ロルフィングハウス フェスタ FESTA

東京で出張ロルフィングします。

東京での出張ロルフィングは、以前からお知り合いの方だけに連絡をして、ちょこちょことしていました。今回から、新規の方でも、festaのロルフィングを受けてもらえることになりました。以下がその案内になります。


3月24日(木) 
セラピースペースパレット
※詳細は下をご覧ください。

①10:00 - 12:00 
②12:00 - 14:00 
③14:00 - 16:00 
④16:00 - 18:00 
⑤18:00 - 20:00 


3月25日(金)
セラピースペースパレット

①10:00 - 12:00 
②12:00 - 14:00 
③14:00 - 16:00 
④16:00 - 18:00 


3月26日(土)
桜新町駅周辺
※詳細は予約された方にご連絡します。

①  9:00 - 11:00 
②11:00 - 13:00 
③14:00 - 16:00 
④16:00 - 18:00 
⑤18:00 - 20:00 


【料金】
13,000円(税込)

【場所】
・セラピースペースパレット(東西線神楽坂駅近く)
 〒162-0816
 東京都新宿区白銀町2-12 SILVER HILLS 201号室
 http://ts-palette.com/map.html

・桜新町駅周辺
 予約後に、詳細をメールします。

【予約方法】
①電話   090-2954-8207(大友)
②メール  info@rolfing-festa.com

【注意事項】
出張でのロルフィングになりますので、基本的には「単発」でのセッションになります。ロルフィングの特徴である、「10シリーズ」をご希望の方は、ご相談ください。


東京にはロルファーさんがたくさんいらっしゃるので、違うタイプのロルフィングを受けてみたい方や、もちろん全くロルフィングを受けたことのない方でも、いろんな方に受けてもらえたらと思います。3月のその頃は、東京は桜が咲くんですかね。咲いてたらすごくうれしいです。ご予約、お問い合わせお待ちしています。




Yuta

( Posted at:2016年2月18日 )

モニターBさんの感想 (セッション10 | 40代 女性) 破篇

序編」では、ロルフィングの特徴である「10シリーズ」は、「身体の不調の改善」だけではなく、「その人の存在が、まるごと大きく変容してしまうような体験」をすることもあり、それを禅の「十牛図」と照らし合わせながら、「10シリーズの深読」をしていってみました。

破編」は、その続きの「セッション4〜7」になります。

実際に、ロルフィングの創始者である「アイダ・ロルフ」さんの思い描いていた「ビジョン」というのは、「全身のバランスや統合であり、バランスの取れた人間には何が起こるかなど、症状を取り除くことよりも人間の進化の可能性の方に興味を持っていたようです。日本ロルフィング協会HPより引用)」ともあるように、「人間の進化の可能性」に注目していたようです。

さらに日本ロルフィング協会のHPを見てみると、以下のような説明もあります。

・・・・・

人間性回復運動の潮流に乗る

1960 年代のアメリカでは、主に心理学を中心として、人間の潜在能力を探求しようとする潮流人間性回復運動Human Potential Movement)が起こっていましたが、その中心の1つに、カリフォルニアのエサレン研究所がありました。人々はそこで温泉や海辺の自然環境に浸りながら、心理療法、身体療法、芸術などを体験し、学ぶことができました。ゲシュタルト療法の創始者 Fritz Perls も当時エサレンの住人でしたが、紹介されてロルフ博士の施術を受けたところ、身体的にも精神的にも健康になったことに感銘し、ロルフ博士の施術がエサレンの活動に取り入れられるようになりました。

・・・・・

つまり、ロルフィングは、「人間の潜在能力を探求するもの」としても行われていたということです。

Bさん以外のモニターの方の感想を見ても、「身体の症状」がセッションを重ね、時間をかけていく中で、次第にそれが薄れていって、気づいたらそれほど気にならなくなっていくだけではなく、自分の身体の知覚、感覚が「より微細に」になったり、「過去の体験」をふと思い出すことがあったり、「自分の人生の目的」に気づくことができたり、エネルギーなどの「目に見えないもの」に対しての感覚が開かれていく方もいました。

人間の身体」という「宇宙自然)」に、深く丁寧に向き合っていくと、本当にいろいろなことが起こるのですが、そこで僕はとても多くのことを学んでいます。

そして、その「潜在能力の深さ」に、いつも驚き、魅了され、感動しています。

それでは、さらなる「人間の進化の可能性」を求めて、一緒に「永い旅」に出かけてみましょう。




第四図「得牛(とくぎゅう)」
"Catching the bull"


牛を捕まえようとする

いよいよ必死の思いで「」を捕まえにかかります。

しかし、牛の気性は荒く、力は強靱で、簡単にはいきません。

まだまだ、「力に頼ろう」としてしまい、「力めば力むほどに逃げられて」しまう。

逃げた牛は、たまに遠くの丘の上に姿を見せたりもしますが、すぐに霧と雲に包まれた森の奥へと隠れてしまいます。


○セッション4
骨盤がオープンになり、ラインが生じ始める

10シリーズでは、「深層のセッション(セッション4-7)」に入ります。

表層のセッション(セッション1-3)」によって、身体の「ベールが外される」ので、より深い領域へのアプローチが可能になります。

この「深層のセッション」になると、ロルフィングで大切にしている「ライン」が、身体の構造を支えてくれるようになってきます。

地面にしっかりと「グランディング」しながら、身体は上に向かって「伸びていく」のです。

5472b76cc0150eb9e17f4a069c4db722.jpg

「ライン」が地面と「接続するInterface)」部分は、「セッション2」でオープンになりました。

そのラインの「土台Foundation)」となる部分が確立してくるには、「」の構造のバランスが重要になります。

「セッション3」では「脚の外側」を解放しましたが、「セッション4」では「脚の内側」に注目していきます。

具体的には、「内転筋群」に対してアプローチすることと、「骨盤底膜」をオープンにします。

骨盤底膜は、「生殖器」が位置していて「センシティブ」なエリアですし、「感情のトラウマ」がそこに蓄積されていることもあります。

・・・・・

創造のサイクルの第4ステップは、常に危機的な領域です

ロルフィングとは1つのプロセスなのだと覚えておくことが重要です。4時間目は新しい一連の問題をあらわにします

・・・・・

この2つの言葉は、アイダさんが「セッション4」を説明する時に語ったもので、その人の「既存の土台(構造的には「骨盤底膜」であり、心理学的には「アイデンティティ」)」が「揺さぶられる」ことを示唆しています。

生殖器がある「骨盤底膜」は、「秘められている」場所であり、簡単に他人には「明け渡さない」のはもちろんのことで、そこを「解放」し、「オープン」にするということは、結果的には、その人個人の「心理面」までもがぐらぐらと揺らぐことになり、一時的に、「昔の古傷」などが出てきたり、「精神的に不安定」になったりするのも、この時期には起こる可能性があります。

自分の「奥に閉まっていたもの)」を捕まえようと、「深い領域」にアクセスすることになるので、それが「暴れ始める」ことがあるのです。

変わりたいはずなのに、変わりたくない元のままでいたい)」という、「ジレンマ」に戸惑う人も出てきます。

これは、武道家の「光岡英稔」さんの、Twitterでのつぶやきです。

光岡さんの講習会には何度か参加したことがありますが、現代格闘技が目指している「人よりも強くなるため」であったり、「誰かを倒すため」に武道を行うわけではなく、最初の30分は、ただ「しゃがみ込む」だけの稽古でした。

その中で、「自分の身体の中で起きていること」に「向き合う」のですが、途中で足がしびれてきたり、膝が痛くなってきますが、それだけに「囚われる」のではなく、あくまで「身体全体に目を行き届かせる」ようにしていると、次第にそういったものが気にならなくなってきて、余計な思考も静かになってきたのが驚きでした。

ロルフィングは、「痛みや不調の治療」や「症状の改善」を直接の目的にしているわけではなく、「その人の存在そのものが、まったく新しいものへと書き換えられていくプロセス」だと考えることができます。(序編で紹介した、「フォード」と「ジャガー」の話です。)

しかし、「人がまるで違う存在になったかのように、大きく変容するMetamorphose:メタモルフォーゼ)」というのは、そんなに簡単に起こるものではなく、「ずっと無意識に避けてきたもの」と「向き合う」ことが、どうしても必要になってくることもあり、時にそれは、「古傷が痛みだす肉体的な痛み)」ということや、「情緒が不安定になる精神的な苦しみ)」を伴うことがあります。

もちろん、すべての人がそれを経験することがあるわけでもありませんし、必ず経験しなければいけないということでもありません。

これらは、「産みの苦しみ」とも捉えられるかもしれません。

本気で自分を大きく変えよう」と思っているからこその、「乗り越えなければいけないプロセス」なのです。

それを「適切に経過する」ことで、その人の身体の構造の中に、「ラインの土台となるもの」が「発現」してくるようになり、それによって構造が支えられるようになり、「(その構造を保持するための)余計な力を手放す」ことができるようにもなります。

力を抜けば抜くほど」に、「ラインの恩恵を受ける」ことができるのです。

小さな赤ん坊は、重力の空間を自由に動き回ることで、次第に、「首が座り」、次に「腰が座り」、そして「立ち上がる」ようになります。親が手本を見せたり、教えることをしなくても、自然に身体の中に「ライン」が現れてくるのです。そして「力むことなく、ラインに身体を委ねる」ようにします。

ラインに委ねること」というのは、「(どの身体の構造にも)プログラミングされているもの」なのですが、それがいつのまにか、その「ライン」の存在を「忘れて」しまって、「重力と調和されていない姿勢」になっていってしまいます。

元々は、自分の中に自然にあった「ライン」を、ロルフィングによって「思い出していく」とも言えるかもしれません。




第五図「牧牛(ぼくぎゅう)」
"Taming the bull"


