というのは、「縦のつながり(上下関係)」はとても強いのですが、他のやり方を安直に批判したりして、「横のつながり(ネットワーク)」はほとんどないと思ってもらってもいいと思います。

私自身は、神戸のスポーツが専門の整形外科で常勤トレーナーとして3年ほど勤務していた経験もあり、「医療機関」がどんな診察、治療をしていて、手術をするにしてもどんな選択肢があるのかも大まかには把握しています。

さらに接骨院を開業している友人も、ヨガやピラティスや他のボディワークをしている知り合いもいて、定期的に情報交換をし合ったりもしています。

festaが、みなさんの身体の健康をサポートする「選択肢の一つ」になるのはもちろん、もしも他に適切な場所や人を知っているのであれば、なるべく「偏り、バイアスなく、公平に」、他の可能性、選択肢も提案させてもらって、「選択肢を増やす機会」にもなれたらと思います。


「ネットワークで癒される」時代

これからの時代の流れは、「西洋医学か、東洋医学か」や、「保険が利くか、利かないか」や、「施術を受けるのか、自分で動くのか」などにも関係なく、身体に関する「横のネットワーク」がどんどん構築され始めていくでしょう。(今まで存在していた「境界(壁)」がなくなり、ゆるやかにつながり始めると思います。)

そして、その時その時の自分の身体の状況に応じて、そのネットワーク上を「流れる」ように移動していき、「整形外科にしか行かない」などと「一つの場所」や、「あの先生はゴッドハンドだから何でも治してくれる」などと「一個人」だけに、患者さんが「縛られる」こともなくなってくると思います。

膝を怪我をした直後は整形外科の先生に手術をしてもらって、術後もすごく良好だから、先生と相談して、今後は再発予防のためにトレーニングしていこうとなったの。だから、今はパーソナルトレーナーさんに週一でトレーニング見てもらって、ヨガのスタジオにもたまに通ってるかな。そして、今度そこのヨガの先生が紹介してくれたロルフィングっていう施術を受けに行こうと思ってる。全身を整えてくれて、自然に身体を支えてくれる軸ができてくるんだって。怪我をした時には、痛くて苦しいし、自分の身体が嫌いになったけど、その時その時のいいタイミングで、いろんな人がサポートしてくれたおかげで、今では自分の身体の声が聞きやすくなったし、いろいろと探求してみたいなと思い始めたんだ

というように、「点(個人)が治す」のではなく、「ネットワークが癒やす」時代に変化していくだろうと思います。

そのためにも、私自身が学びを忘れずに、いろいろな業種の人とオープンに交流して、「地域のみんなが健康になるように」という大きな目標のために、ゆるやかにつながっていくことが大切だと考えています。


「ロルフィング」と「A-Yoga」で心身を健康に

そんな大きな目標のために、festaとしては「ロルフィング」と「A-Yoga」を提供しています。それぞれの詳細に関しては、このウェブサイト上にページがありますので、そちらをぜひご覧になってみてください。

すごく簡単に言うと、「徒手による施術を受けたい」という方は「ロルフィング」をおすすめしていますし、「自分で動いて健康になりたい」という方は「A-Yoga」が合っていると思います。

festaにいらっしゃる方には、最初はA-Yogaのレッスンを定期的に受けられてきて、何かふいに身体を痛めてしまったり、急に体調を崩された場合には、ロルフィングを受けるという方もいますし、ロルフィングの10シリーズを受けて、身体のベースが十分に整ってから、そこからA-Yogaを受けることでそれを維持していこうという方もいっらしゃいます。

「ロルフィング」に関しては、現在は海外でしか資格認定を受けることができず、全国では120名、東北に限ってしまうと3名しか認定ロルファーがいないので、まだまだ認知されていないボディワークになります。

ということで、上記のロルフィングのページだけではなく、こちらにロルフィングの情報をまとめた記事がありますので、そちらもご覧になってみてください。

関連記事:「ロルフィングに関しての情報をまとめました。」


今までのRolfing House festaの道のり

現在のfestaは「とんがりビル」の3階にありますが、その前に2回ほど「お引越し」をしています。

1年半ほどの時間をかけて海外でロルフィングの資格を取得して、2012年に奥さんと2人で神戸に自分たちのお店をオープンしました。

神戸では3年ほど活動してきて、2014年に子どもが生まれるの機に山形に移り住み、なかなか東北には根付いていない「ボディワークを選択肢の一つして受ける」という文化を広めようと、いろいろなことをチャレンジしてきました。

