ロルフィングハウス フェスタ FESTA

眼鏡で身体を調整する。

IMG_8293.jpg

先日、米沢に行って「眼鏡」を作ってもらってきました。

伺った場所は「スタジオ八百萬」というコワーキングスペースで、整体の先生が出張でやってきて、その施術を受けられたり、外国人の方から気軽に英会話が習えたり、アートショップが企画されたりと、いろいろなイベントが行われている場所です。

元々は、今は「ひもトレ」で全国に名前の知られている小関勲さんが、「面白い方が新潟からいらっしゃるので、大友さんもどうですか?」と誘っていただいたのが最初でした。

「おもしろい人の知り合いは、必ずおもしろい」と思っているので、小関さんが紹介してくれるのなら間違いないと、内容もあまり確認せずに申し込んでみたのですが、新潟の「視覚行動研究所」代表の野澤康さんが、2ヶ月に1度、スタジオ八百萬で「眼の検査と眼鏡の作成」をしてくれるというものでした。

ちなみに僕は、小さい頃から視力は良くて、今でも両眼とも1.2〜1.5ほどあります。

それでは、「なぜ検査してもらうことになったのか?」というと、野澤さんは眼の詳細な検査から、「どのように左右の眼が協調して機能しているか」ということはもちろん、「どのようにこの世界を視覚によって認識し、どう行動しているのか」というところまで評価、考察してくれるのです。

これを聞いた時に、「田村さんみたいだな」と思ったのですが、田村さんとは「視覚情報センター」代表の田村知則さんのことで、野球のイチロー選手や、少年時代のテニスの錦織圭選手、ゴルフの宮里藍選手を「視覚」の面から支えられたことでも有名な方です。

どう見るかは、どうある(在る)か

今でこそ、ロルフィングをはじめ、ボディワークの世界では、身体全体のバランスを調整していくために、「視覚」に対するアプローチも注目され始めてきましたが、それを田村さんは「眼の専門家」として、何十年も前からされてきていたのです。

今回の新潟の野澤さんは、その田村さんの指導を受けたことがあるようで、「視力の矯正」としての眼鏡だったら、僕は何も興味がなかったと思いますが、「左右の眼の共同作業による見え方のズレを調整し、それによって対象をありのままに認識できることで、脳の情報処理のストレスを軽減させたり、身体の構造さえも左右対称になってくる可能性も出てくる」という、ロルフィングとも親和性があるコンセプトにすごく共感して、野澤さんの検査を受けることにしました。

IMG_8262.JPG

最初の検査は昨年受けたのですが、検査の結果としては、「右の眼はほとんど問題なく機能しているが、左が少しもたついている(レスポンスが遅い)」ということでした。

その眼の評価の後に、野澤さんが「大友さん、右の方のスペースでこうやって手を動かしても、何も嫌な感じはしないと思うのですが、左はどうですか?」と、顔の横の辺りで手を動かしたのですが、すぐに「あ、左の方で何かが動くと、眼で追いにくくて嫌だ」ということに気づきました。

そのことで思い出したことがあって、僕は右に誰かが座った時と、左に誰かが座った時では、「身体の居心地の良さ」がまるで違っていて、右だと「安心」できるのですが、左だと「なんだかそわそわして、落ち着かない」感覚になります。

ソファーの右に誰かが座っていると、とてもフレンドリーに話せるのですが、左だと「壁」があるように感じるのです。

なので、奥さん(気を許している人)であれば、左でも大丈夫なのですが、なるべくなら右にいてもらった方が落ち着きます。

みなさんも、「恋人と手をつなぐ時(ソファーに座る時、一緒に寝る時)に、どちらにいる方が多いか?」であったり、「見知らぬ人が隣に座るバスでは、左端、右端のどちらにいる方が落ち着くか?」など、少し考えてみるとおもしろい傾向が見つかるかもしれません。