牛を手なづけ、導く

ようやく牛を「捕らえる」ことができました。

でも、ま手綱も鞭も「手放す」ことはできません。

牛は勝手に動き回り、埃や塵にまみれてしまいます。

すぐ隣に寄り添って、長い時間を「共に暮らせば」、やがては「なついてくる」でしょう。

そうすれば手綱を握っていなくても、独りでに「後を付いてくる」ようになります。


○セッション5
コアの空間が拡張して、本来の脚を見つける

最初は「力づく」で牛を捉えようとしていたのですが、「一緒の時間を過ごす」ことによって、少しずつ「何を伝えようとしているのか何を考えているのか)」がわかってくるようになります。

そうすると、手綱も鞭も「手放す」ことができるようになります。

僕自身、数年前に「」になりましたが、自分の腕の中で身を捩らせて泣いている「わが子」が、「何を伝えようとしているのか」がわからずに、最初の内は途方に暮れました。

その時に気づいたのですが、現代を生きる多くの人たちは、「言葉によるコミュニケーション」に頼り過ぎてしまって、「言葉にならないメッセージ」や、「言葉の奥や、その周辺に広がるイメージ」などを読み取ることが苦手になっているのかもしれません。

言葉に依存している」とも言えます。

そうすると、赤ん坊であったり、動物などの「言葉を話さない対象」に対しては、「どうすることもできない」状態になってしまう人さえいるかもしれません。

言葉」というのは、僕たちが考えているよりもずっと「」を持っています。

そして、それによって相手を「コントロールする」ことも可能です。

これはあまりにも、僕たち「人間という存在」が、「言葉に囲まれて定義されて絡み取られて)」しまっているので、意識することが少ないかもしれませんが、「言葉の発見」によって、人間は他の動物とはまったく違う方向へと歩み始めました。

他の動物は、「群れ」を作ったり、「集団」で行動をすることがありますが、それでも「ある程度の範囲」というのがあります。

猿などの動物では、人間のように「社会」を作ることはあるでしょうが、「国家」という単位でまとまる動物はいません。

それは、「言葉」によって可能になります。

戦のために、何万人の兵士同士がぶつかり合うことがありますが、そんなことは他の動物では起こりません。

領土を守るために」などの「(言葉によって多くの人が共有できる)大義」がなければ、それほどの集団がまとまることなどないのです。

最近でも、国同士で何か問題が起こることがありますが、それに対しての「(それぞれの国の文書による)公式見解」を発表することがあります。

そして、その「言葉の微妙なニュアンス」に対しての批判があって、それを「修正」したり、「撤回」するようなこともあります。

言ってみればそれは、「(言葉の力で)いかにこちらの意のままにコントロールするか」ということを、様々なレベルでしているのです。

出会い、言葉もなくぶつかり合う「ビッグホーン」

上の動画などわかりやすいのですが、「言葉による他者のコントロール」などというものは動物にはなく、「お互いに何かを感じ取って、有無も言わさずに」ケンカしています。動物はそれほどに「シンプル」なものです。

話を「十牛図」に戻しますが、「真の自己)」に対して、「手綱言葉)」によって「つながり」を保ち、「意識)」で「力づく」でこちらの意のままに「コントロール」しようと思っても、それではなかなかうまくいきません。

そしてそれは、「真の自己)」は「手綱と鞭言葉と意識を上手に使えばコントロール可能である」という考えが「前提」にあるからです。

」も、「」も、「赤ん坊」も、すべては「コントロール可能である」と思う人ほど、「言葉によるコミュニケーション交渉)」を重要視します。

けれども、そうすればするほどに、それらは「抵抗」してきて、なかなか思うようにはいかないものです。

このことを深く考えるようになったのは、神戸で仲良くしていたヨガの先生が、「瞑想」のセミナーをしている時に紹介してくれた、「心のわんちゃん」というコンセプトがきっかけでした。

それはまさに、この「牧牛」の状態を表しているかのようで、人間は「(ここでは「わんちゃん」と同義)をコントロールしたい」と思いますが、心というわんちゃんが右に行きたいと感じれば、それに付いていき、そこで少し休みたいと感じれば、一緒にそこで少し休んであげて、また動き始めたら、それに付いていくということを言っていました。

2人をつないでいるのは、「言葉」ではないかもしれません

そうしているうちに、次第に「わんちゃんの言い分」がわかるようになってきて、「言葉に頼らないコミュニケーション」ができてくるようになります。

それじゃ、わんちゃんの言いなりになってばかりで、振り回されるんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、「(自分の言い分が)通じている」とわんちゃんが感じてくれるようになると、そこまで「主人を困らせる」ようなことはしなくなっていくのです。

何か「全く通じていない」感じであったり、または「コントロールしようとしている意図」を、わずかにでも感じ取ると、それに対して「敏感に反応する」のです。

それは、「わんちゃん)」も、「」も、「赤ん坊」も、すべて同じです。

言葉に頼りすぎない」ということは、「コントロールしようという欲求を手放す」ことです。

最初のうちは、「言葉を手放すこと」、「無意識に委ねること」ということに「怖さ」を感じる人も多いのですが、「一緒の時間を過ごす」ことが長くなってくると、「考える」よりも先に「どうしたらいいのか」がわかってきて、「反射的に行動ができる」ようになります。

ロルフィングでもそれは同じです。

身体にも「身体の言い分」があります。

セッションを受ける前には、「自分の思い通りに身体や心をコントロールしたい(例:痛みから解放されたい、自由に動きたい)」と思っている人も多いのですが、「時間をかけることすぐになんとかしたいという欲求を諦めること)」、「相手を尊重すること身体の言い分に耳を傾けること)」、そして「共鳴呼応していくこと頭で考えることを手放し、身体に委ねること)」を大切にしながらセッションを進めていくと、次第に、身体が「(痛みや不調を通して何かを訴えてくること」も少なくなっていきます。

身体が「自分の言い分が確かに通じている」と感じてくれるようになると、様々な症状は自然に「消えて」いったり、「目立たなく」なっていくのです。

この「セッション5」の辺りまで「プロセス」が進んでくると、「自分の身体」というのは、「コントロール、支配したい対象」から「時間をかけて丁寧に観察する対象」への「変容」が起こってくるようになります。

これはとても重要な変化です。


元陸上競技400mハードル日本記録保持者の「為末大」さんのTweetです。

とても短い文章ですが、現役中は「求道者」と形容され、「数値による記録のみ」で優劣が競われる「陸上競技」の厳しい世界で、メダリストにまで辿り着いた方の「達観」した考えが示されていると思います。

この中で出てくる「メタ認知」という言葉の意味は、「自分から距離を取る」ことによって、「自分を俯瞰的に観察をする」ことができるようになることで、「自分をコントロールすることではない」と説明されています。

そしてそのためには、「自分はだいたい思い通りにならない」存在であることを、「受け入れる」ことが必要です。

陸上競技は、特に「いかに自分の身体を支配しコントロールするかどうか」が大切なような気もするのですが、「自分はコントロールできない」と言われているのが興味深いところです。

最近のテレビや雑誌などのメディアを見ていると、「強い体幹」、「ブレない軸」というような言葉をよく目にしますが、その「前提」にある考えというのは、「自分の身体はコントロール可能である」という「信念価値観)」ではないかと思います。

以前の「UNDER ARMOUR」のHPより

UNDER ARMOURアンダーアーマー)」という、世界的スポーツブランドがあります。

日本でも、多くのアスリートが使用している人気ブランドですが、数年前のキャンペーンで使われていたキャッチコピーが、「RULE YOURSELF自分を支配しろ)」というものでした。

このキャンペーンでは、日本の有名アスリートもモデルとして登場していて、もちろん、そういったアスリートの方たちが、このキャッチコピーで表現されているように、自分で定めた高い目標を達成するために、過酷な練習、トレーニングを重ね、日々の食事などの生活面も、「徹底的に管理」しているのは理解できます。

それを否定したいわけでは、当然ありません。

ただ、これを見た多くの一般の人たちが、「何かを得るためには自分を支配しなければいけない」という「信念」を、「過剰に大切にする」ことがないのかと心配しました。

僕も前職では、メダルを目指すようなアスリートをサポートしていた経験がありますが、「RULE YOURSELF」という「強いメッセージ言葉)」に込められた「真意」というのを、下のように想像しました。

それは、「身体自然はコントロールできないほど圧倒的な存在だ。それは理解している。けど、それでは、自分が人生をかけた目標は達成できない。だからこそ、綿密な戦術を立て、考えられるすべてのリスクに対して、徹底的に準備をして、可能な限りの最高の状態で臨むようにする。それでも、想定外のことが起こるのだができることはすべてする」ということだと思います。

これはすごく「開かれた」態度で、「他者他人環境との交流」を「恐れる」ものではありません。

しかし、このキャッチコピーを「文字通り」に受け取ってしまうと、「自分を律し誰からも左右されない強い自分をつくる」という態度を生み出しやすくなり、そこに人生をかけるアスリートほどの「覚悟」があればいいのですが、そこまで「強い意志」を持った人はそんなに多くはありません。

そうすると、そこから「(自分をコントロールすることで)相手をコントロールしたい」という欲求が「芽生える」ようになってしまうのではないかと思うのです。

それがさらに大きくなっていってしまうと、「外部から干渉されたくない」、「自分に関わってほしくない」と、「他者からの干渉」に対しての「潔癖なまでの拒絶」までもが出てくるようになり、結果的に「閉じた身体」になってしまう可能性も考えられます。

東京などに行って、久しぶりに山手線などに乗ると、フードをかぶって、イヤホンで耳を閉じて、「他者との交流」を「(なるべく)拒絶する」かのように見える人を見かけます。

そしてその一方で、東京では、丹念なトレーニング、綿密な栄養管理によって「完璧に鍛え上げられた身体」を手に入れた人や、ヨガのアーサナを深く深く突き詰めて、「誰にも揺らがされることのない軸」を作り上げた人にも出会うことがありますが、僕にはあの山手線で見た人とその人たちとが、「重なって」見えることがあります。

