ロルフィングハウス フェスタ FESTA

こころとからだの平和バトン その1

「こころとからだの平和バトン」というのを受け取りました。


このバトンが何かというと、

 このバトンは広島市西区太光寺の副住職、東和空さんからの発案で、
 天城龍湯治法、杉本錬堂さんから始まったものだそうです。

 三日間、こころとからだについて思うところを書き、
 その後、二人の方にバトンを渡して行くそうです。

というものだそうです。


受け取ったのは、先輩ロルファーの佐藤博紀さんから。
(ブログはこちら


今日から3日間、思うところを書いていけたらと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近、こだわりが少なくなりました。


こだわりがなくなってきたので、

どれだけ今まで自分のまわりにこだわりが、

深く深く絡まっていたのかに気づきました。


そのきっかけは、こどもが生まれたからです。


僕のこどもには、まだこだわりがありません。


ただ世界からやってくるたくさんの様々な刺激に

反応しているように見えます。


こだわるということは、作業の記憶があるということです。


「今、この積み木を持っている」という記憶があると、

その積み木を取られると泣いてしまいます。


作業の記憶ができることが、それをもっと続けていたいという思い、

つまりは意思、こだわりの起源になります。


僕のこどもは、まだまだ記憶する能力が高くはないので、

こだわりが少ないのです。


それでは、僕たち大人はどうでしょうか。


こだわりはたくさんあります。


毎朝、起きたい時間に自然に起きる。


朝はパンとコーヒーを飲む。


パンは春よ恋の小麦粉を使っていて、

バターを適量のせて3分ほど焼いて、

そこに手作りのいちごジャムをつける。


コーヒーは、ブラジルの深煎り豆を手で挽いて、

ハリオのドリッパーにセットして、

沸騰したお湯を静かに落とす。


ちなみにこれは、僕の典型的な朝の流れですが、

これらもこだわりです。


ここまでこだわらなくても、多かれ少なかれ、

みんなこだわりはもっています。


そのこだわりを、こだわれなくするのが、

生まれてきたこどもです。


こどもにはこだわりなどないですから、

自由に、世界を動きまわります。


日が昇る前から起き始めたかと思うと、

顔をパンパンと叩いて、僕を起こしてくれます。


眠いままパンとコーヒーを作ろうかと思うと、

向こうで泣いています。


乗って遊んでいた台から落ちたようです。


パンには適当にバターをのせ、トースターに入れると、

すぐ後ろで食器を落とそうとしているこどもがいます。


あまり危険ではないところに移動させて、

トースターからパンを取り出すと、パンは焦げ気味でした。


またこどもはすぐに移動してきて、今度は靴をなめまわしています。


もうコーヒーは諦めました。


最初は、このこだわりを壊されるのが、どうしても嫌でした。

自分の感情も乱れました。


けどある時から、こう思うようになりました。


「こどもは何も悪いことはしていない。

 ではなぜ、僕はこんなにイライラしているのだろう。

 それは、こだわりがあるからだ。

 こだわりがあるすぎるから、

 それをこどもが邪魔しているように感じるんだ。」


それからは、こどもが顔を叩いてきたら、

そのまま抱きかかえて、一緒に遊ぶようになりました。


パンの焼き加減など適当で、

一緒に朝ごはんを食べるようになりました。


毎日をそう繰り返すことで、僕は少しずつこだわりが少なくなり、

こどもと遊ぶ時間が多くなりました。


こだわりは、自分の満足のためです。


ですが、それを相手(こども)の満足のために、

こだわりを少なくしていけると、

なんだか僕も満足するようになりました。


おもしろいものです。


自分のロルフィングのタッチも変わってきました。


以前は、「自分が治してやろう」というこだわりが、

ないように思っていても、ありました。


それが、そんなになくなってきていることには驚きました。


こだわりをなくしていくときには、

こだわりをなくした状態など想像もできませんでしたが、

意外と大丈夫なものです。


完全にこだわりをなくすことなどできませんし、

こだわりが悪いものでもありませんが、

こども生まれてきてくれたおかげで、

「本当はこだわらなくてもいいもの」に気づけました。


部屋の片付けも同じようなことだと思うのですが、

本当に必要なものだけのシンプルな空間にいると、

いろいろなアイディアが出てきやすいと、個人的には思います。


こころとからだを眺めてみると、

絡みついてるこだわりが、思ったよりも多くあることに

気づくと思います。


それは本当に必要なものでしょうか。


本当に必要なものは、今の自分には見えにくい、

または見たことのないようなものかもしれませんね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




1日目はこんな感じのことを書いてみました。


さて、2日目は何が出てくることやら。




Yuta

( Posted at:2015年6月30日 )