それらは「空間認識」に関係していて、野澤さんの検査によって、「左右の眼の協調した動きの偏り(ズレ)」が、その認識に影響を与えるいるのではないかということに気づきました。

つまり、「左の眼の動きが、右に比べてどんくさいので、顔を前に向けたまま、周辺視野で左のスペースを認識することが難しい」ということが、「左に人が座られる居心地の悪さ」につながっているのかもしれないということになります。

IMG_8263.JPG

そうすると次に、「なぜ左右の眼の動き、機能のズレが生じてくるのか?」という疑問が浮かんできます。

それを野澤さんに聞いてみると、とてもおもしろい見解を教えてくれたので、それを共有したいと思います。

もちろん、それには様々な要因が考えられるのは当然ですが、野澤さんが指摘してくれたのは、「スマホ、タブレット、パソコンなどの見過ぎ」ということでした。

「やっぱり、ブルーライトが悪いのか」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。「眼が悪くなる要因」として、「ブルーライトは、そんなに関係がない」ということなのです。

それよりも、「平面を見続けること」の方が、影響しているようです。

どういうことかと言うと、「自然界には平面が存在しない」ことが関係しています。

元々、私たちの眼は、「差」を認識するために「左右の2つの眼」を持っていて、右眼と左眼で捉えたそれぞれの視覚情報を、「脳で統合的に処理する」ことで、「天敵が周りにいないか?いたとしたら、どれくらいの距離か?」であったり、「食料は近くにあるか?あるとしたら、どれくらい近くにあるのか?」という、「生存するために重要な情報」を得ています。

「平面(二次元)」の情報だけだと、眼は1つだけでもいいと思うのですが、「距離感(奥行き)」などを正確には認識することが難しくなります。

僕たちは、普段は意識していませんが、常にその右眼と左眼の情報を「統合」することで様々な行動をしていて、スマホやパソコンなどの「(人工的な)平面」を見る時には、「片眼の情報だけ」でも十分で、「もう片方の眼から入ってきた情報はキャンセルしている」ということが起きているのです。

つまり、「片眼しか使わずに見ている」と言えます。

さらに、最近では、VRなどを幼児がやり過ぎることで、「斜視」の問題が引き起こされる可能性があると言われていたりしますが、それも「平面ではないものを見て、差を認識する」という両眼の機能と、「相性が悪い」のではないのかと、個人的には考えています。(最近、「斜視」の子どもが多いように感じていて、それにはVRだけでなく、スマホの影響もあるのではないかとも思っています。)

ということで、スマホを見続けることは、「動きが優れている眼(利き目)」は、どんどん動きは良くなるでしょうし、「動きがどんくさい眼」は、見ているようでキャンセルされて働いていないので、どんどん動きは悪くなっていってしまいます。

そうして「左右の眼の機能のズレ」が大きくなると、「老眼」の症状が出てきやすくなり、これが「スマホ老眼」であり、「若年性老眼」の「背景」になってくるのです。

これには他にも、いろいろな考えがあるかと思いますが、「現時点で最も腑に落ちる見解」かなと、僕は思っています。

この検査の結果と、スマホやパソコンと老眼の関係を野澤さんに聞いてから、自分の普段の生活を観察してみると、「左眼が動いていない」というのが、はっきりと知覚できるようになってきました。

特に、こうやってパソコンで長時間ブログを書いていたり、移動時間でスマホを見ていると、「左眼が、どう仕事をしていいのかがわからないので、フリーズしたり、ギクシャクした動きをしている」のがわかりました。

それに気づき始めてから、遠いところと近いところに、交互にピントを合わせるようにしてみると、「左右が協調して動けずに、ボケてしまう」ということも多くなってきました。

自覚的にも、「両眼がうまく連携できてないな」と感じることが多くなってきたので、1年ぶりくらいに、スタジオ八百萬で野澤さんに検査をしてもらい、結果によっては「眼鏡」を作成することにしました。

