ロルフィングハウス フェスタ FESTA

モニターBさんの感想(セッション5 | 40代 女性)

モニターBさんも、10シリーズの半分まで終わりました。

1ヶ月に1回のペースですが、身体の「ベースライン(身体の根本、基礎になる部分)」の改善がされてきたことで、元々あった痛みや違和感なども薄れてきているようです。

改めて思いますが、「元を正すこと」の重要性を感じます。

セッション5は「大腰筋」へのアプローチがメインになるのですが、大腰筋の付着部が腰椎にあるということもあり、持病で腰痛を持っている人にとっては大切なセッションになります。

それではBさんの感想を読んでみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日5回目の施術を受けて来ました。

前回の施術から腰の痛みも全くなく、身体も軽く、とてもいい状態にいたのですが、4日前から痛みが出始め、張ってる感じがあり、本日の施術を迎えました。

大腰筋が大切だという説明を受けて、横隔膜の下から脚が生えているイメージを頭に描きながら施術を受けました。

施術中、初めてというくらい、痛い、ひびく、という感覚を味わいました。

身体の中の大腰筋を初めて感じることができました。

脚を動かすのが、太ももや腹筋ではなく、大腰筋がメインであるのだと、自分の身体で感じることができました。

5ヶ月前に施術を初めて受けてから、なぜか?体重が減り続け、トータル12kgダウン。

元々かなり体重が増えてきていたので、通常に戻っただけなのですが、身体の歪みが改善されてきたおかげで、身体が正常に代謝し始めたのでは?との事。

ヨガの先生にも同じことを言われていたので、なるほどなぁと思っているのと、ダイエットを頑張っていた頃は落ちなかった食欲が減り、体重が落ちるのに動けないとか、フラつくということもなく、軽いフットワークで毎日過ごせています。

次回の施術も楽しみです。

※全体の内容が変わらない程度に、加筆、修正しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


セッション前に身体の異常が出てくるということ

今でもロルフィングをたまに受けることがあるのですが、セッションを予約した日が近づいてきたり、その当日になると、急に身体に違和感が出てきたり、ざわざわと騒がしくなることがあります。

予約をする時点では、「なんとなくそろそろ受けてみようかな」という程度なのですが、2、3日前になると、身体が慌てて何かを訴え始めるような感じです。

それでも実際にロルフィングを受けると、その痛みや違和感があったところに、自然にロルファーの手が集まってきて、騒がしく何かを訴えたかった身体は落ち着きを取り戻していって、最終的には納得してくれたようにスッキリとします。

自分がロルフィングをする側になっても、今回のBさんのように、「最近調子が良かったのですが、数日前からまた痛みが出てきました」ということが、たまに起こります。

このことに関しての理由を、2つの視点から考えてみようと思います。

1つ目は、「クライアントさん自身が、身体に関心を向けるから」という、「クライアントさん→身体」方向の視点です。

そして2つ目は、「身体が、そこに何か異常があるということを、クライアントさん(そして、ロルファー)に気づいてほしいから」という、「身体→クライアントさん」方向の視点です。

(※説明のために視点を2つに分けていますが、結局は同じ現象を違う視点から見ているだけです。そのために、説明の内容が似ていたり、重なったりすることもありますが、あまり細かいところには注目せずに、「全体をぼんやりと俯瞰するような感じ」で読んでもらえたらうれしいです。)

それではまず1つ目の、「クライアントさん自身が、身体に関心を向けるから」の方から説明したいと思います。

普段、私たちが日常を暮らしていて、自分の身体で何が起きているのかを、時間を取ってゆっくりと観察してみるという機会は、なかなかないかと思います。

「坐骨に乗っている体重は左右均等かな?」
「呼吸が通っていないところはあるかな?」
「身体の中に不自然な緊張はないかな?」

こういう時には、自分の意識は「内側」を向いています。つまり「身体の内側で何が起こっているのか?」をモニターしているような状態になっています。

それがとても集中している状態であれば、「瞑想状態」と呼ばれる状態になります。

そうすると、身体に何か不具合や問題があったとしても、「初期」の段階で気づくことができるのですが、先に書きましたが、なかなかそんな風に生活している人はいません。

スポーツ選手やダンサーなど、「身体を資本に仕事している人」であったり、お寺のお坊さんなどの「修行をしている人」でもない限り、身体の内側を見つめることを「日常的な習慣」とするのは難しいかもしれません。