その「道のり」をまとまた記事は、下のリンクからご覧になれますので、ご興味ある方はそちらもどうぞ。

過去記事:「3番目のfestaまでの、楽しい5年間」


SNSで最新情報を更新しています

festaは「Facebook」と「Instagram」もしています。

主に、日々の心に止まった風景や出来事を綴った日記のようなものですが、イベント情報や、A-Yogaのレッスンスケジュールなども更新しています。

とても気楽な内容ですので、そちらももしよかったらフォローしてみてください。

Instagram → https://www.instagram.com/rolfinghousefesta/




最後までお読みいただいてありがとうございました。

このブログには、他にもいろいろな記事を書いていますので(中には身体には関係ないものもたくさんありますが)、そちらも気になるものをいろいろと覗いてみてください。

もしも実際にロルフィングやA-Yogaを受けたいと思った時には、「CONTACT」ページから気軽にご連絡いただければと思います。

以上、「はじめての方はこちらをどうぞ、festaの考え方です。」でした。

これからもfestaをよろしくお願いします。




Rolfing House festa

( Posted at:2018年6月 2日 )

ロルフィングに関しての情報をまとめました。

このページは「ロルフィングって何?」という方のために、いろいろな情報をまとめたものです。

このウェブサイトの上の方に、「ROLFING」というページがあって、そこにも大まかな説明が書かれてあります。

まずはそちらをざっとご覧になっていただいて、「それでもよくわからなかった」という方や、「もう少し情報がほしい」という方は、この先を読み進めてみてください。


〈目次〉
1、ロルフィングの動画
2、ロルフィング「10シリーズ」を実際に受けられた方の感想
3、ロルフィングの説明会、おためしセッションのご案内
4、メディア掲載情報


1、ロルフィングの動画

ロルフィングをはじめての方に説明する難しさは、「聞いたことがない音楽のジャンルを人に説明する難しさ」に似ているなと感じます。

みなさんは、そんなに音楽に詳しくなくても、なんとなく「ジャズ」と「ロック」の違いはわかると思います。

でも、それを知らない子どもたちに、その違いを正確に「説明」することはできるでしょうか?

多分多くの人が、「実際に聞いてみるしかないよ」と感じられると思います。

ということで、ロルフィングは「聞く」ことはできませんが、ウェブ上で「見る」ことはできるので、そんな動画をいくつか紹介した記事がありますので、そちらをご覧になってみてください。(もちろん、実際に「受けてみる」というのが一番わかりやすいです。)

過去記事:「ロルフィングの紹介動画(短めと長めを1つずつ)。」



2、ロルフィング「10シリーズ」を実際に受けられた方の感想

ロルフィングでは10回のセッションを通して、身体の構造を整えていく「10シリーズ」というものがあります。

それを5人のモニターの方に実際に受けていただいて、その感想を元にコラムを書いてみました。

自分としては割りと気軽に書くつもりでしたが、どんどんロルフィングの奥深い世界も表現するようになり、後半はかなりの文量のコラムになってしまいました。

小難しい感じになってしまったところもあるので、気になるところだけ流し読みしてもらえたらと思います。

ただ、普段から「身体は自然(または宇宙)そのものです。とても神秘的ですし、今でもわかっていないことがたくさんあります。ロルフィングの醍醐味は、その身体という小さな自然を、自然のままに扱っているところなんです」などと話していますが、このモニターの方の感想を元にコラムを書くことで、それを改めて強く実感しました。

「身体って本当に不思議で、おもしろいなぁ」と感じていただけたらうれしいです。

過去記事:「モニターの方の10シリーズの感想はこちら。」



3、ロルフィングの説明会、おためしセッションのご案内

「なんとなく説明はわかったので、実際に体験してみたい」という方には、「ロルフィング説明・セッション見学会」と「おためしセッション」をおすすめしています。

それぞれの詳細は、下のリンク先をご覧になってみてください。





4、メディア掲載情報

festaのロルフィングを、過去に何度かメディアで取り上げていただいたことがあるのですが、それをまとめた記事がありますので、そちらも気になる方は覗いてみてください。

プロのライターさんが上手に情報をまとめてくださっているので、とても読みやすいと思います。


もう1つ、こちらはライターさんではないのですが、東京で同じようにボディワークのセッションを提供している友人が、festaのロルフィングを受けてくれて、その感想を書いてくれています。

「同業者がロルフィングをどう感じているのか」を、とても丁寧に表現してくれています。




もしも「ロルフィングを受けてみたい」と思われた方や、「わからないこと、聞きたいことがある」という方は、どうぞ「CONTACT」ページから気軽にお問い合わせください。