それは多分、「閉じた身体」であることが関係しているように思えます。

努力して何かを勝ち取る」であったり、「鍛えて誰によってもブレない自分をつくる」という「価値観」が、当たり前のものとして語られることが多いと思うのですが、この「牧牛」や「セッション5」の段階で大切なことは、「自分がコントロールできると思っているものを手放し時間をかけながら向き合っていくことで次第にその言い分がわかってくるようになりそれが本当の意味での安定を生む」ということなのかなと思います。


それは一言で言うと、「諦念諦めの境地)」ということかもしれません。

ロルフィングを学んでいる時に印象的だった言葉に、「Let go手放す解放する)」という言葉があります。

例えば、「Let go of your fear, and old patterns.あなたの恐れ古いパターンを手放しなさい)」であったり、「Let your body go.あなたの身体を解放しなさい)」というような使われ方をします。

このように、ロルフィングの中での「身体」という存在は、「Rule / Control支配する)」ものというよりは、「Let go手放す)」ものと捉えられていると、僕個人としては感じています。

繰り返しになりますが、「言葉」には「」があって、その「便利な道具」の「使い方」を気をつけなければ、「(無意識無自覚に)他者をコントロールする」ことも可能になります。

真の自己)」を求め、それを放さないように「摑む」のか、信じて「手放す」のか。

この「永い旅」の先へ進んでいくための、大きな「分かれ道」と言えるかもしれません。




第六図「騎牛帰家(きぎゅうきけ)」
"To back home riding the bull"


牛の背にまたがり、一体となり、家へと帰る

牛の背に乘って、自分の家へと「帰る」ことにする。

もう、牛をコントロールするための鞭や手綱は「手放した」のだ。

自分を探すための自分との戦い」は終わった。

牛を得るということも失うということもない」ことに気づいた。

牛の背にのんびりと横たわり、笛を吹き、目の前に広がる大空を眺めた。

笛の音の一つ一つの音に真実が宿っている」ことも、今ならわかる。

誰に呼びかけられても「振り向くこともなく」、引き留められても「止まることはない」だろう。

あえて「説明」などしなくても、この心境は伝わるだろう。


○セッション6
仙骨がバランスされ、自由になった背骨をラインが通り抜ける

真実の自己)」との長い戦いは終わり、「牛の言い分」がわかってきた私には、もう「手綱と鞭言葉と意識は不必要」になります。

私と牛は一体である」ことに気づくのです。

ずっと「」に探し求めていた「真の自己」は、実は「もうすでに自分の中にあったもの」と気づくのです。

だから、「家に帰る」ことにします。

僕自身の話になりますが、「身体に関わる仕事」を将来したいと思うようになったのは大学に入学してからで、「日本体育協会認定アスレティックトレーナー日本の公式なトレーナー資格の養成カリキュラム」もない大学で、「日本一のトレーナーを目指す」という、今考えると無謀な目標に向かってがむしゃらに勉強しました。

身体に関わる専門的な知識や技術は、大学にそのカリキュラムがないので、「トレーナーサークル」に入って、そこで先輩から学びました。

もちろん、その先輩も「身体の専門家」ではないので、どれだけがんばったとしても「学生レベル」を超えることはありません。

それだけでは物足りないので、日本各地で開催されている「セミナー(ワークショップ、講習会、勉強会、学会など)」に、手当り次第参加してみたり、本や雑誌にプロチームで活動しているトレーナーさんや、有名な治療家さんの情報が載っていれば、実際に連絡を取って会いに行くこともしていました。

今思えば、「学ぶ環境に飢えていた」のだと思います。

そんな中、1つ決めていたことがあって、活躍したり、有名な人に出会ったら「握手をする」ことにしていました。

そこでわかったことが、そういう人たちに共通していたことは、「手が大きく厚みがあってふかふかと柔らかく温かい」というものでした。

それに比べて、僕の手というと、「男性の割には小さく女性のように細い指で冷えやすい」という、全く正反対の手をしていました。

試しに、大学の同じサークルの友人たちと同じように「握手」をしてみると、何人か同じような手をしている人を見つけました。

「もしかして、高校の時とか、部活の先輩にマッサージとかしてた?」と聞いてみると、「後輩がマッサージをするという文化があって、先輩たちにうまいって言われて、指名されたりしていたよ」と教えてくれました。

特にその友人は、真面目にトレーナーの勉強をしているわけでもなく、ましてやマッサージなども専門的な技術も大学で学べるわけではないのですが、僕が全国を駆け回って出会ってきた「すごい人たち」と、「よく似ている手」をしていたのです。

その時に僕は、「これから先の時間を寝る間を惜しんでマッサージに捧げたとしても自分のこの手が彼の手のようになるイメージがつかない」と感じたと同時に、すでに彼は「ギフト」を授かっていて、その「手」があったからこそ、自分でも意図せずに「マッサージ」などの「人に触れる機会」を「呼び込んだ」のではないかと気づきました。

トレーナー」という仕事を想像すると、「マッサージ」と「テーピング」などは、メディアで取り上げられることも多く、「花形」というイメージがあったのですが、僕は「手を使った選手のサポート」に対して、早々と「見切り」を付けて、違う「生き残る道」を探しました。

次に僕が目指したのは「トレーニング指導」で、それだと選手に「触れる」ことがほとんどありません。

そこからいろいろなトレーニングの本を読み込んでは、大学のトレーニングセンターで、一つ一つのエクササイズのフォームの練習をしたり、自分の身体を使ってトレーニングのプログラムの組み立て方などを学んでいきました。

元々、高校でも本屋でトレーニングの本を購入して、自己流でトレーニングをしていたこともあったので、「この道ならいけるかもしれない」という感覚もありました。

しかし実際は、同じようにハードなトレーニングをして、同じようなご飯を一緒に食べている友人の身体は、どんどん大胸筋が厚くなってきて、ジーパンもパンパンになっていくのに対して、僕の身体はそれほど「目に見える大きな変化」を見せませんでした。

そこでも、「同じように努力して栄養も考えて摂取しているのにその結果にこれほど差が出るとしたら同じようにやっていても差は広がる一方だ」と感じて、「身体を大きくするためのトレーニング伝統的なウェイトトレーニング)」ではなく、「動作の質を改善したりパフォーマンスの上げるためのトレーニングムーブメントトレーニング)」に「切り替える」ことにしました。

幸運にも、僕が入学した「中京大学」のキャンパスを歩いていると、「世界で戦うアスリート」と至るところで出会うことができます。

授業をサボって、ほとんどの時間をトレーニングセンターで過ごし、そこでトレーニングしている様々な競技の選手の動きを「観察」したり、時には、陸上競技場で陸上部の練習風景を眺めたりしていました。

そうしているうちに、「地面からの反力が膝で抜けてしまっているからトレーニングするならどうするか」というイメージが、すぐに浮かんでくるようになりました。

さらに、festaで僕の奥さんが提供している「A-Yoga」は、「難しいポーズをきれいに取ること」ではなく、「いかに身体に無理なく自然な動きを引き出すのか」にフォーカスしているヨガだったので、「動きを見る目」を養うために、その指導者資格を取得したり、「ピラティス」の指導者資格も取って、他にも様々なトレーニング方法を学びました。

そうやって、「トレーナーとして生き残る道」を模索していきました。

この一連の「プロセス」は、後から振り返ってみると、先ほども紹介した陸上選手の「為末大」さんが、「どうして『400mH』を自分の専門種目にしたのか」という流れと共通しているところがあるなと思いました。


この中にも、「転機に置かれた時には"勝てる領域"を選ぶ」とあります。

詳しくは参考のリンク先の記事を読んでいただけたらと思いますが、為末さんは、陸上競技の花形種目でもある「100m」に早々に「見切り」を付け、「自分の特徴(強み)」を生かした種目に転向したことで、世界大会でメダリストになる結果を残されています。

「人よりも少しだけ先の未来」への感覚がある方だと想うので、100mの中学生の日本記録を更新しても、そこは「勝てる領域ではない」と判断して、未練なく自分の進む道の軌道修正をできるのはすごいなと思います。

それに比べると、僕の経験はそれほど派手なものではありませんが、自分なりにもそんなことを本能的に感じていたのかもしれません。

・・・
"It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent, but the one most responsive to change."

最も強いものが生き残るのでもなく、最も賢いものが生き残るわけでもない。最も変化に適応したものが生き残る
・・・

これは生物学者の「チャールズ・ダーウィン」が残した言葉ですが、その通りだと思います。

トレーナー時代には、プロチームで活躍する選手や、日本代表選手にもトレーニング指導をさせてもらうことがありましたが、僕よりも年齢も上で、その世界でみんなに尊敬もされているような「トップアスリート」になればなるほど、「自分が変わりたい」という「明確な動機」があって、どんなトレーニングにも食らいついてきてくれました。

これには例外がなく、次回までにしてきてほしい「課題」を伝えると、例えプロの選手でも、「練習時間が忙しくて、全然できませんでした」という人もいたり、よくても「言われたことはやってきました」という感じなのですが、「超一流アスリート」と呼ばれている人たちは、「この前のは全部やってきたんですけど、実際の練習の中で試してみたら、ここがうまくいきませんでした。僕としては、これが足りないかなと思ったので、それもやってきたんですか、それで合ってますか?」と聞いてきてくれます。

繰り返しますが、年下の僕に対して、輝かしいキャリアがある人にも関わらず、「自分を変えるため」には、そんなことは関係ないのです。

スポーツ界も「変化が激しい」ですが、そこで長く優秀な成績を残し続けられる人というのは、「変化に柔軟に適応できる人」なのです。

そんな素晴らしいアスリートの人たちとの、トレーニングの経験によって、僕は本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。

大学を卒業した後は、関西の神戸にある「スポーツ整形外科」で「常勤トレーナー」として働かせてもらうことになりました。

僕自身は、一緒に働く「理学療法士」さんたちのように、解剖生理学や、スポーツで起こる「障害」の知識に優れていたりするわけでもなく、他のトレーナーさんのように、テーピングを上手に素早く巻けるわけでも、鍼灸を巧みに使って組織を緩めることができるわけでもありませんでした。