そして、その結果としては、やはり予想通りのもので、「両眼の機能が落ちている」ということでした。詳しくは、「両眼ともに乱視が入り、片方が遠視、もう片方が近視が出てきている」とのことでしたが、確かにこの1年は、パソコンを眺めている時間がとても多くなっていたので、納得の結果でした。

最初の写真が、実際に作っていただいた眼鏡です。

まだ、人生初の眼鏡をし始めて2週間ほどですが、「左眼のいつものポジションが変わってきた」感じがします。その「変わってきた左眼のポジションと右眼とのバランス」が、適応してくるまでもう少し時間がかかるかなと思います。

さらに、眼鏡をすることで「関節の可動域」までも変わってきます。

「身体を構成する各要素は、完全に独立したものはなく、すべて関わり合いながら、生きることを支えている」というのを、自分の身体で実感しています。

最後に、「スタジオ八百萬」のFacebookページで、野澤さんの検査の案内文が素敵だったので、それを載せて終わりにしたいと思います。

・・・・・・・・

野澤先生、視覚調整で免疫力が上がるってどういうことですか?

「分からない。

 理由は分からないけど、
 そうとしか思えないんですよ。

 酵素風呂、断食、メガネで
 ○○が治るのをたくさん見てきたんです。
 (○○には病気の名前が入ります)

 それに、動物は、左右対称の個体を選びますよね。

 野生では、眼の動きが悪ければ、
 獲物を捕ったり外敵から身を守ることができなくて
 生き残れない。

 クジャクの模様だって、
 メスは左右対称の模様のオスを選ぶでしょう。」

なるほど。
眼の動きが良くなると、免疫力も含めて生命力が上がるってことですね。

それは、この間の「このメガネを掛けたら恋人ができました」っていう話にも通じますね。

・・・・・・・・

「恋人ができる」なんて素敵ですね。

「眼鏡」を通して、何が見えてくるのか、そして、自分はどんな風に変化していくのか楽しみです。




Yuta

( Posted at:2019年7月 4日 )

A−Yogaレッスン 7月のスケジュール

今年の梅雨は長いですね。天気予報もくもりか雨ばかりで、久しぶりにまさに梅雨という感じです。

そんな季節は、なかなか「息が吐き切れず」に、身体の中の「風の循環」でもある「呼吸」が、浅くなって「籠りがち」になってしまいます。

「ヨガで呼吸を深くする」というよりは、ヨガの中でどんな身体の姿勢、ポーズを取った時にでも、「どうしたら呼吸が制限されずに、自由になれるかな?」と考えながら動いてもらうといいかもしれません。

そうすると、「身体の風通し」もよくなってきて、自然に呼吸も深くなっていきます。

梅雨のジメジメで、すっかりのんびり更新になってしまいましたが、7月のレッスンスケジュールです。







◯A-Yoga定期レッスン

上のスケジュールの、ピンク色のアンダーラインのところが、とんがりビルのfestaでのA-Yogaの定期レッスンになります。(クリックすると、拡大したものが見れます)

ヨガがはじめての方でも、ほとんど運動をしたことがない方でも、もちろんヨガ経験者でも大丈夫なクラスを心がけています。

ヨガの「アーサナ」だけにはこだわらずに、その日に集まったみなさんの身体に合わせて、シンプルでもじっくりと深めていける動きを紹介します。

回数券があるので、購入していただくと、お得にレッスンを受けることができます。

ヨガに関しては、「細く長くつづけること」が大切だと思っていますので、一度購入していただいたものは「期限なし」でご利用できます。ご都合の合う時にご予約ください。
    
回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
         10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)



◯maaruでつながるYoga

7月17日(水)11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)
※次回は8月28日(水)です。

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回


ヨガがはじめての方でも大丈夫です。


前回のドーナツランチです。


参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。


ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。


みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko

( Posted at:2019年7月 1日 )