少しでもこのロルフィングが、ここ山形で、必要としている人たちに届けばいいなと思っています。




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2018年6月 1日 )

6、7月のロルフィング説明・セッション見学会。

ロルフィング説明・セッション見学会(2018年6-7月).jpg

身体を整える方法というのはたくさんあって、ロルフィングもその一つです。

僕もいろいろと学んできたので、ある程度のことは把握しているつもりですが、それでも古今東西、日進月歩で、いろいろな方法が生み出されていて、もちろんすべてを知っているわけではありません。

では、「何でロルフィングをしているのか?」というと、「身体って不思議な事が起こって楽しい!」ということに尽きます。

それは、「思いのままに身体を整えて、痛みや不調をものの数分で解決した」というような、「征服感」というのとはちょっと違います。

ロルフィングが見ている「身体」という存在は、「まるで自然のようで、一瞬として同じ瞬間はないし、まだまだわかっていないことが多いもの」と捉えています。

つまり、それは到底、人間が「征服した(理解した、支配した)」とは思えないほどに神秘的で、不思議に満ちています。

僕には優秀な「科学畑」の友達がいますが、そんな彼も「もうすでにわかったこと」ももちろん大切にしていますが、それよりもむしろ「まだわからないこと」に魅了されているように思います。

「わかったこと」にのみフォーカスを当てて、「自分はそれをわかっている」というのと、「わかったこと」を丁寧に集めてきて、「自分にはまだまだわからいことがある」というのは、似ているようでもだいぶ違います。

そんな「身体のおもしろさ、不思議さ、神秘さ」を、この「ロルフィング体験・セッション見学会」を体感してもらえたらと思っています。

6、7月は、1ヶ月に3回開催することにしました。

興味のある方は、ぜひご参加ください!


日時 6月開催日:6月7日(木)  10:00 - 12:00 
          6月16日(土)  14:00 - 16:00 
          6月30日(土)  10:00 - 12:00 
   7月開催日:7月10日(火)  14:00 - 16:00 
          7月16日(月/祝)14:00 - 16:00
           7月21日(土)  14:00 - 16:00 
料金 2,000円(定員6名)
場所 Rolfing House festa(とんがりビル3F)

お申込み info@rolfing-festa.com / 090-2954-8207
    ※説明・体験会は「要予約」になります。




Yuta

( Posted at:2018年5月30日 )

7月に東京でロルフィングします。

F153686F-D1AC-4DA8-B96E-2675B06ABA33.JPG

不定期なのですが、東京でも出張ロルフィングをしています。

東京にはたくさんの認定ロルファーさんがいらっしゃるので、ロルフィングの特徴である「10シリーズ」は提供せずに、「単発」でのセッションをすることにしています。

東京にはまだまだ慣れないのですが、少しずつお気に入りのお店(主に昔ながら喫茶店)を見つけたり、今度行ってみようかなリストも作っていて、今回の出張も楽しい時間になればいいなと思っています。

下に出張ロルフィングの案内を載せておきます。

興味のある方は、ぜひ気軽にご連絡ください。


(予約状況は5月29日現在です)


7月6日(金)

①10:30 - 12:30 ○
②13:00 - 15:00 ○
③15:00 - 17:00 ○
④17:00 - 19:00 ○
⑤19:00 - 21:00 ○


7月7日(土)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ○
③13:00 - 15:00 ○
④15:00 - 17:00 ○
⑤17:00 - 19:00 ○
⑥19:00 - 21:00 ○


7月8日(日)

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ○
③13:00 - 15:00 ○
④15:00 - 17:00 ○
⑤17:00 - 19:00 ○
⑥19:00 - 21:00 ○

7月9日(月)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ○


・時間には、説明、問診、着替えの時間も含まれます。
・待合室はありませんので、予約時間にお越し下さい。

【場所】東急田園都市線「桜新町」駅 徒歩10分程度
            ※住所の詳細は予約された方にお伝えします。

【料金】13,000円

【服装】襟付きのシャツ、伸びないジーンズ、スカートなどは避け、
    身体を締め付けない楽な服装

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa || Yuta

( Posted at:2018年5月28日 )

ロルフィングの「おためしセッション」しています。

ロルフィングおためしセッション.jpg

「とりあえず、実際にロルフィングを受けてみたい」という方のために、festaでは「おためしセッション」をご用意しています。

【料金】5,000円(60 - 75分)※お一人様一回のみ
【予約時間】10:00 - 20:00
【予約】メール: info@rolfing-festa.com
     電話:090-2954-8207(大友)