唯一できることと言えば、大学時代に培ってきた「人の動きを観察し、目的に合わせて、それをより効率のよいものへと誘導することができる」ことだったので、「どんな動きが問題で、身体に痛みを生じたり、怪我をしてしまうのかを評価して、動きの改善をする」ということを、整形外科での「自分の生き残る道」として働いていました。

患者さんからの信頼のある、地域を代表するような有名な整形外科だったので、朝から晩まで患者さんで溢れていました。

大学では、周りにトップアスリートがたくさんいたので、「いい動き」をたくさん観察することで、「動きの質を見る目」を養うことができましたが、この整形外科では、老若男女、怪我の状態も様々な人に接することができました。

そこで圧倒的な「量」を経験させてもらうことで、トップのアスリートだけではなく、「多くの人間に共通する普遍的な動き、トレーニング」を見出しいくことができたと思います。

確かに「動きの変化」が、そのまま「痛みの改善」につながることもありましたが、同時に「それではうまくいかない人」も出てきます。

「人に触れずに、身体を理解をする限界」を感じ始めてきたのです。

先ほど書きましたが、「人に触れること」に関しては、身体のことを勉強し始めた大学のトレーナーサークルで、「ふかふかで温かい、ギフトをもらった手」を持つ友人に出会うことで、すぐに「諦めた道」だったのですが、またここで「向き合わざるを得ない状況」になってしまいます。

いくら「回り道」をしようとも、「外から観察する」ことだけでは、「人間の身体の本質的な理解」には至らず、「手で触れて、中で何が起こっているのかを感じる」ことをしなければいけないと思うようになります。

その当時の僕にとっては、改めて「柔道整復師」や、「鍼灸師」などの「国家資格」を取得することに関しては、全くイメージができませんでした。

そこで出会ったのが、この「ロルフィング」なのです。

今でも大阪でロルフィングをされている「佐藤 博紀(ヒロさん)」さんが、僕の人生を大きく変えてくれました。

ヒロさんは、アメリカのトレーナー資格である、「NATA認定アスレティックトレーナー(NATA ATC)」を取得されて、アメリカでのプロチームで働いていた方で、その後「ロルフィング」などのボディワークを学んで、日本でロルファーとして活動されている方です。

実は、大学生の頃から「アメリカで働いてみたい」という気持ちがあって、ヒロさんのHPをこまめにチェックしていました。

ある時、ヒロさんが一時帰国の際に、セミナーをする機会があって、そこに参加した時に初めてお会いしました。

そこで、「今後日本に完全帰国して、ロルフィングをするよ」と話してくれたことがあって、「そのロルフィングって何ですか?」








ロルフィングを学びに外に出ること、トレーナーとしての自分の大きさを決めていた、積み上げていたものは意味がない、ただ触ることの難しさ、けど、それは自分のアイデンティティに深く張り付き、皮膚から離れない、剥がす時には血を流すように辛い、ジェニーのこと、鳥を眺めていたこと

そして、外を出たからこそ、気づきことがあった

ある日、よくロルフィングを受けていた人がいて、その人が頭をそっと触れている時に、母親の実家の川に浮かんでいる記憶を思い出した、水に寝そべり、太陽の光が、木々の間からきらきらと輝いていた、とてつもない安心感、安堵感だった

そのロルファーは、そのおじいちゃんと似ていた、時空を超えて、つながり合ったような気がした

そして、東日本大震災、それで目が冷めて、家に帰ろう、東北でロルフィングをしようと思った

帰ってきてからは、僕は音を失い、色を失った

すべての感覚がリアルに覚えている

けど、そこでも響いてくる、鳥の音、風のせせらぎ、ほんのりやさしい色をしている人がいた

それが「真実」なのだと思った

ミスチルの彩り、

誰かが何かを話しているけど、多分、日本語なのだけど、全然伝わってこない、その人の奥が見えるような不思議な感覚だった、

これから神戸でロルフィングをする、それに対して、何かを言われても、振り向くこともなく、立ち止まることもないだろう



牛とは完全に「同調」し、道行く自然とも「共鳴」して、「大いなる自然(宇宙)」と自分は一つだったことを「思い出す」のです。

興味深いことに、「思い出す」という意味の英語は「Remember」になりますが、「Re-member」とも読むことができます。

つまり、「再び、一員(メンバー)になる」とも考えることもできて、「元々は分離されずに一つであった、大いなる自然と、また一体になる(Re-member)」ということを「思い出す(Remember)」となるのです。

もうそこには、「コントロールする側」と「コントロールされる側」との「隔たり」は存在せずに、ただ「大きな自然の流れ」があります。

ロルフィングでも、「身体を治す側」と「治される側」という「分離」はなく、クライアントさんの身体と、ロルファーである自分の身体との「共鳴」が大切になります。

なので、もしも自分の「身体(Body)」、「心(Mind)」、「魂(Soul)」の「調和」が取れていなければ、クライアントさんの身体とは、心地よく響き合わなかったりするので、「施術者側の状態」もすごく大切になります。

そして、「身体はニュートラル」で、「心はクリア」な状態で、ロルフィングをすると「セッション(掛け合い)」になります。

「痛みを治してあげよう」であったり、「構造を整えよう」という「施術者のエゴ」はなく、「ただそこに適切に在って、そこで起こることを観察する(Not working, btu being.)」ということが大切です。

海外でロルフィングの勉強をしている時に、アイダさんから直接学んだ素晴らしい先生たちのセッションをよく受けていました。

そのどの先生も、「佇まい(Presence)」が他の人とは違っていて、「大きな愛と深い慈悲の心」をその存在から感じます。

正直、ロルフィングを仕事にする前には、医療現場で働いていたので、そういったものは「眉唾もの」と思っていたのですが、やはり「本物」というのは違うというのを、見ただけで感じることができました。

そして、実際にベッドに横になって、ロルフィングをしてもらう時にも、とてもシンプルなワークなのですが、身体には驚くほどの反応が起こります。

その人が身体に触れているようで、「大きな何かに包まれている」ような、「深い安堵感」を感じました。

まさに、「共鳴」し合っていて、その「響きの中に真実がある」と実感したのでした。

そして、気づくと「家に帰る」ように、「元々そうであった状態に還るプロセス」が始まっていきます。




第七図「忘牛存人(ぼうきゅうそんにん)」
"Bull forgotten, Self alone"


牛の存在を忘れ、自分はまだそこにある

・・(現代語訳)・・

自分という真理は一人しかいない。牛を用いたのはただの喩えだ。
兎を捕らえる罠のように、魚を獲る網のように、牛を捕まえることを主題としてきた。
ついに見つけた自分という存在は、あたかも鉱山から採掘された金のごとく、雲の切れ間から現れた月のごとく光輝いている。
解き放たれた一筋の光は、過去の仏よりもさらに昔から輝き続けている。

・・

牛の背に乗って家に帰ってきた。
自分のほかに自分はいないというあたり前の真理に気付き、この自分こそが探しもとめていた自分であることを知り安堵した。
赤く燃える太陽が高い竿よりもさらに高く空へと昇ったが、心はまだ夢のなかのよう。
もはや牛を飼い慣らすための鞭や縄は無用の長物となり、小屋のそばに放ってある。

・・

セッション7
「頭の解放とリポジショニングで、ラインが頭頂まで抜けていく」

旅から家に戻り、もう「真の自己」を「外に求める」などしなくてもいいことに気づきます。

ただ「自分であればいい」だけなのです。


一体になったので、分離はしていない、もう牛はいない
意識できる、頭で考えるということは、分離すること、分かつこと、病院の細分化は、思考が深まれば深まるほどに続く、さて、そこの行き着く先は
旅をしたことすら忘れている、

実家に帰ってからは、しばらく、ぼーっとしていて、ずっと本を読んだり、犬の散歩をしていたりしていた、ただ暮らしていた


考えなくても大丈夫で、「頭から離れること」ができれば、自然といい方向に導かれていくので、「方法や道具に頼らなくてもいい」自分になります。

この頃には「深い瞑想体験」をセッションでする人もいて、思考が働き過ぎてがんじがらめになっていたところから、「ふっと抜ける」ような感覚になり、余計な雑念はなく、ただ自分の「存在」だけを感じているような状態になります。

「忘れる」ということは、とても大切なことで、最初は「長年の首の痛みを治してほしい」とロルフィングを受け始めて、セッションの「フィードバック」が、「首の痛みがあるかないか(治療効果)」ということを中心に話していて、なかなか「痛みへの執着」から離れられない人がいたりしますが、それが「痛みがあったことすら忘れる」状態になって、「(10シリーズを受けようと思った)本来の目的」に焦点が当たるようになります。

「ロルフィングは治療ではないです」と説明すると、「痛みに苦しんでいる人を無視している」と感じる人もいらっしゃいますが、決してそういうわけではなく、「痛みを通して、身体は何を伝えようとしているんだろう」というところに目線があります。

そうやって10シリーズを進めていると、「痛みはあくまでメッセージの一部に過ぎなくて、それよりも大きなことに気づいてほしかった」というのが、少しずつわかってくるようになります。

語弊を恐れずに言えば、「魂の求めに気づく」ようになるのです。

そしてそれは非常にシンプルなことで、「ありのままの自分でいる」ということなのです。
( Posted at:2016年2月15日 )

とんがりビルでの、festaのオープンは2月15日(月)。

ヨーロッパから帰ってきました。

これで今回のトレーナー帯同は終わりになります。


ということで、

山形であたらしいfestaのオープンのお知らせをします。


1449569645_photo.jpg
写真は「山形経済新聞」より


Rolfing House festaのオープンは2月15日(月)


あたらしい人たちにロルフィングのことを知っていただきたいので、

オープン企画ということで、「体験セッション」をします。


時間:30 - 45分(その方のからだの状態に合わせて)
料金:5,000円
場所:とんがりビル 3階 Room3
           山形市七日町2-7-23
期間:2016年2月15日(月) - 3月31日(木)
予約:090-2954-8207(大友)
   info@rolfing-festa.com
    ※基本は予約制になりますが、飛び込みも大丈夫です。
      飛び込みの場合はお電話ください。

スクリーンショット 2016-02-07 8.51.57 PM.png




先日、festaが入る「とんがりビル」がいよいよオープンして、

その内覧会に僕も参加してきました。

こちらが先日のオープンの山形新聞の記事)


festaは3階のRoom3ですが、とても気持ちのいい空間で、

そこでロルフィング、ヨガがするのが楽しみです。


同じビルには魅力的な人たちが働いていて、

そこからどんなおもしろいことが生まれてくるのか、

いろいろと想像するとにやにやしてしまいます。


体験セッションもしますので、

「ロルフィングが前から気になっていた」方や、

「はじめて聞いたけど、どんなものなんだろう?」という方も、

お気軽にお問い合わせください。


オープンまで間もないですが、準備がんばります!