それでは、普段の私たちはどうなっているのかというと、自分の「外側」に注意や意識を向けています。

「お昼ごはん何食べようかな?」
「電車の前に座っている人、すごくキレイな人だな」
「この前上司に言われた言葉が、どうしても許せないな」

これらは、自分の外(環境)で起こっていることや、過去や未来のことに焦点が合っている状態です。

これ自体が悪いわけではなく、そのおかげでとっさの危険を避けることができたり、何かを予測して行動することができます。

でも、そればかりが続いてしまうと、身体で何が起こっているのかの情報が薄れてきて、「自分の身体の現在の状況」を正確に把握しづらくなってしまい、何を身体が伝えようとしているのかにも気づきにくくなります。

個人的に、現代の多くの人が抱えている「漠然とした不安」というのは、「頭」が「外側(環境、時間)」に意識を向けすぎてしまうことで、「身体(内側)」で起こっていることをないがしろにしてしまっているのが、主な原因かなと思っています。

なるべくなら、そういう時間を意識的に持つことができるといいのですが、それが難しいので、「自分の身体に向き合う時間を買う(または、そう導いてくれるガイドを持つ)」という意味合いで、「ロルフィング(またはその他のボディワーク)を受ける」ことが、これからの時代は価値が出てくると考えています。

ロルフィングは、ガイド役のロルファーがいて、その適切なガイドによって、「自分の身体がどうなっているのかを深く感じる」ことができます。

ロルファーが身体に触れることで、そのタッチの刺激によって、自分の身体の中で何か反応が起きます。それを眺めることが、自分の「内側」に意識が向いている状態ということになるのです。

そうすると、この身体の中に元々備わっている、「自然治癒力」が適切に働き始めるようになり、その結果として、必要のない痛みや違和感はなくなっていくというプロセスが起こります。(この詳しい説明は、モニターEさんのセッション6に書いてありますので、そちらも読んでみてください。)

さらに、それはセッション以外の場面にもつながっていって、自分の身体が現在どうなっているのかを、定期的に観察するという「習慣化の構築」にまで、発展していきます。

それ故に、ロルフィングを始めたアイダ・ロルフさんは、「私たちはセラピストではなく、教師なのです」と、生徒たちに繰り返し説いていたようです。(ただ痛みを取り除く「治療」なのではなく、なぜその痛みが出てきたのか、自分の身体が今どんな状態なのかを、受け手自身で気づけるように導く「教育」的な側面が強いということです。)

そういうわけで、スケジュール帳を見て、「そろそろロルフィングだな」と思うと、レッスンや習い事の前のように、宿題をまとめてやり始めたり、課題の練習を慌ててしたりと、「何か身体の中で問題はないかな?身体が伝えたい事は何かな?」と、ロルファーに会う前に、自然に身体の内側に意識が向かうようになります。(できれば、前もってやっていてほしいのですが。)

そして意識が向けられた結果、何か問題があるところが、「メッセージ」として身体に痛みや違和感を出すようになるのです。

まずは「関心を向ける」ということ。

問題が適切なプロセスを経て解決していくには、そこがまずは大切なポイントになります。


メッセージの宛先が自分だと気づくこと、
そして内容を読み解くということ

そして2つ目の視点は、「身体が、そこに何か異常があるということを、クライアントさん(そして、ロルファー)に気づいてほしいから」ということですが、1つ目の視点でも説明したように、まずはクライアントさんの頭が、身体に意識、関心を向けます。