実際の「おためしセッション」で体験していただける内容は以下の通りです。


1、「問診(インタビュー)」

今現在の身体がどういう状態なのか、過去に大きな怪我や病気をしていないか、これからどんな風になっていきたいのかなどをお聞きします。

もしもお医者さんに通われていたら、その治療の流れに対して、どうロルフィングがお手伝いできるのかも一緒に考えていきますし、ざっくばらんに「健康」に関してのご相談をしていただくのも大丈夫です。(最近、たくさんの健康に関しての情報溢れかえっているので、それに「溺れている」方もいらっしゃると思います。)

ロルファーの私自身は、医療機関での勤務経験(整形外科で常勤トレーナーとして3年勤務)もありますし、トレーナーとして活動をしていたこと(スノーボードアルペン日本代表チームの帯同トレーナーなど)もあるので、様々なトレーニング方法、リハビリ方法も把握していて、いろいろな視点での、偏りのないバランスのいいアドバイスができると思います。

ご自身の身体に関する不安や、何か疑問に思っていることがあれば、可能な限り教えてください。


2、「立位姿勢、歩行のチェック」

普段、どんな姿勢で立っているか、歩いているかは、意外に自分ではわからないものです。

こちらがあれこれと「指摘」するというよりかは、ご自身で「気づく」ということを大切にしています。きっと今まで気づいていなかったことが発見できると思います。

そして、「その場限りではない、本質的な変化」というのは、まずは「(現在の自分の状況に)気づく」ことから始まります。


3、「全身の関節の可動域のチェック」

ようやくここでベッドに寝ていただいて、全身の主要な関節の「可動域」をチェックしていきます。

主に見ているところは「左右差」で、それらの情報を元に、「身体のどのエリアにアプローチするべきか」を推測していきます。

丁寧に可動域をチェックしていくと、身体に関しての、非常に有用で豊富な情報を得ることができます。


4、「手技的アプローチの体験」

3で得られた情報から、身体の中から数カ所に、「いつものセッションで同じような感じ」で手でアプローチをしてみます。

みなさんが思われているよりも、ずっと「やさしくて何もしない」触れ方ですが、3の可動域をもう一度チェックすると、それが改善されているのを体感してもらえると思います。


5、「2、3の再チェック」

実際に触れたことで、全身にどんな影響が出たのか、もう一度可動域と、立位姿勢、歩行をチェックしてみます。

「そんなに大きく何かをされたわけではない」と感じられると思いますが、身体はそれにきちんと反応してくれていて、短時間のアプローチだけですが驚くような変化を見せてくれることもあります。


6、「フィードバックを共有、まとめ」

立っていてどんな感じがする、歩いたらこんな変化を感じたなどの「フィードバック」をお聞きして、それからどんなことが考えられるのか(フィードバックからの考察)をお伝えします。

もしも今後の生活で気にかけた方がいいポイントであったり、何か続けてほしいことがあれば、それも合わせてお伝えします。

セッションを体験した後に、ロルフィングを今後も受けていきたいと感じられた場合には、次回の予約をお取りして終了です。


僕自身がこの「おためしセッション」で一番意識しているのは、「(受けられた方ご自身が)自分の身体がどういう状況なのかを感じる」ということです。

ロルフィングは、「ベッドに寝転んで、あとはゴッドハンドにすべておまかせ」という「受動的」なものではなく、むしろ「セッションへの主体的(能動的な)参加」をとても大切にしています。

その第一歩が、「自分の身体がどういう状況なのかを感じる」ということなのです。

ぜひロルフィングに興味を持たれた方は、「おためしセッション」を体験してみてください。




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2018年5月27日 )

2018年5月の神戸出張ロルフィングのお知らせ。

12ECFAE1-B283-47E4-8D5E-86DB3D1F083B.JPG

みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

最近は、3歳半になる息子がモンシロチョウをつかまえるのに夢中で、毎日のように網を片手に、裸足で走り回っています。一見、ランダムに蝶々は飛んでいるように見えますが、実は風の流れに乗っていたりして、きちんと「道」を通っているようです。

きちんと観察していると、そこに何らかの「道筋」が見えてくるというのは、ロルフィングで身体を見ている時と同じだなと思います。

さて、4月にも神戸に出張しましたが、5月末にももう一度出張をしようかと計画中です。

前回が予定が合わなかった方が中心になると思いますが、なかなか仕事の疲れが抜けない方も、身体をすっきりと整えたい方も、ぜひこの機会にご予約いただけたらと思います。

ご連絡お待ちしています。


(予約状況は5月3日現在です)