Rolfing House festa
Yuta
( Posted at:2016年2月 7日 )

モニターBさんの感想 (セッション10 | 40代 女性) 序編

いよいよモニターBさんの10回目のセッションが終わりました。

痛みだらけの身体の悲鳴が聞こえてくるようでした

最初にロルフィングを受け始めた時には、上のような言葉が感想にあったほど、過去のケガや手術などによって、身体は「痛みに縛られて」いて、自由で快適である「健全な状態」からは、かなり距離のあるところからのスタートでした。(詳しくは、「Bさんのセッション1」をご覧になってみてください。)

それでも、ロルフィングの目的は、「痛みや不調を治療する」ことではなく、「身体が元々の秩序、調和、統合された健全なバランスを取り戻していくようにサポートする」ものなので、「痛みだけに焦点を当て過ぎない」ようにしていました。

痛み」を「取り除くべき悪しきもの」と捉えるのではなく、その人が「自分の全体性を回復するために、必要があって出てきたもの」、または「身体が何かを訴えようとしているメッセージ」と捉えるのとでは、とても大きな差があります。

この「痛みに対する態度」の方向性は、前者であれば、意識は「自分の外側(腕のいいお医者さん、よく効く薬、話題の健康グッズなど)」に向かっていきやすくなりますが、後者は「自分の内側(身体の感覚、気づいていない自分の気持ち、精神状態など)」に向いていきます。


よしもとばななさんの本の中に、『体は全部知っている』というタイトルのものがあります。

施術者であるロルファーが「痛みという課題」と直面した時には、まさにそのタイトルのように、「(全部知っている)身体からのメッセージ」としてそれを捉え、受け手の方の身体は「(痛みを通して)何を伝えようとしているのか」を、時間をかけて丁寧に「翻訳」していくように努めます。

身体は、本来はとても「素直」なので、その人を「苦しめよう」などとは思っていません。

例えば、「小さな子ども」が、大声を出したり、いじわるなことをして、「母親を困らせている」ように見えることがありますが、それは「(母親に)関心を向けてほしい」だけというのがほとんどで、その「メッセージが確かに伝わった」と感じると、すぐにその態度は変化していきます。

中には、すごくたくさんの「メッセージ」がありすぎて、「結局、何を伝えたいのか」というのが、「混乱していてわかっていない」子どももいます。(小さい子どもは、よくそういうことがあります。)

そういう時には、親が「今していること(料理を作っている、スマホを見ている、友達との話に夢中になっているなど)を一旦やめて、きちんと子どもに向き合って、ゆっくりと話を聞いてあげる」ようにすると、子どもは「自然と落ち着いてくる」ようになります。

これはロルフィングでも同じで、身体が「(痛みによって)何かを訴えたい」とその人に対して思っているのに、それを「聞こうともせず」に、「(薬や治療などで)すぐに取り除こう」としてしまうと、身体は「無視された」と思ってしまうかもしれません。

そうなると、「もっと痛みを強くしよう(強化された反応)」となったり、「違う場所、形で痛みを出そう(反応の転化)」などとなっていくことがあります。

これは、「身体」と「(その人の都合、考え)」との「意思疎通コミュニケーション)」が、うまくいっていない状態です。

そういう時に、ロルファーが「間に入る」ようにして、「10回の身体へのインタビュー」を行うことで、そのメッセージを通して「何を本当に伝えたいのか」ということを、一緒に明らかにしていこうとするのが、ロルフィングの「10シリーズ」になります。


その「10シリーズ」を、Bさんは他のモニターの方よりもゆっくりの「1ヶ月に1回」ペースで受けてきました。

「セッションの間隔はどれくらいにしたらいいですか?」と、よく聞かれることがありますが、通常は「1〜2週間に1回」くらいのペースが推奨されていて、長くても「1ヶ月に1回」とお答えしています。

身体が「元々の健全な状態に還っていく」のにも、人それぞれの「プロセス」があるので、それに適した「頻度」も当然あります。

仕事が忙しく、なかなか自由にできる時間がなかったり、1週間に1回だと金銭的に厳しかったり、受ける方の個人の生活、仕事の状況、そしてもちろん身体の状態などのお話を聞いていくことで、「この方なら2週間に1回がいいかな」と、なんとなく「ロルファーにとっても、クライアントの方にっても、双方にとって」いいところに収まっていきます。

他のモニター方のブログをご覧になっていただいた方はわかるかと思いますが、ロルフィングのセッションでは本当にいろいろなことが起こります。

起こることの中には、僕の頭で理解できるものもあれば、そうではないものもあります。

今回のBさんの場合も、最初の頃の、痛みや違和感がかなりあった苦しい状態から、今回の10回目の最後の感想のように、「痛み、苦しみから解放された状態」になっていくまでを今まで書いてきましたが、「そこで起こったことのすべてを理解しているか」と言われると、すべてではありません。

けど、どんな状態の人であれ、「10シリーズを受けます」と決めた方との「変容の旅」は、「必ずしや、いい方向に導かれていくであろう」という「根拠のない自信」は持っています。

身体という自然の叡智」と、「(それに向き合う方法としての)ロルフィング」のことを、僕はとても信頼しているのです。

ロルフィングを受け始める方の多くは、「ロルフィングって何かよくわからなかったんですけど、なぜか受けようって思ったんですよね」という人がほとんどです。(僕もその1人です。)

その方々は、ロルフィングに「何か惹かれるもの」を感じ、そこに「希望のようなもの」を見出しているのかもしれません。

今回は、「それが何であるのか」を、禅の「十牛図」との関連を含めて考えていけたらと思います。

最初に書いておきますが、「ロルフィングと十牛図が関連している」と考えているのは、あくまで「僕個人の見解」で、すべてのロルファーが考えていることではありません。

そして、「十牛図」の解釈も様々あって、そしてとても「哲学的」です。禅の修行を気の遠くなるほどの時間されてきたような方が、ようやく少しずつ見えてくるものがあるような世界だと思います。

ロルフィングは、「(重力空間の中で)身体の構造のバランスを整える」ことを目的にしていて、「身体の構造をどう捉えて、どう観察して、どんなことをしていくのか」ということに関しては、Bさんの10シリーズの前半にも、他のモニターの方の記事にもいろいろと書いてあります。

あくまでそこが「(ロルフィングの)基本、土台」であって、今回のこの考察は、「ロルフィングは身体の構造のバランスを整えるが、それだけではなく、その過程の中で様々なことが起こる」ということを、僕個人の考え、体験を踏まえて、あえて「踏み込んで」書いてみようと思ったものです。

ロルフィングの中にある『何か』を掬いとる」ための「言葉の旅」とも考えられるかもしれません。

長さもかなりあるので、「序編」「破編」「急編」と「三部作」として、「はっきりとした、明確な答えを得ること」は目的としていません。

他のモニターの方のブログの記事をいろいろと読んで、「さらに深い世界がありそうで興味がある」という方は、この先の「身体というどこまでも深く、広い自然への永い旅」にお付き合いいただけたらと思います。

それでは、Bさんのセッション10の感想をどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は最後の施術、ありがとうございました。

本当に身体が軽くなって、通い始めた10ヶ月前の痛みや不調が嘘の様でした。

またあの頃の様に戻ってしまわないかお聞きしましたが、よほどの生活の変化や身体への負担が大きくならない限り、5〜6年は何もしなくても大丈夫との事。

身体の基本を整えたから大丈夫だと説明していただき、基本の背骨、大切なんだなぁと改めて実感です。

ロルフィングの素晴らしさを身体をもって体験でき、感謝しております。

ぜひ、一人でも多くの人にこの身体の心地よさを感じていただける様に、話していけたらと思っています。

大丈夫と言われたものの、先の事は不安が消せない為、気になり始めたらまたぜひ相談させていただきたいと思っております。

長い間ありがとうございました。
本当に感謝でいっぱいです。

※全体の内容が変わらない程度に、加筆、修正しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「フォード」と「ジャガー」

僕自身がロルフィングを受け始めた時、最初に思った疑問が、「どうして10回なんだろう?」ということでした。

「身体が良くなるんだったら、もっと短くてもいいと思うんだけど」とも思っていましたが、10回のセッションにはそれぞれに「テーマ」があって、達成したい「ゴール」があります。

・・

"Rolfing is permanent.  after you're Rolfed you're like a Jaguar. No matter how long you drive a Jaguar, it's not going to turn into a Ford. "  - Ida P. Rolf, Ph.D.