そうすると、それに対して身体が、「(意識を向けて、関心を持ってくれることを)待ってました。あなたの身体の中には、まだ改善しなければいけない課題、問題がありますよ」と、痛みや不調を通して「メッセージ」を送ってくれます。

それはクライアントさん自身に向けられたメッセージでもありますし、第三者のロルファーの僕にも向けられたメッセージでもあります。

ここで大切なことは、「まずはそのメッセージをきちんと受け取り、そしてそれを読もうとする態度を取る」ということです。

誰だって誰かに手紙を送って、それを受け取りもしなかったり、そのままゴミ箱に入れられたりしたら傷つくと思います。

身体だってそれは同じです。

まずは「このメッセージの宛先は自分なんだ」と、「自分事として受け止める」ことが必要なのです。

そして、その身体からのメッセージは、慣れていないと多少わかりにくいところもあるので、そのために第三者の「身体からのメッセージの通訳者」とも言えるロルファーが間に入り、それを一緒に読み解いていくのです。

メッセージの「送り主」としての身体は、何も本当にあなたをただただ苦しめようと思って痛みを作り出しているのではなく、「わかってほしい(理解してほしい)」と願っているのです。

きちんとそれを「受け止め」、そして正しい形で「理解」されると、身体も納得してくれて、もう痛みや違和感を作り出す必要がなくなります。

今回のBさんの腰の張りに関しても、適切なところに手を置いて、きちんと身体の言い分を聞いてみると、自然にゆるんできて、張りもなくなっていきました。(すぐに落ち着いてきてくれたということは、Bさんが普段から自分の身体に関心を向けているからだと思います。)

先にも書きましたが、本来であれば、たまに「自分の身体の内側に意識を向けてあげる」ことが「習慣化」していれば、そこまで痛みや違和感も強くも出ないと思うのですが、それに「気づきもしない」または「無視」していると、ロルフィングを受ける前に、突然身体がかなり激しい口調で物申してきたりすることもあります。

そういう場合は、身体が普段から痛みというメッセージを送っても、何も反応をしてくれないので、「愛想を尽かす」状態になってしまっているとも考えられます。

そして予約前になったら、愛想を尽かしているクライアントさん自身にではなく、「(話をわかってくれそうな)ロルファー」に対して、「(普段よりも強い場合もある)メッセージ」を出すこともあるのです。

もしもロルフィングの予約前に、かなり強い痛みが出てきたとしたら、「最近、身体からのメッセージを聞いていたかな?」と振り返ってみてもいいかもしれません。


元が正されれば、すべてのものは適切に落ち着く

感想の中にありますが、Bさんは「あれ、かなり痩せました?」と、周りが気づくくらいに体重が落ちてきているようです。

Bさんにいろいろと聞いてみると、別に特別なことはしていないらしく、食べる量が「適切な量」に変化してきて、元々の10シリーズを始めた頃が、今までの自分からすると「異常」だったようで、体重も「適切な範囲」に落ち着いてきてくれたみたいです。

今までも「体重が落ちました」という人はいたのですが、それでも「12kg」はすごいなと思います。

ロルフィングによって「元を正す(ベースラインが整う)」ことができると、痛みがあるかどうかも、筋肉の張りの状態も、関節の位置関係も、高過ぎたり、低過ぎたりする血糖値、血圧などの検査値も、薬を飲む量も、寝付きの良さも、肌のツヤやむくみも、身体の中で起きていることなら「すべてが適切な状態に落ち着く」ということが起きることが考えられます。

現在では、上に挙げたそれぞれが、病院の中でも違う科で扱うものであったり、接骨院でもそれぞれの得意分野があったり、エステなどの美容系に行かなくては行けなかったり、スポーツジムやヨガなどで運動をしなければいけなかったり、「別個のもの」として捉えられるのが一般的です。

だからと言って、「ロルフィングを受けると、そういったものがすべて解決しますよ」とは、言いたくはないのですが、控えめに言っても、「それぐらいのことが起こってもいいだろう(不可能なことではないだろう)」と、僕は割りと期待しながら、前向きにロルフィングしています。