(残り1枠です)2019年初夏の神戸出張ロルフィングのお知らせ。


窓を開けると、気持ちのいい風が抜けていく季節になりました。

山の公園を歩いていると、新芽の初々しい緑や、落ち着いた深い緑もあって、その様々な緑のグラデーションの美しさに、つい見入ってしまいます。

いつもこの季節になると、目に見える範囲の地面には、たくさんの種類の植物たちが生えているのに、その色は決まって緑なのが、とても不思議に思います。

答えを聞いたら、その「謎」はすぐに解けてしまうのかもしれませんが、いつも聞いたりも、調べたりもせずに、そのままにしています。

自分の中であれこれと考えを巡らしているのが好きで、そんなことを考えているうちに、次の季節がやってきてしまいます。

今年もあっという間に、年の半分が過ぎ去ろうとしています。

7月の初めに、神戸に出張させていただくことになりましたので、今年の残り半分も、からだ元気に、気持ち晴れ晴れと過ごしていけるように、ロルフィングでお手伝いできたらいいなと思います。

身体のリセット、リフレッシュ、深い休息が必要な方は、この機会にご予約ください。


(予約状況は7月1日現在です)


7月5日(金)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


7月6日(土)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


7月7日(日)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ○


【場所】
2ヶ所でのセッションになりますが、どちらも「三ノ宮駅から徒歩10分以内」の場所になります。ご予約いただいた方には場所の詳細をお知らせします。

【セッション料金】
 12,000円(90〜120分)

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2019年5月30日 )

A−Yogaレッスン 6月のスケジュール

ここ数日、5月とは思えないほどの暑さが続いていますが、「北海道」は特にすごかったようですね。

お友だち夫婦が北海道の知床の方に住んでいるのですが、少し心配になりました。

そこにいる動物も植物も、そして人も、そんな暑さには慣れていないでしょうから、何も影響がなければいいのですが。

山形の夏はとても暑いですが、その夏を乗り切るためにも、「自然に汗をかき、身体の熱を逃がせる身体」を、今の時期に準備しておくのがいいかと思います。

「クーラーの効いた部屋で長時間過ごす」ことや、「運動不足」が続いてくると、「汗をかきたくてもかけない身体」になりやすくなります。

ヨガで気持ちよく身体を動かして、適度に「汗をかく」ことで、今年の「暑い夏」を少しでも快適に過ごせるようにしていきましょう。

6月のスケジュールは以下の通りです。






◯A-Yoga定期レッスン

上のスケジュールの、ピンク色のアンダーラインのところが、とんがりビルのfestaでのA-Yogaの定期レッスンになります。(クリックすると、拡大したものが見れます)

ヨガがはじめての方でも、ほとんど運動をしたことがない方でも、もちろんヨガ経験者でも大丈夫なクラスを心がけています。

ヨガの「アーサナ」だけにはこだわらずに、その日に集まったみなさんの身体に合わせて、シンプルでもじっくりと深めていける動きを紹介します。

回数券があるので、購入していただくと、お得にレッスンを受けることができます。

ヨガに関しては、「細く長くつづけること」が大切だと思っていますので、一度購入していただいたものは「期限なし」でご利用できます。ご都合の合う時にご予約ください。
    
回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
         10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)



◯maaruでつながるYoga

6月26日(水)11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回


ヨガがはじめての方でも大丈夫です。


前回のドーナツランチです。


参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。


ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。


みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko

( Posted at:2019年5月27日 )

A−Yogaレッスン 5月のスケジュール

今年のGWは「10連休」なんて人も多いのではないでしょうか?

festaは、いつも通りに営業しているので、私は山形でヨガのレッスンをしています。

この前は、この連休を利用して山形に帰省されている方が、festaにいらっしゃいました。

あまりヨガっぽい、難しい動きはしなかったのですが、「身体がスッキリした!」と喜んでくださって、とてもうれしかったです。

山形に住んでいらっしゃる方に、ヨガを受けていただくのも、もちろん楽しいのですが、遠く離れた場所に暮らしている方が、こうして「ヨガ」でつながるというのは、すごくいいなと思います。