ロルフィングの効果は永久に続きます。 ロルフィングを受けた後、あなたはジャガーのようになっているでしょう。 どれだけ長く運転したとしても、ジャガーがフォードに戻ることはありません。

・・

ロルフィングを受けると、フォードという「大衆車」が、ジャガーのような「高級車」になって、またフォードに「戻ることはない身体の変化は継続する)」という、ロルフィングを始めた「アイダ・ロルフ」さんの有名な言葉です。

つまり、ロルフィングでしているのは、「フォードの修理」ではなくて、「フォードがジャガーになるほどの変容が起こり、それが持続する」ということで、10シリーズを受けている時には、僕自身もそんな感覚がありました。

セッションを受けた後に、「あれ、これが自分の身体か?」と驚くほどに、身体の性能が「アップグレード」されている感じです。

そして、身体の性能が向上するだけではなく、10シリーズの後半になってくると、身体の「感覚が開く知覚が広がる)」ようにもなってきて、より「微細なタッチ」にも反応できるようにもなってきます。

さらには、意識が「瞑想」状態にもスッと入りやすくなってきて、そこで昔の思い出が蘇ってきて、「深い気づき」を得たり、ふとアイディアや言葉が「降りてくる」ような体験もしました。

そこまでの体験をすると、ロルフィングの10シリーズは、ただ「身体の痛みや不調を取り除く」というものでも、「疲れた身体のリラクゼーション」を目的にしているものでもなく、「10回」というのには意味があって、「なるべく回数は少ない方がいいのではないか」とも思わなくなりました。

ロルファーになって「7年」になりますが、10シリーズをやればやるほどに、「不必要なセッション」というのはなくて、「順番」もよくできているなと思います。

日本には「型を継承する」文化がありますが、「これって意味なさそうだから、省略してもよさそう」と思うものでも、その型を「稽古すればするほど」に、その「」に「自分という存在が馴染んでくる自分が書き換えられていく)」ようになり、そこで初めて得られる「境地」があるのだと思います。

ロルフィングというのも、アイダさんは「口伝による継承」にこだわり、「教科書を作らない」ようにしたもので、ある種の「」だと考えることができます。


「技術の伝承」としての「10シリーズ」

その「10シリーズ)」の中に、僕たちロルファーは「アイダさんの見ていた世界」を想像します。

もちろん、これには「1つだけの正解」というの存在しません。

ロルフィングの優れた先生は、世界中にたくさんいますが、その先生「それぞれの見解、解釈」があります。

先ほど、アイダ・ロルフさんは「教科書を作らなかった」と書きましたが、そのために、アイダさんに直接教えてもらった先生に学ぶ機会がある時には、「アイダさんはどう考えていたんですか?」などと聞いてみたり、それに関するエピソードを誰かに教えてもらったりしながら、ロルファーは「自分なりの解釈」をこしらえていきます。

僕の「10シリーズの理解」を深めてくれた先生は2人いるのですが、1人目は「エメット・ハッチンスEmmett Hutchins)」さんという方で、残念ながら数年前に亡くなってしまいました。

下段中央の「ハートがオープン」な方が、エメットさん

エメットさんは、ロルフィングの創始者のアイダ・ロルフさんから、「最初にロルフィングを教えるインストラクーとして指名された人」で、アイダさんのスタイルに一番「忠実」で、まるでアイダさんの「生き写し」のような人ではないかと、僕は感じています。

ハワイのカウアイ島で行われた、1週間ほどのワークショップに参加して、そこで学んだだけですが、エメットさんの「佇まいハートが開かれていて、大きな愛で包まれるような感覚)」に大きな影響を受けました。僕は、アイダさんには会いたくても会えないので、エメットさんの「存在」を通して、「アイダさんが見ていた世界」に少し触れられたような気がした、とても貴重な体験でした。

2人目は「エドワード・モーピンEdward Maupin)」さんという方です。アメリカで初めて、「」に関しての論文を書かかれたほどの、とても聡明な方で、実際のロルフィングの「スタイル」も、とても僕は参考にしています。

下段ちょうど真ん中の方が、エドさん

アイダさんが「教科書を作らなかった」のは事実なのですが、実は、アイダさんはエドさんに「本を書くこと」を勧めていて、下の2つの本『重力とのダイナミックな関係性』をエドさんは書き上げました。公式ではないのですが、多くのロルファーに「教科書のように」読まれている素晴らしい本です。

  

この本を深く読み込んだこと、そして、エドさんは数年前までは毎年日本でワークショップを開いていたので、それに何回か参加することで、「10シリーズの理解」を深めていきました。

"It is simple, but not easy. It can be learned.(それはシンプルだが、簡単ではない。そしてそれは、学ぶことができる。)"

その本には、こう書かれてあって、「(職人的な技術の伝承」の本質を表しているように思います。

日本には多くの「職人」さんがいますが、その技術が熟練していればしているほどに、見た目にはとても「シンプル」に見えます。けれども、実際にそれをやってみると、それは「簡単ではない」ことがすぐにわかります。

それでも、「10年やって一人前」という言葉もあるように、それを然るべきところで「修行を積み重ねる」と、それは「学ぶこと伝承すること)」ができます。

アイダさんから、その技術がその弟子たちに渡り、それがこうして日本の山形にいる僕のところまで伝わっているということに、「ロルファーであることの誇り」を持っていると同時に、まだまだロルファーとしては7年が経過しただけなので、日々のセッションを丁寧にやっていって、この「伝統を守る」ように活動していきたいと思っています。


「10シリーズ」と「十牛図」

先ほどのエドさんの本には、ロルフィングの「10シリーズ」について、それぞれのセッションで何を目的にしていて、具体的に何をしていくのかが丁寧に書かれているのですが、その中に禅の「十牛図」も紹介されていて、「10シリーズ」とそれが「呼応」しているのではないかと考えさせられる内容です。

「十牛図」とは、禅においての、修行の始まりから、その極地である「悟り」に至るまでの「プロセス」を、「牧人自分が牛真の自己を追い求める物語」として、「10枚の絵」によって描かれています。

「十牛図」で説こうとしている「悟り」とは、「真の自己とは何か」ということであって、その悟りの象徴として「」が登場してきて、10枚の絵を順に辿っていくことで、「自己を知る」という段階が示されているのです。

この「十牛図」を、「ダンス」によって表現するという、とても興味深い試みをしている方々いるのですが、まずはその動画を先に観ていただけたらと思います。

ざっと、どんなものかがわかるかと思うので、その後に、10枚のそれぞれの絵について書いていこうかと思います。


なかなかに興味深く、そしてどこまでも深い「プロセス」だと思います。

「10枚の絵」には、それぞれその「解説文」も添えられているので、その「現代語訳」をところどころで紹介しながら、僕なりの「(十牛図の)解釈」と「10シリーズと呼応するところ」を書いていきたいと思います。

もちろん、「悟った」身分ではありませんので、至らないところ、筋が見えにくいところ、わかりにくいところなど、いろいろとあるとは思いますが、楽しみながら読んでいただけたらうれしいです。



第一図「尋牛(じんぎゅう)」
"Searching for the bull"



真の自己、悟りを追い求める旅のはじまり

仕事、子育てと人生を忙しく、必死に生きてきた時に、ふと「自分という存在」、そして「周りの状況(仕事場、家庭内の現状、社会の動向)」に疑問を持つようになり、自分の中に「痛み」や「苦しみ」があることに気づく。

とはいえ、誰に相談していいのか、どこに進めばいいのかもわからずに途方に暮れ、それでも毎日は過ぎていく。季節がまた、何も語りもせずに、私の前から去って行ってしまった。

きっかけは忘れてしまったが、「旅に出よう」と思い立ち、今までの環境を一度離れ、山や川を分け入って、「自然の中」に入っていくことにした。そこに「何かがあるのかもしれない」気がして。


○セッション1
呼吸の解放によって、身体が空間に開かれ、広がっていく

きっかけやタイミングは人それぞれですが、自分の今の状況、周りとの関係性に、何か「違和感」を感じている人は、意外と多いのではないしょうか。

中にはそれが、「身体の痛み、不調」として感じられる人もいれば、「霧がかかったような、漠然とした不安」というような、何かはわからないけれど、「このままではいけない」という直感として感じている人もいると思います。

それを教えてくれるのは、「自分の身体の声」であることが多く、それに気づいた人は、ロルフィングをどこからか探し出して、それがどんなものなのかもはっきりとはわからずに、それでも何かしらの「希望」を感じてくださって連絡をしてくれるような気がします。

実際に、「なぜロルフィングを受けようと思われたのですか?」と質問すると、大半の方が、「(身体の不調の有無は問わず)なんとなく」と答えられます。

十牛図の場合は、第一図の「尋牛」で、そうやって「違和感」を感じた牧人が、「自然の中」に入っていく様子が描かれています。

現在の日本は、「地方ブーム」とも呼ばれるほど、都会での生活に疲れた人や、何か違和感を感じた人が、自然の多い地方に「移住」してきて、そこで農業を始めたりする若い人たちも増えてきています。(実際に、ここ山形でも同世代で移住してきている人たちが多くなってきています。)

「移住」までしなくても、週末には登山をしたり、山でのアクティビティを楽しむ人も増えてきて、「アウトドア」もブームになっていますが、個人の問題意識がどれくらいなのかには差があるとは思いますが、「自然を求めている」人が多くなってきているように思います。

ロルフィングの「セッション1」では、「呼吸」に焦点を当てて、それを「制限しているものから解放する」のが大きな目的になります。

具体的には、「上肢肩甲帯と下肢骨盤帯とのバランス」を取り、「軸骨格(頭蓋骨、脊柱、胸郭)から付属肢骨格(四肢)を分離する」ことで、「呼吸」は元の「自由さ」を取り戻していきます。

「身体」というのは、ある意味で「自分の中の自然」、「いちばん身近な自然」だと考えることができて、「呼吸」というのは、その自然の「天候」を表現しているとも言えます。

呼吸が自由である」ということは、「身体という自然を構成する様々な要素が、すべて調和が取れている状態」ということになり、多くの身体に関わる治療法、健康法では「呼吸」をすごく大事にしているのも、そういう理由があります。

呼吸に向き合う」ということは、自分の「身体の中にある自然」に入っていくための、「最初の入口」になります。

自然の中に入ろうと思っても、雨が降ったり、風が強かったりすると、自分の思うようにはいきません。

自然の中では、自分の思うようにはいかず、「まずは天候を感じ、それに合わせるしかない」のです。

ポイントは、いきなり「呼吸をコントロールする」のではなく、「身体という自然に調和するために、まずは呼吸を感じてみる」ことです。




第二図「見跡(けんせき)」
"Finding the footprints"