5月25日(金)

①14:00 - 16:00 ×
②16:00 - 18:00 ×
③18:00 - 20:00 ×


5月26日(土)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ○
③14:00 - 16:00 ○
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ×


5月27日(日)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ○
③14:00 - 16:00 ○
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ○


【場所】
2ヶ所でのセッションになりますが、どちらも「三ノ宮駅から徒歩10分以内」の場所になります。ご予約いただいた方には場所の詳細をお知らせします。

【セッション料金】
 12,000円

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa || Yuta

( Posted at:2018年5月 2日 )

GW以降のロルフィング説明・セッション見学会。

ロルフィング説明・セッション見学会(2018年4、5月).jpg

昨年からしているのですが、festaで僕が提供している〈ロルフィング〉というボディワークの、「わかりやすい説明」と「実際のセッションの見学」をしています。

「整形外科、接骨院、整体、カイロ、マッサージと何が違うの?」
「施術は痛いの?」
「どんな人(僕のことです)がしてるの?」
「どんなことするの?」

などなど、みなさんが疑問に思ったり、いまいちよくわからないことにお答えできたらと思います。

とてもシンプルでやさしいアプローチなのですが、身体が大きく変化するのは、やっている僕が一番驚いてます。(笑)

GW中も開催しますので、どなたでも参加できますので、ぜひ気軽にご連絡ください!


電話:090-2954-8207(大友)




Yuta

( Posted at:2018年4月26日 )

息子との日々(2017年冬)

DPP_3304


DPP_3354


DPP_3385


DPP_3410

昨年の冬はよく雪遊びをしました。

その前のシーズンは、「雪」という存在がまだよくわかっていないようで、「冷たい」であったり、「歩きにくい(すぐに転ぶ)」というのが先にきてしまって、なかなか「(一緒に)遊ぶ」という関係にはなっていなかったと思います。

今でも、シーズン最初にたくさん雪が降り積もった時に、雪玉を丸めて投げたり、雪の中を走り回ったり、転げ回ったりした日を覚えています。

ようやく雪と遊べるようになってきて、二人で夢中になっていたら、息子が雪の上に仰向けで横になっていました。

近寄ってみたら、空から落ちてくる雪をじーっと静かに見ていました。

僕もそう言えば、よくそうやって雪の上に寝っ転がって、空を眺めているのが好きでした。

その頃の僕には、「雪」というものがどういうものか、「知識」としてわかってはいましたが、それでもその「体験」は、僕個人にとっては「不思議なもの」に思えて、「なんで上からこんな白くて冷たいものが、ひらひらと落ちてくるんだろう」と考えていました。

息子は空から落ちてくる雪を見て、何を考えていたんでしょうか。

そしてその一瞬の静寂が終わると、息子はペロペロと口の周りをなめて、「お父さん、雪おいしいね」と言っていました。

また来年も雪と一緒にたくさん遊びたいなと思います。




Yuta

( Posted at:2018年4月20日 )

息子との日々(2017年秋)

DPP_2417


DPP_2473


DPP_3155

3歳になると、「わざと」何かをすることが増えてきました。

「冷たいってわかっているのに、手を川に入れてみる」
「おもちゃを入れる箱なのに、頭にかぶってみる」
「前が見えないのに、ニット帽を深くかぶってみる」

などなど、「それをすると、周りの大人がどんな反応をするんだろう?」という、「他人のリアクションへの興味」から、「きっと笑うだろう」という、「他人のリアクションへの期待(予測)」が生まれてきています。

これ自体は、「直接的に、生きることとは関係のないこと」なのですが、「よりよく生きる(楽しむ)こと」に結びついています。人間はある時点から、「生きること(生存すること)」を最優先にしなくてもいいほどに、「余裕」が出てきたのです。

他人というのは「不確定な動き」をしますが、「何かそれには法則があるのかも(つまりは、〈心〉を持っているのかも)」と「予想(推論)」することで、それによって「嘘をつく」こともできるようにもなりました。

そうやって「他人に〈心〉があるのかも」と思うようになり、それを「(あたかも自分が)制御」していると錯覚しているので、その裏をかいて、「嘘 をつく」ことをしたり、相手を「笑わせる(または困らせる)」ことをして、「他人とのコミュニケーションを楽しむ」ようにもなってきています。

そして、それをやりすぎて、お父さんによく怒られるようにもなりました。

すくすく成長しています。




Yuta

( Posted at:2018年4月12日 )

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