「ヨガ」という言葉は、サンスクリット語の「ユジュ」という言葉が語源になっていて、「結びつける(つなげる)」、「一つになる(調和する)」という意味なのですが、まさにその通りですね。

連休中にバタバタとしていた身体と心を「結びつける」には、ヨガはぴったりかもしれません。

ぜひぜひ気軽にヨガを受けてみてください。





◯A-Yoga定期レッスン

上のスケジュールの、ピンク色のアンダーラインのところが、とんがりビルのfestaでのA-Yogaの定期レッスンになります。(クリックすると、拡大したものが見れます)

ヨガがはじめての方でも、ほとんど運動をしたことがない方でも、もちろんヨガ経験者でも大丈夫なクラスを心がけています。

ヨガの「アーサナ」だけにはこだわらずに、その日に集まったみなさんの身体に合わせて、シンプルでもじっくりと深めていける動きを紹介します。

回数券があるので、購入していただくと、お得にレッスンを受けることができます。

ヨガに関しては、「細く長くつづけること」が大切だと思っていますので、一度購入していただいたものは「期限なし」でご利用できます。ご都合の合う時にご予約ください。
    
回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
         10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)



◯maaruでつながるYoga

5月15日(水)29日(水)11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)
※今月は2回開催します。

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回


ヨガがはじめての方でも大丈夫です。


前回のドーナツランチです。


参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。


ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。


みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko

( Posted at:2019年5月 1日 )

GWは休まず営業しています。

ロルフィング説明・セッション見学会(2019年4、5月).jpg

いよいよ今年もGWの時期になりました。

「10連休」なんていう方もいっらしゃるかもしれません。

festaは、今年もGWは休まずに営業しています

「前からロルフィングに興味があったんだよな」
「連休前半にヨガで身体をすっきりしたいな」
「この休暇で、身体にきちんと向き合いたいな」

などという方は、ぜひぜひfestaにいらしてください。

東北ではほとんど受けることができない「ロルフィング」、そして「Aヨガ」も、festaでは受けることができます。

上のパンフレットには、「ロルフィング説明・セッション見学会」の予定が載っています。

GW中には「4回」開催します。

他にも「おためしセッション」もありますので、はじめての方はぜひそちらもご検討ください。

ヨガをご希望の方は、「レッスンスケジュール」をご確認ください。

連休前に仕事が忙しすぎて、身体がボロボロでリセットが必要な方も、このまとまった休みで、身体をじっくりと見つめ直したい方も、気軽にまずはお問い合わせいただけたらと思います。

身体に関する相談だけでも大歓迎です。

みなさんにとって、年号も変わる今年のGWが、素晴らしい時間になりますように。




Rolfing House festa
Yuta & Ryoko

( Posted at:2019年4月27日 )

5月19日(日)は、仙台で「ロルフィング®Days 2019」が開催されます。

ロルフィングDays_2019.jpg

今年も5月19日(日)に、仙台で「ロルフィングDays」を開催することなりました。

ロルフィングを始めたアイダ・ロルフさんの誕生日を祝って、日本各地で様々なイベントが行われる予定です。

今年は開催日が、ちょうどアイダさんの誕生日と一致していて、なんだかちょっぴりうれしい気分です。

ロルフィングを学び始めた頃に、驚いたことがあったのですが、それは、「創始者への思いを馳せる」ことでした。

その前までは、「トレーナー」を仕事にしていたので、様々なセミナーや講習会に参加して、「テクニック」を学ぶことはあっても、それを「どんな人が、どんな経緯があって、生み出していったのか」ということを考えることは、ほとんどなかったと思います。

つまりは、ストレッチや、ウェイトトレーニングを勉強することはあっても、その「方法」にだけ興味があって、「歴史(背景)」にまで関心は至らなかったのです。

ロルフィングのクラスを教えてくれるインストラクターは、アイダさんから直接学んだ人もいるのですが、その人がクラスの中で、「アイダの昔話を一つしようか」と言って、アイダさんとの思い出を語ってくれることがありました。