プロとして最低限、みなさんが期待されることは達成するのはもちろんですが(痛みをなくしたい、姿勢の歪みを整えたいなど)、最初に期待されること以上のことを起こしたいとも考えています。

「さすがにこの薬は長年飲んできたものですし、これを飲まないと不安なので、そこまでは期待してないのですが、せめて腰の痛みはなくなってほしいです」などと言われると、腰の痛みはもちろんですが、薬の量も変化が出てきてくれればうれしいなと思ったりもします。

Bさんも残り半分となりましたが、身体の構造のバランスがもっと高いレベルで統合されてきて、快適で自由な感覚を取り戻していってくれればいいなと思います。

次のセッションも楽しみにしています。




Yuta

( Posted at:2018年1月10日 )

1月、2月のロルフィング説明・セッション見学会。

ロルフィング説明・セッション見学会.jpg

昨年からしているのですが、festaで僕が提供している〈ロルフィング〉というボディワークの、「わかりやすい説明」と「実際のセッションの見学」をしてもらえる機会を「毎月」作ることにしました。

いろんな方に参加していただけるように、平日にしてみたり、週末にしてみたり、時間を変えてみたりしているところです。

「整形外科、接骨院、整体、カイロ、マッサージと何が違うの?」
「施術は痛いの?」
「どんな人(僕のことです)がしてるの?」
「どんなことするの?」

などなど、みなさんが疑問に思ったり、いまいちよくわからないことにお答えできたらと思います。

ロルフィングを体験できるところは、東北では数カ所しかなく、山形では、こことんがりビル3階のfestaだけになります。

どなたでも参加できますので、ぜひ気軽にご連絡ください。

電話:090-4476-6395(大友)




Yuta

( Posted at:2018年1月 5日 )

A-Yogaレッスン 1月のスケジュール

新年あけましておめでとうございます。

今年もfestaのA-Yogaをよろしくお願いします。


年末年始は主人の実家の秋田に帰省するのですが、

今年は雪がたくさん積もっていて、

3歳半の息子は犬のように雪の中をかけまわって遊んでいました。

やはり自然の中で遊ぶのが一番楽しそうです。


遅くなりましたが、1月のレッスンスケジュールをお知らせします。

今年から他の仕事もすることになったので、

お休みをいただくことも多くなり、不規則なスケジュールになります。

みなさまには大変ご不便をおかけしますが、

ご理解いただけたらと思います。


今年も一人ひとりの方の身体に合わせたヨガを心がけ、

笑顔の多い一年になるようにお手伝いできたらと思います。


IMG_6303.JPG


◯A-Yoga定期レッスン

 毎週
 月曜日 14:00 - 15:30
 木曜日 18:30 - 20:00
 金曜日 10:00 - 11:30
 土曜日   9:00 - 10:30

お休み 6日(土)、12日(金)、18日(木)、27日(土)
    
回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
         10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)


◯maaruでつながるYoga

1月10日(水)、24日(水)
どちらも11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

ヨガタイムの後は、ドーナツランチがあります。
毎回違うスペシャルドーナツが登場します。


IMG_6320.JPG
小さなお子さんがいらっしゃっても大丈夫です。


IMG_6322.JPG
【前回のドーナツランチメニュー】 
・ビーツとベーコンとチーズの包みドーナツ
・りんごと玉ねぎのスープ
・ノウマドさんのさつまいも


IMG_6321.JPG
参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。

ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。

みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko

( Posted at:2018年1月 5日 )