牛の足跡を見つけ、それを辿っていく

」に出ることで、人は様々なことを経験します。

自分では「コントロールしようもないこと」や、「ただ受け入れなければいけないこと」が起こり、今までの自分の人生を振り返ることが多くもなります。

逆に言うと、「自分の人生を振り返るため」に、人は「」をするのかもしれません。

その移動する道中や、「しなくてはいけないことが何もない時間を過ごす」中で、「本を読む」時間も増えて、その中で、「自然の真理、叡智」があることを知るということがあります。

すでに、昔の人たちは気の遠くなるほどの時間をかけて、自然の中から多くのことを学んできました。それを今、自分は「本を通して」知ることができて、目の前で起こることの中に、その「足跡」を感じられるようにもなってきます。

自然の中に入り、ただ自然に「翻弄される圧倒される)」だけではなく、その移ろいの中に、「何かを学び始める」のです。

それでも、そういう事に気づけるようになったのも、違和感を感じ旅に出ようと思ったのも、今まで必死で生きてきた「(自分の人生の)足跡」があるからでもあります。

何も達成していない、平凡な人生だと思っていたけど、「目の前の自然の中に感じる、真理、叡智」と、「自分の人生の足跡」とが、ふと「重なっている」ように感じることもある。

まだまだ迷いは多いけれど、「自然の真理」と、「自分の足跡」とが「重なる」ことを信じて、この先も歩いていく。


○セッション2
地面とのつながりとしての足が自由になる

十牛図の第二図「見跡」の場面では、「本や経典などから仏の教えの存在を知る」ということが示されています。

いろいろと迷いながらも自分の人生を生きてきて、悩みながらも歩んできたからこそ、「仏の教えに触れた時」に、そこに「足跡」を見出すことができるのだと思います。「何も経験していない、まだ自分の足で人生を歩いたことのない、若い自分」が、同じように「本、経典」に触れたとしても、何も感じなかったかもしれません。

また「足跡」とは、「地面と自分との関係性」を示してもいます。

「悟り」に至ろうと思えば、「知識、教養を身につけること」も大切であって、それが自分の「下地地面)」になり、その上に何かを「積み重ねていく」こともできます。

「(本、経典による)知識、教養」が「地面」になるとして、それがすべて大切なのではなく、「どこに足跡を残してきたのか自分はどこを歩いてきたのか)」が大切になります。

自分の人生の歩いて」きて、それが「知識、教養という地面」に触れた時に、「あ、この本で書かれてある仏の教えは、自分の人生のあの場面のことだったんだ」と「重なる気づく)」のです。

ロルフィングの「セッション2」では、「地面と足とのつながり」に注目して、「足、下腿へのワーク」を中心に行います。

100年以上前の時代を生きていた、私たちの祖先の人間たちは、「地面との親しい関係性」を維持していました。

道は「舗装」などはされずに、一歩として「同じ地面均質で、平らな地面)」は存在せずに、それをほぼ「裸足に近い状態」で、歩いていました。(それも、今よりもずっとずっと長い距離を、毎日のように歩いていたのです。)

「地面」の方が「刻一刻と変化する」ので、「足」はそれに瞬時に対応できるように、「やわらかな」状態を保って、一歩一歩「考える計算する)」ようにしていたのです。まさに、「考える足」です。

やわらかで、自由に動き、地面に開かれた足」を持っていた時代には、みな「地面とのおしゃべり」をしていたのかもしれません。

僕たちが生きる現代では、道はアスファルトできれいに「舗装」されて、足は「高機能なシューズ」によって守られています。

その「離れてしまった関係」を、「もう一度結び直す」のが、「セッション2」での目的になります。




第三図「見牛(けんぎゅう)」
"Finding the bull"



牛の姿を見る

自然の中を「足跡」を頼りに進んでいくと、そこにようやく「真の自己)」の姿を見つけることができました。

思い切って「外の世界」に飛び出したおかげで、「自分とは何か」という「問い」に対する「答えようなもの」が、朧気ながらに見えてきました。

けど、まだあくまで「(本当に求めているものの一部を)見た」だけに過ぎません。


・・(以下は、実際の「十牛図」現代語訳です)

耳をたよりに道を進んでいけば、自己の源にたどり着くことができる

耳だけでなく、身体の6つの感覚器官「眼・耳・鼻・舌・身・意」のすべては自己と一体のものであるから、日々の生活のどの場面であってもそれらによって自己を見つけることはできる

海のなかに塩が溶け込んでいるように、絵具のなかににわかが溶け込んでいるように、自己は当たり前の日々にすっかり溶け込んでいる。

だから眼を見開いてしっかりと見れば、紛れもない自己を見つけることができる。

・・

うぐいすが木の上で麗しく鳴いている。

陽光は暖かく、やさしい風が吹き抜けて岸辺の柳は青々と揺れている。

そのすべてが真実そのものであるから、それらを見逃して自己を見つけることはできない

・・


○セッション3
前後を分ける、横の空間への広がりに気づく

この第三図「見牛」の解説文の中の、「耳をたよりに」という一文が非常に興味深いなと思います。

「耳」は身体の「」に位置していて、「前後の奥行き(これは「」が得意)」というよりは、「横の空間水平方向への広がり」を感じることができます。眼を閉じて、周りの音に耳を澄ませてみると、それを感じることができるかと思います。

解剖学の「前額面(身体を前後に分ける面)」の図

セッション3」では、身体の「側面」に対してのアプローチをするのですが、「ここからは、ここからは後ろ」と、「(境界としての)横のライン」を確立していくことで、最終的には「前後を分ける、横の空間への広がりに気づく」というのが目的になります。

普段の生活を考えてみると、「過去、未来時間)」などの「前後」の感覚は意識しやすく、「過去にしてしまった失敗への後悔」や、「未来に起こるであろう予測への不安」などに、多くの人は「囚われている」のではないかと思います。

そんな時に、「」という「今ここで生まれ、消えていくもの」に意識の焦点を合わせてみると、「今、ここに在るBe Here Now)」という感覚が生じてきて、「(騒がしかった)煩悩」も落ち着いてきて、「瞑想」の状態へと入っていきやすくなります。

「瞑想」の時などに、「周りの音に集中する」ことで「聴覚優位」にしていったり、「読経」などで「声を出す」というのも、さらに、「身体の声を聞く耳を澄ます)」ようにして「内観」していくのも、「過去、未来時間に囚われている」状態から、「今、ここに留まることで、そこから空間が広がっていく」状態に導いていくための「契機入り口)」になっているのです。

まさに、「耳をたよりに道を進んでいけば、自己の源にたどり着くことができる。」ということなのです。

これは「瞑想」という形を取らなくても、ただ、豊かな緑が広がる山の中や、水平線がどこまでも遠くに続く海辺など、「自然の中に身を置く」というだけでも体験することができます。

そういう環境の中では、「眼を閉じる」ことで、周りの音に「耳を澄ます」ようになり、「雑念」は静かになってきて、「今、ここに広がる空間」を「味わう」ことができます。

自然の中で「身体の感覚を開く」ことで、周りの環境の中に、「自分の存在そのもの」を感じることができます。

「太陽が輝き、気持ちのいい光が、木々の間から木漏れ日となって、きらきらと輝いている。風がすっと自分をやさしく撫でるように通り過ぎ、さらさらと葉が擦れ合う音がする」

これを感じているのは、「自分の身体がある」からです。

外部の環境からの刺激」に対して、それが自分の「感覚器官身体)」を通して、今そこにしかなない「感覚」を生じさせます。

その「環境と自分の身体とのやり取りコミュニケーション)」の中にこそ、「自分」を見つけるのです。

セッション3の頃になると、何気ない生活の中に、ふと、自分の姿勢が崩れていることへの「違和感」であったり、感覚が開かれてくることで、「環境の微細な変化」への気づきも出てきやすくなってきます。

日々の生活のどの場面であってもそれら開かれた身体の感覚によって自己を見つけることはできる

旅を始めて、「何か」に気づき始めていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


序編」は、以上になります。

「序編」だけでも、かなりのボリュームと内容なので、少し「咀嚼消化する」時間が必要かもしれません。最初にも書きましたが、すぐに「理解できた」というものではありません。(もしそうであれば、「すでに悟った人」であるので)無理をせず、時間をかけながら読んでもらえとうれしいです。

身体という自然への永い旅」の「破編」は、下のリンクからご覧になってみてください。
→「モニターBさんの感想(セッション10 | 40代 女性)破編」




Yuta

( Posted at:2016年1月 7日 )

Europe.

IMG_3483




IMG_3485




IMG_3486




IMG_3513




IMG_3550




IMG_3551




IMG_3553




IMG_3554




IMG_3555




IMG_3556




IMG_3557




IMG_3558




IMG_3587




IMG_3670




IMG_3671




IMG_3672




IMG_3673




IMG_3678




IMG_3680




IMG_3681




IMG_3682


新年があけました。

今はヨーロッパにいます。

こどもの頃から、なぜだかヨーロッパに惹かれていました。

そして、「いつかはここに行くんだろうな」と思っていました。

こうしてここで仕事ができることが幸せです。


今年のfestaには、いろいろと動きがあります。

楽しい1年になりますように。




Yuta

( Posted at:2016年1月 4日 )