最初は、「何でそんなことを話す必要があるんだろう?ロルフィングのことを教えてほしいんだけど」と思っていたのですが、他のクラスメイトはその語りを楽しそうに聞いていて、たまにいくつか質問をしたりしていました。

そのやりとりを聞いているうちに、「アイダさんは、とても魅力的な人だったのだな」と思うようになり、僕も自然にその話を聞き入るようになっていました。

それはまるで、暖炉の前でおじいちゃんが、「お前のお母さんのお母さん、つまりはおじいちゃんの奥さんのことなんだけどね、昔こんなことがあったんだよ」と、おばあちゃんの昔話を優しい語り口で語ってくれるのを、目を輝かせながら聞いている子どものような感覚でした。

その体験があってからは、自分でもアイダさんのルーツを調べてみたり、アイダさんを知っているインストラクターに会った時には、「アイダさんってどんあ人だったんですか?」と聞くようになりました。

世界中でも、この日本での「ロルフィングDays」のようなイベントは開催されていて、その期間は、みんな「アイダさんに思いを馳せる」のです。

これって、何だかとても素敵なことだと思いませんか?

もうこの世界にアイダさんはいませんが、その素晴らしいボディワークのアイディアや方法は、国を超えて世界中に広がっています。

そして、自分の誕生日になると、自分の思い出を語ってくれたり、まだロルフィングに出会っていない人へのイベントが行われたりしているのです。

仙台の今年のイベントでは、昨年と同じような感じで、お家で簡単にできる「エクササイズ」を、いくつか紹介したいと思います。

ロルフィングは、「一対一での施術」が基本なのですが、「ロルフムーブメント」といって、シンプルな動きを通して、自分の身体の感覚を開いたりするものもあります。

それをみんなで体験して、「自分の身体に何が起こるのか、何が感じられるのか」を探求していく時間になればいいなと思っています。

前回のワークショップ後には、みなさん身体がすっきりと軽くなったり、上にすっと伸びていたりしました。

どなたでも参加できますので、ぜひぜひアイダさんが始めたこのロルフィングの世界を、体験していただけたらと思います。

僕がワークショップの受付をしていますので、興味がある方は、以下の連絡先にお問い合わせください。


電話:090-2954-8207(大友)




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2019年4月17日 )

A−Yogaレッスン 4月のスケジュール

桜前線もようやく山形まで来てくれそうな感じの暖かい日です。

最近のみなさんの身体を観察していると、「え、まだ冬なの?それとも春になっちゃっていいの?」って、なんだか自然の流れに振り回されているようで、そんな時には少しヨガで身体を動かしてあげると、落ち着きを取り戻してきてくれるように思います。

身体のカレンダーを春に合わせていけるように、お時間ある時には、ぜひfestaでヨガを受けてみてください。

かなり遅くなってしまいましたが、4月のスケジュールをお知らせします。


festaパンフレット(カレンダー_2019).numbers-2019年4月.jpg



◯A-Yoga定期レッスン

上のスケジュールの、ピンク色のアンダーラインのところが、とんがりビルのfestaでのA-Yogaの定期レッスンになります。

ヨガがはじめての方でも、ほとんど運動をしたことがない方でも、もちろんヨガ経験者でも大丈夫なクラスを心がけています。

ヨガの「アーサナ」だけにはこだわらずに、その日に集まったみなさんの身体に合わせて、シンプルでもじっくりと深めていける動きを紹介します。

回数券があるので、購入していただくと、お得にレッスンを受けることができます。

ヨガに関しては、「細く長くつづけること」が大切だと思っていますので、一度購入していただいたものは「期限なし」でご利用できます。ご都合の合う時にご予約ください。
    
回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
         10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)



◯maaruでつながるYoga

※今月はお休みで、来月は5月15日(水)29日(水)
 2回開催します。

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

A0F31275-1428-47AD-B0D2-CEC0F9791525.JPG



以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。


ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。


みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko


( Posted at:2019年4月 8日 )