A-Yogaレッスン 12月のスケジュール

12月に入り、寒さも一層増してきましたね。

そんな中、街ではあちこちにクリスマスの飾り付けがしてあって、

なんだか気持ちもワクワクしてきます。

そしてあっという間に、年末を迎えようとしています。

今年1年を振り返ってみると、

様々な場所でヨガのレッスンをさせていただきました。

場所で言えば、県内だと湯野浜、赤湯、上山、遠くは横浜など、、

行く先々で身体を動かすことの楽しさや、

自分の身体への気づきを大切にしてやってきました。

そして終わった後の皆さんの笑顔を見るとすごく元気が出ました。

たくさんの出会いに感謝しています。

ありがとうございました。

来年もどんな出会いがあるかとても楽しみです。


ご連絡が遅くなりましたが、12月のレッスンスケジュールになります。

快適な身体で来年を迎えましょう。

今月も宜しくお願いします。

festaパンフレット(カレンダー_2017).numbers-2017年12月.jpg


◯A-Yoga定期レッスン

 毎週
 月曜日 14:00 - 15:30
 木曜日 18:30 - 20:00
 金曜日 10:00 - 11:30
 土曜日   9:00 - 10:30

お休み 28日(木)、29日(金)→年末年始のお休みのため

回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
     10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)


◯maaruでつながるYoga

12月13日(水)、27日(水)
どちらも11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

ヨガタイムの後は、ドーナツランチがあります。
毎回違うスペシャルドーナツが登場します。

S__64831497.jpg
ヨガがはじめての方でも丁寧に指導しています。


S__64831492.jpg
【前回のドーナツランチメニュー】 
・ドーナツバケットでクロックマダム風
・野菜ゴロゴロミネストローネ
・ドーナツ小屋のガトーショコラ


S__64831494.jpg
参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。

ご予約、またはお問合わせは、

電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。

みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 


Ryoko

( Posted at:2017年12月 5日 )

11月、12月のロルフィング説明・体験会の予定です。

ロルフィング説明・体験会(2017年11、12月).jpg

「ロルフィングって何ですか?」という質問は、ロルファーになって以来、初対面の人にはほぼほぼ尋ねられる質問なのですが、いまだにうまく答えることができない時もあります。

すごく興味があって聞いてくれる人なら、まだいろいろな例えを用いて説明したり、具体的なケースなどを紹介したりもできるのですが、「今日は寒いですね。先週末も大分寒かったので、家に篭ってDVDを観ていました。大友さんは何をしていました?」くらいの、話の流れの中で(とりあえず)聞いてくれている人の場合は、「一言で、完結に」とはなかなか難しくなります。

でも、答えたくないと思っているわけでもないですし、そんなにロルフィングは小難しいものでもないので、「説明・体験会」をしていこうと思います。(「立ち話もなんですから、ゆっくり腰を下ろしてお話しませんか?」ということです。)

「毎月」開催していこうと思っているので、その季節ならではの話題や、最近世間で話題になっていることや、個人的に気になっていることなどを交えながら、楽しく「ロルフィングの説明と体験」ができればなと考えています。

コーヒーやチャイを淹れるのも得意なので、温かいものでも飲みながら、参加者の方と気軽にいろいろとおしゃべりしながら、参加するだけで身体の豆知識が得ることができたり、身体が少し楽になるのを体験してみてください。

▷開催日時を変更しました(11月18日)

日時 11月開催日:11月12日(日) 14:00 - 16:00 
   12月開催日:12月9日(土)    14:00 - 16:00 
          12月20日(水) 10:00 - 12:00 
料金 2,000円(定員6名)
場所 Rolfing House festa(とんがりビル3F)

お申込み info@rolfing-festa.com / 090-2954-8207
    ※説明・体験会は「要予約」になります。




Yuta

( Posted at:2017年11月 9日 )

11月25日(土)は山本邦子さんのヨガセミナー。

A-Yoga山形セミナー_2017年11月.jpg

festaでは、ロルフィングとヨガを提供させていただいていますが、そのヨガは「A-Yoga」というものが基本になっています。

そのA-Yogaの代表である「山本邦子」さんに山形に来ていただいて、「呼吸できる身体の基本を学ぶ」というタイトルでセミナーをしてもらうことになりました。(2年前にもセミナーを開催したのですが、その時の様子はこちらをご覧になってください。)