2015年の帯同を振り返り、2016年はさらなる高みへ。

12月の初めからトレーナー帯同をしていましたが、

2015年の大会はすべて終わりました。


結果に関しては、選手個人がそれぞれに感じることなので、

トレーナーの僕が、「良かった悪かった」とは判断できません。

なので、詳細はここには書かないことにします。


今回の遠征では、自分にできることと、

チームに求められていることとを、

どうやって馴染ませていくかを毎日試行錯誤していました。

ただ一つだけの答えなどありはしないのですが、

それでもいろいろと考えました。


普段の僕は、Rolfing House festaの大友として、

クライアントさんに一対一でロルフィングをするのが主な仕事で、

個人事業主ということもあり、僕一人で物事を進めていきます。

予約の調整も、休みをいつ取るのかも、

全て自分で決めることができます。


けれども、トレーナーとして働く時は、チームの一員です。

そのチームが、目標としているところに進んでいくために、

最適な仕事をすることが求められます。

自分のしたいことだけを優先してしまって、

チームの方針からずれていくのはもちろんだめですし、

チームのことを優先しすぎて、自分のプロフェッショナルな部分を

潰していくこともチームのためにはなりません。


そのバランスを絶妙な位置で取れた時に、

世界で勝負して、勝つべくして勝てるチームになると思います。


僕個人が、世界で勝負できるようなことはありませんが、

チームのメンバーとして働かせてもらうからこそ、

そのような世界に身を置くことができます。

この幸運に感謝して、来年の大会ではもっともっといい仕事が

できたらなと思っています。


普通に考えると、夢のような舞台での仕事ですが、

あくまで僕にできることは限られています。

目の前の人に、質の高いロルフィングとトレーニングすることです。

精進を忘れずに、また来年もがんばりたいと思います。


年末年始は、長期休業でお待たせしていた山形の方々に

ロルフィングできます。

今から久しぶりにお会いできるのが楽しみです。

今回の素晴らしい経験を、普段のロルフィングセッションにも

還元できたらうれしいです。


みなさんも素敵な年末年始をお過ごしください。




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2015年12月22日 )

日本代表スノーボードアルペンチームのトレーナー帯同をすることになりました。

この度、日本代表スノーボードアルペンチームから

業務委託を受けて、外部トレーナーとして

海外遠征・試合に帯同をさせていただくことになりました。


以前のブログで、山形を拠点に活動している

日本代表アルペンスノーボーダーの斯波正樹選手の

サポートをさせてもらっていることを書きました。


ロルフィングをすることで、

左右非対称なスノーボードの動きの繰り返しで、

崩れたり、偏ってしまった身体の左右のバランスを良くしたり、

身体を支える軸、ラインの感覚をつかんでもらったりして、

身体のベースを調えてきました。

こちらはどちらかと言うと、身体のハード面へのアプローチです。


そのしっかりとしたベースで、トレーニング指導をして、

基本的な身体の動かし方を洗練、磨いてきました。

こちらは、ソフト面へのアプローチです。


トレーニングで出てきた課題を、ロルフィングのタッチで解決し、

またトレーニングをして、ハード面とソフト面を行き来しながら、

良い循環で冬に向けて準備してきました。


同じ種目の女子日本代表の選手にも、夏の間に山形に来てもらって、

1週間ほどの合宿を何度かしました。


そして、2人が入っている日本代表スノボードアルペンチームと、

この冬の遠征・試合に、外部トレーナーとして

一緒に仕事をできることにもなり、

責任は感じていますが、自分のできるサポートをしっかりと

していきたいと思っています。


その関係で、この冬のRolfing House festaは、

長いお休み取らせていただくことになります。

(前回のブログに、お休みの予定が書いてあります。)


festaに来ていただいる方々には、ご迷惑をおかけしますが、

良い仕事をして、良い結果を残すことができたということを、

またここでご報告できたらと思っています。


ロルフィングにしても、トレーニング指導にしても、

技術というのは、お客さんに育ててもらうと思っています。


今まで育てていただいた分を、きちんと発揮してきます。


日本代表スノーボードアルペンチームの応援をよろしくお願いします。




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2015年11月30日 )

(残り4枠)小雪の神戸でのロルフィングのお知らせ

この前、山形と宮城にまたがる蔵王を子どもをおぶって登山してきました。蔵王の山頂付近は、高い木や、紅葉するような木はなく、松などの針葉樹がたくさんあります。そんな山頂の辺りから、山を見渡すと、紅葉の波が麓の町へと流れていくのが見えました。もう少しすると、秋が終わり、ここにも雪が降り始めることかと思います。

今年最後になるであろう、神戸の出張ロルフィングの日程が決まりました。ちょうどその頃は、暦の上では、24節季の「小雪」になります。そろそろ冬が近づいていきますので、それに向けてからだを整えたい方は、ぜひ下の日程の中で予約を取ってみてください。

(予約状況は11月4日現在です)


11月18日(水) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ×


11月19日(木)
A:岡本ハイツ101号室 B:西本クリニック

①  8:00 - 10:00 A ×
②10:00 - 12:00 A ×
③13:00 - 15:00 B ×
④15:00 - 17:00 B ×
⑤18:00 - 20:00 A ×


11月20日(金)
A:岡本ハイツ101号室 B:西本クリニック

①  9:00 - 11:00 B ×
②11:00 - 13:00 B ×
③13:00 - 15:00 B ×
④15:00 - 17:00 B ×
⑤18:00 - 20:00 A ×


11月21日(土) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ○
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


11月22日(日) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ○


【予約方法】
 ①電話     090-2954-8207
 ②メール info@rolfing-festa.com

 *予約の日時と場所を間違えないように確認をお願いします。




Yuta

( Posted at:2015年10月28日 )

自然とのなつかしいつながり。

陶芸家の青木良太さんという人がいます。岐阜県土岐市で活動する、若い職人さんです。彼のことは、アメリカで時間を持て余していたときに、YouTubeで知りました。作品も、その人自身もとてもおもしろいです。

今年から甥っ子が、地元の和菓子屋さんを辞めて、陶芸家になるために修行することになりました。僕はなんとなく、あの動画で見た青木さんのところかなと思ったら、本当にそうでした。なんだか人生っておもしろいものですね。本当に甥っ子にはがんばって修行してほしいです。

動画の中で青木さんは、練る土に語りかけ、窯の火の声に耳を澄まします。自然との会話です。僕がロルフィングでしていることは、からだという自然との会話です。人を治したいとは、あまり思ったことがなく、ただからだが何をしたいのかを知りたいなと思っています。なので、自分の触れる手を通して、相手のからだに語りかけ、それに対してどんなことを話してくれるのかに耳を澄まします。

あるとき母親が、僕がまだ小さい子どもの頃に、山と会話をしていたというエピソードを教えてくれました。僕は大きな自然にやさしく包まれ、その一部となっていました。自然と遊び、自然そのものだったのです。それはとても幸福な時間です。ロルフィングをしていると、その頃の小さな自分に、いつか出会えそうな感覚があります。忘れてしまった何かを、取り戻せるかのような。

僕も甥っ子も、自然に触れ、なつかしいつながりを取り戻し、そこから大切なことをもう一度学び直しているようです。そして、それが仕事になっている。とても幸運で素晴らしいことだなと思います。そんなことを青木さんの動画を見て思いました。30分ほどの動画ですので、お時間あるときにでも見てみてください。もしかしたら、みなさんの中の小さな自分に、出会える瞬間があるかもしれません。





Yuta

( Posted at:2015年10月 4日 )

レファレンスとして、自分でロルフィングを受ける。

大阪でヒロさんのロルフィングを受ける。毎回そうだけど、今回は特に素晴らしいセッションだった。

身体の気になっていた場所は、自然に無理なく解放されまっすぐに伸び、収まるべき場所に収まるべき状態で落ち着いた。いくつかあった症状も、気が済んだのかきれいになくなった。

セッション中には、久しぶりにビジョンも見えた。海外でいろいろなロルファーからセッションを受けたときに、目を瞑っているのに、ある情景がパッと浮かんできたり、様々な形やパターンが、浮かんでは変化し、消えたりすることもあった。僕はそれを楽しんでいた。それらがどんな意味を持つのかは、僕にはよくわからないが、それが楽しいことはわかる。日本でいろいろとボディワークのセッションを受けたが、そういった瞬間が訪れることはなく、少しだけ寂しく思うこともあった。

今日のロルフィングセッションは、フィジカルの面でも、エネルギー的なスピリチュアルな面でも、大きな変化を感じた。多くのボディワークのセッションでは、そのどちらかに過度に偏る傾向があるが、ヒロさんはそこを自由に行き来する。黒か白か、明か暗かのような二者択一ではなく、そこにはグラデーションがあり、それは無理なく鮮やかに広がる。美しいセッションだなと思う。ヒロさんのセッションは、納得ではなく感動をくれる。

ちょうど今読んでいる、村上春樹さんの『職業としての小説家』の中に、こんなことが書かれていた。

「そしてその体感はひとつの大事な『レファレンス(参照事項)』として人々の精神(サイキ)に取り込まれていきます。つまり音楽を愛好する人々の基礎的な滋養となり、価値判断基準の一部となるわけです。極端な言い方をすれば、『春の祭典』を聴いたことのある人と、聴いたことのない人とでは、音楽に対する認識の深度にいくらかの差が出てくることになります。どれくらいの差か、具体的には特定できませんが、何かしらの差がそこに生じるのは間違いないところでしょう。」

今回のような自分がセッションを受けるという経験は、レファレンスとなり、僕の身体、精神(サイキ)に取り込まれる。そして、しかるべき時期が来るまでは、静かに奥底に眠っていて、そのときがやってきたときには、進むべき方向を優しく、でも確実に照らしてくれる。

神戸の出張ロルフィングの際に、ある人にセッションしたときには、「前よりも身体が変化するプロセスが速くなった」というフィードバックをもらった。ヒロさんのセッションを受けることは、僕の血肉になり、こうして僕のロルフィングを正しい方向へと導いてくれる。

これはヒロさんから僕に、身体を経由して伝えてもらったことで、そんなヒロさんは、それを世界中の先人のロルファーや、ボディワーカーから引き継いでいる。それを丁寧に辿っていくと、ロルフィングを作ったアイダ・ロルフにもつながる。そうやって僕たちロルファーは、アイダの思いをつないでいく。

ただの身体の整備でも、ましてや修理や治療でもないロルフィングは、そうやって伝えられ伝わっていく。そういうものを伝統と呼び、その伝統は、静かにゆっくりと、けど確かなものとして、流れ続けていくものだと思う。

そんな大きな流れの一部に自分がなることができて、それを仕事として他の人にもつなげていくことができたら幸せだ。誰かの大切なレファレンスになるかもしれない、そんなロルフィングを山形でしていきたいと思った。




Yuta

( Posted at:2015年10月 2日 )

前の10件9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