自然と、見つめる人。



先日、少し暖かくなってきたので、息子と近くの公園で遊んでいたら、「木の枝の形」が目に留まりました。

青空の中に、きれいな「フラクタル構造」が広がっていました。

息子が生まれ、外で一緒に遊ぶようになってから、自然の中に何かを見つけることが多くなりました。

アリの行列をしゃがんで見つめてみたり、落ちたどんぐりの実から芽が出ているのをじっと観察してみたり。

なんだか小さい頃に戻ったような感覚です。

小さい頃の僕は、しいたけが原木から芽を出してきているところを見て、「しいたけが歌ってる」とずっとそれを眺めていたり、真冬の寒い夜に外に出かけて、星の輝きを寒さも時間も忘れて見ているような少年でした。

自然は、それを「熱心に見つめる人」に対して、たまに「秘密」を教えてくれることがあります。

ロルフィングをしている時にも、「人の身体(一番身近な自然)」が、いろいろなことを教えてくれます。

それには、少しコツがあるような気がしていて、「秘密を教えてくれ」と願う時には、それはなかなか起こらないのです。

ただ、「きれいなので、ずっと見つめていた」というような時にだけ、自然はそっとその「秘密」を明かしてくれます。

「お父さん、なんで木を見てるの?」と、息子が聞いてきました。

「おもしろい形してるね、この木」と、僕は答えました。

息子も、外で遊んでいて急に静かになったと思ったら、地面にしゃがみ込み、手のひらの小さな虫を不思議そうに眺めていたりします。

きっと、「大切な何か」を教えてもらっているのでしょう。

そういう体験が、彼の中の深いところに蓄積されていって、彼の進むこれからの道をやさしく照らしていってくれればいいなと思います。


DPP_2983.jpg




Yuta

( Posted at:2019年2月26日 )

2019年春の〈東京〉出張ロルフィングのお知らせ。

温泉に行く途中で見える三角の山


「今年は雪が少ないね」と知り合いと話している内に、もう2月も終わりの頃になりました。

4月11日(木)〜14日(日)の4日間、春の東京出張ロルフィングをしようと思います。

東京にはたくさんの認定ロルファーさんがいらっしゃるので、ロルフィングの特徴である「10シリーズ」は提供せずに、「単発」でのセッションをすることにしています。

桜の季節は過ぎているとは思いますが、セッションの合間の時間で、東京の街を散歩してみようかと思います。(散歩が東京の楽しみです。)

東京出張では、普段の山形ではあまりセッションする機会がないような、多種多様な方々にロルフィングすることができて、いつもロルファーの僕の方が学びの多い時間になっています。

今回はどんな出会いがあるか楽しみです。

下に出張ロルフィングの案内を載せておきます。

興味のある方は、ぜひ気軽にご連絡ください。


(予約状況は4月5日現在です)


4月11日(木)

①10:30 - 12:30 ×
②13:00 - 15:00 ×
③15:00 - 17:00 ○
④17:00 - 19:00 ×
⑤19:00 - 21:00 ○


4月12日(金)

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ×
③13:00 - 15:00 ○
④15:00 - 17:00 ○
⑤17:00 - 19:00 ○
⑥19:00 - 21:00 ×


4月13日(土)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③13:00 - 15:00 ×
④15:00 - 17:00 ×
⑤17:00 - 19:00 ×
⑥19:00 - 21:00 ×


4月14日(日)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③13:00 - 15:00 ×
④15:00 - 17:00 ×


・時間には、説明、問診、着替えの時間も含まれます。
・待合室はありませんので、予約時間にお越し下さい。

【場所】東急田園都市線「桜新町」駅 徒歩10分程度
        ※住所の詳細は予約された方にお伝えします。

【料金】13,000円

【服装】襟付きのシャツ、伸びないジーンズ、スカートなどは避け、
    身体を締め付けない楽な服装

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2019年2月25日 )

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