邦子さんは、最近引退された宮里藍選手を身体面で長年サポートされてきたのを始め、数々のトップアスリートから信頼されている一流の指導者の方です。

今回のこのセミナーはヨガが初めての人でも、ヨガを指導している先生であっても、普段ランニングをしたり、ジムに通ったりして運動をしている人でも、そうでない人でも、身体に関する知識があるないにも関わらず、「どなたでも参加可能」です。

内容としては、上のチラシにもありますが、「呼吸の質の悪さは、動きの質の悪さ 呼吸の質の悪さは、慢性的な痛みの原因」ということで、「呼吸」に焦点を当てながらも、それをいわゆる「呼吸法」などでコントロールするというのではなく、「身体を整えたり、動きの質が高まる結果」として、呼吸が変わってくるということを体感してもらうものになります。

とてもシンプルなアプローチで、身体が整ってきたり、動きの質が高まると、自然に呼吸は広がり、自由さを取り戻します。

ぜひなかなかないこの機会に、邦子さんの一流の指導を体験してみてください。


「呼吸できる身体の基本を学ぶ」

日時:2017年11月25日(土)
   9:30 - 12:00 ※受付開始 9:00
料金:5,000円(定員25名)
場所:洗心庵
   〒990−0041 山形市緑町1丁目4番28号
お申込み:A-Yoga事務局 ayoga.seminar@gmail.com




Rolfing House festa

( Posted at:2017年11月 2日 )

A-Yogaレッスン 11月のスケジュール

11月に入り、紅葉もきれいに色づいてきました。

やっと秋らしいお天気が続き、気持ちのいい空を眺めたり、

子供と一緒に今日のお月さまは大きいね〜。

なんて言いながらお月見をしています。


今月は、A-Yoga を主催している山本邦子さんが

午前中は、一般の方向けに呼吸に関してのセミナーを行います。

邦子さんが山形に来てくれるだけで嬉しいのですが、

A-Yogaで大事にしていることを楽しく

邦子さんから学べる機会ができ嬉しく思っています。


すっかりスケジュールのアップが遅くなってしまいましたが、

11月のレッスンスケジュールをご案内します。

festaパンフレット(カレンダー_2017).numbers-2017年11月.jpg


◯A-Yoga定期レッスン

 毎週
 月曜日 14:00 - 15:30
 木曜日 18:30 - 20:00
 金曜日 10:00 - 11:30
 土曜日   9:00 - 10:30

お休み 3日(金)、17日(金)
    23日(木)振替 → 22日(水)18:30 - に変更
    25日(土)→ヨガセミナーのため休み(下に詳細があります)

回数券:2,500円/1回
    6,500円/3回
     10,000円/5回
    15,000円/10回
 (どの曜日でも使用可、期限なし)


◯山本邦子さんによるヨガセミナー
「呼吸できる身体の基本を学ぶ」

A-Yoga山形セミナー_2017年11月.jpg

festaの提供させていただいているヨガは「A-Yoga」が基本になっていますが、その代表をされている「山本邦子」さんに山形に来ていただいてセミナーを開催します。

邦子さんは、最近引退された「宮里藍」選手をはじめ、様々なトップアスリートをサポートされている一流の指導者の方です。

なかなか一般の方が、その技術に触れる機会というのは、全国を見渡してもないのですが、山形でそのチャンスがあります。

どなたでも参加できるセミナーですので、ぜひご参加ください。

セミナーの詳しい説明は、こちらのブログをご覧ください。


◯maaruでつながるYoga

11月15日(水)、29日(水)
どちらも11:30 - 13:00(ヨガ60分+ランチタイム)

場所:ドーナツ小屋 maaru

料金:2,500円/1回

ヨガタイムの後は、ドーナツランチがあります。
毎回違うスペシャルドーナツが登場します。

S__58089480.jpg
ヨガがはじめての方でも丁寧に指導しています。


S__58089481.jpg
【前回のドーナツランチメニュー】 
・もつモッツァレラカレーのサンドドーナツ
・かぶとカリフラワーのポタージュ
・里芋のパンナコッタ
・うおじさんのかぶのカルパッチョ(オマケ)


S__58089479.jpg
参加者みんながつながる楽しいレッスンです。




以上のヨガレッスンは全て「要予約」となっています。

ご予約、またはお問合わせは、

メール: info@rolfing-festa.com
電話:090-4476-6395(大友)

までご連絡をお願いします。

みなさまの参加を楽しみにお待ちしています。

 

 
Ryoko

( Posted at:2017年11月 1日 )

12月の東京出張ロルフィングのお知らせ。

神戸には2ヶ月に1度ほどのペースで出張して、そこでロルフィングセッションをするというのを、もうかれこれ3年以上続けています。

実は東京でも、ペースが遅いのですが、出張をしてロルフィングをしています。

東京にはたくさんの認定ロルファーさんがいらっしゃるので、ロルフィングの特徴である「10シリーズ」は提供せずに、「単発」でのセッションをすることにしています。

山手線ホームの音楽を聞くだけで、「東京に来たんだ」と緊張する僕ですが、最近は少しずつ東京を楽しめるようになってきました。

何気ない路地を散歩したり、昔からの喫茶店だったり、地元に愛されるごはん屋さんを巡ったりすると、「東京も悪くないな」なんて思うこともあります。

12月の中旬に東京で出張ロルフィングをする案内を載せます。

興味のある方は、ぜひ気軽にご連絡ください。


IMG_5157.JPG


(予約状況は12月10日現在です)


12月15日(金)

①10:30 - 12:30 ○
②13:00 - 15:00 ○
③15:00 - 17:00 ×
④17:00 - 19:00 ○
⑤19:00 - 21:00 ○


12月16日(土)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③13:00 - 15:00 ○
④15:00 - 17:00 ○
⑤17:00 - 19:00 ×
⑥19:00 - 21:00 ×


12月18日(月)

①11:00 - 13:00 ×
②13:00 - 15:00 ×
③15:00 - 17:00 ×

・時間には、説明、問診、着替えの時間も含まれます。
・待合室はありませんので、予約時間にお越し下さい。

【場所】東急田園都市線 桜新町駅 徒歩10分程度
            ※住所の詳細は予約された方にお伝えします。

【料金】13,000円

【服装】襟付きのシャツ、伸びないジーンズ、スカートなどは避け、
    身体を締め付けない楽な服装

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2017年10月20日 )

2人でロルフィングを受けてくださったご夫婦のこと。

ご夫婦で10シリーズを受けられた方が今日で終了。

カレンダーを確認したら、2月にお二人で体験セッションを受けていただいて、そこから毎回のように一緒にセッションにいらしていました。

どちらかがセッションを受けている間も、どこかに出かけるでもなく、同じく部屋にいて、本を読んだり、お昼寝したり、たまに何をしているか覗いてみたり、とても仲の良いご夫婦で、こちらが見ていてにんやりしてきます。

「赤ちゃんが欲しいんです」

と言われていたのが体験の時で、何かロルフィングが力になれたらいいなと思っていました。

奥さんは介護の仕事をされていて、職業柄、腰痛に悩まされいて、コルセットを手放せない生活が長年続いていたようでした。

旦那さんは長時間のデスクワークの影響で、慢性的な腰痛と肩こりがありました。

コルセットで体幹を固定すると、痛みが出る動きを制限できるので、痛みは出にくくなるのですが、そうやって腰全体を固めていると、その周辺の筋肉が凝り固まってきて、血流などの行き交うものの流れも淀んできて、それが腰痛を引き起こすようになります。

身体の構造を観察してみると、骨盤がねじれた位置にあり、それとバランスを取るように胸郭もねじれ、膝は内側に入り、膝周辺をロープでくくられているように窮屈に見えました。

実際に身体に触れてみると、健康的な身体は、ふかふかしていて柔軟性があって、中に生き生きとした動きがあるものなのですが、その真逆のような感じで、組織に元気がないような感触でした。

そんな状態からスタートして、1回ずつ丁寧にセッションをしていって、10シリーズも中盤に入る頃でした。

「コルセット外してみたんです。でも意外に大丈夫でした」

驚いた一言でした。

僕からコルセットを外してくださいと言ったわけではなく、自分自身の「なんとなく外してみようかな」という感覚に従って外してくれて、そして痛みもないようなのです。

自然に生まれてきた変化でした。

その後も痛みがぶり返すわけでもなく、仕事もコルセットなしでできているようでした。

夏の頃には、「コルセットをすると、汗疹ができやすくなって、毎年夏が大変だったんです。それでも、腰が痛くなるのが怖かったので、コルセットを手放すことはできませんでした。今年はそれがないから快適です」とのこと。

歪んで見えていた構造も整い始め、かなり目を凝らさないと、元がどんな感じだったか思い出せないほどになってきました。

旦那さんの方は、かなり身体が硬い方だったのですが、こちらのタッチに対する反応が良く、回を重ねるごとに腰痛は気にならなくなり、肩こりもだいぶなくなってきているようでした。

そして10シリーズもそろそろ終わりに近づいてきた頃でした。

「赤ちゃんができました」

自分事のように嬉しい報告でした。

「このお母さんに生んでほしい」と、赤ちゃんが親を選んでいるというストーリーが僕は好きで、素直に僕もそうなんだろうなと信じています。

コルセットが常に巻かれて圧迫され、組織も活力を失っているような状態では、赤ちゃんも望んでそこに命を宿そうとは思わないのかもしれません。

元々、赤ちゃんが欲しいという強い思いがあったので、自然にロルフィングまでたどり着いて、身体の構造が整い、それを包む組織も生き生きとしてきたから、授かるものが授かれたのかなと考えています。

神様からの素敵な素敵なギフトです。

ロルフィングが全てを解決したわけではなく、あくまで自然に整っていく力(自然治癒力)の流れに、うまく乗れたのだと思います。

人間の身体は不思議です。

少しのきっかけで、歪み、痛みもあった身体が、今では愛と祝福に満ちたものにまで変わっていきます。

お二人の身体と関わらせていただいて、そしてこんなに素晴らしい瞬間まで共有できて、本当にありがたいなと思います。

これから生まれてくる赤ちゃんが、二人をさらに明るく照らしてくれることと思います。

ロルフィングを受けていただいてありがとうございました。


E7CE73FB-432D-4413-B7E6-A0FF658950B7.JPG




Yuta

( Posted at:2017年10月17日 )

(残り3枠)2017年11月の神戸出張ロルフィングのお知らせ。

山形は秋の風物詩「芋煮」の季節になりました。

週末になると、川原に家族や友人、同僚で集まって、収穫された秋の味覚を大きな鍋でクツクツと煮込み、みんなでそれを囲みながらいろんなことを語らう時間です。

蔵王の山頂付近では紅葉も始まり、それが徐々に僕たちの住む麓まで下りてきています。鮮やかな色が、波のように押し寄せてくるこの季節は、僕の大好きな季節です。

11月の後半に神戸に出張して、またロルフィングをさせていただくことになりました。

今回も2箇所での施術になりますが、まだ未定なところもあるので、詳細は予約をされてからのお知らせになります。

寒い冬が訪れる前に、身体のリセット、リフレッシュが必要な場合には、ぜひご予約ください。

CC543F1D-5107-4A3A-B072-5661F67CF154.JPG


(予約状況は11月14日現在です)


11月26日(日)

①14:00 - 16:00 ×
②16:00 - 18:00 ×
③18:00 - 20:00 ×


11月28日(火)

①14:00 - 16:00 ×
②16:00 - 18:00 ×
③18:00 - 20:00 ×


11月30日(木)

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ×


12月1日(金)

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ×


【場所】
2ヶ所でのセッションになりますが、どちらも「三ノ宮駅から徒歩10分以内」の場所になります。ご予約いただいた方には場所の詳細をお知らせします。

【セッション料金】
 12,000円

【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2017年10月11日 )

前の10件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