(残り1枠)初夏の神戸でのロルフィングのお知らせ。

山形は、東北なので「ずいぶん夏は涼しそう」と

思われがちなのですが、山形は蔵王などの高い山々に

囲まれた盆地なので、東北では例外的に暑い地域なのです。


最近の天気予報を見ると、神戸よりも気温が高いこともあり、

「もう夏が来たな」などと話しています。


神戸も暑い季節がはじまりますね。
 



さて、次回の神戸への出張の予定が決まりました。


下に予約可能な日にち、場所を書きます。

(予約状況は6月17日現在です)


6月30日(火) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


7月1日(水) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×


7月2日(木)
A:岡本ハイツ101号室 B:西本クリニック

①  9:00 - 11:00 A ×
②11:00 - 13:00 A ×
③14:00 - 16:00 B ×
④16:00 - 18:00 B ×
⑤19:00 - 21:00 A ×


7月3日(金)
A:岡本ハイツ101号室 B:西本クリニック

①  9:00 - 11:00 B ×
②11:00 - 13:00 B ×
③13:00 - 15:00 B ×
④15:00 - 17:00 B ×
⑤18:00 - 20:00 A ×


7月4日(土) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


7月5日(日) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


予約をされる際には、

「CONTACT」ページから、必要事項を記入して送信していただくか、

info@rolfing-festa.comに直接メールしてください。

※予約の日時と場所を間違えないように確認をお願いします。




Untitled
最近撮った、実家近くのたんぽぽ。春はあっという間に過ぎ去りましたね。


梅雨の時期のからだは、自家中毒状態になりやすい季節です。


ものは傷みやすかったり、湿気が高くて息苦しくなって、

「こもり」やすくなってしまいます。


そんなときには呼吸をゆったりと深くすることが大切です。


ロルフィングでそのお手伝いができたらと思います。

お気軽にご連絡ください。




Yuta

( Posted at:2015年5月28日 )

斯波正樹くんのサポートをします。

IMG_2618

Rolfing House festaとして、スノーボーダーの斯波正樹くんの

サポートをすることになりました。


斯波くんは、山形県出身で蔵王を中心にトレーニングを重ね、

世界の舞台で戦っているアスリートです。

(斯波くんのブログはこちら


オリンピックにこそまだ出場はしていませんが、

各国の代表選手が参加するワールドカップでは、

日本人選手としては過去最高位の10位に入っています。


種目はアルペンのスノーボードです。


マイナーなスポーツですが、「ソチオリンピックで、

女子の竹内智香さんが銀メダルを獲得した」というと、

イメージしてもらえる人も多いかと思います。




IMG_2619

サポートする内容ですが、ロルフィングで身体を整え、

トレーニング指導もさせてもらいます。


神戸では、トレーナー活動はしていませんでしたが、

トレーナーとして久しぶりに現場に復帰します。


これもすべては、「ワールドカップ表彰台、そしてオリンピックへ」

という目標に向かって、festaとしてお手伝いできることを

何でもしたいなという思いからです。




IMG_2622

彼の笑顔が、オリンピックの舞台で輝くように、

しっかりとサポートしていきます。


みなさんも応援よろしくお願いします。




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2015年5月23日 )

ロルフィング説明・体験会終わりました。

先週末、ロルフィングを始めたアイダ・ロルフさんの誕生日を祝って、

全国各地で「ロルフィングデイズ」というイベントが行われました。


東北地区では、アイダさんの生涯を簡単に振り返りながら、

ロルフィングの説明をして、45分の体験セッションをしました。




IMG_2645.jpg

アイダさんの写真を見せながら、ロルフィングの説明してくれた

秋田で活動されている宮原伸宏さん。

(宮原さんのHP  http://ameblo.jp/latitudinous




IMG_2643.jpg

参加してくださった方は、満員御礼の10名でした。

仙台在住の方が中心でしたが、山形、新潟からいらした方も。




IMG_2650.jpg

写真左が、栃木の那須塩原で活動されている世良徹さん。

(世良さんのHP  http://www.rolfingjapan.com/

ロルファーの大先輩です。


「頭の痛みが楽になりました」

「スムーズに、勝手に前に進むような感じがします」

「意識しなくても胸が開いて、呼吸が楽です」


体験セッションは、やっているロルファーも、

受けてくださるみなさんも、驚くようなセッションになりました。




IMG_2654.jpg

イベント後に、なぜか仙台駅改札前で写真を。笑




どんなイベントにするのか3人で考えているときには、

10人も来てくださると思ってもいませんでしたが、

参加してくださったみなさんの笑顔見ると、

楽しい時間になったかなと安心しています。


この企画を定期的に開催して、

東北地方を回りたいねという話も出ました。


次は夏が終わって、秋ごろにでも、

仙台とはまた違う場所でできたら楽しそうです。


今回参加できなかった方は、ぜひ次回ご参加ください。




Yuta

( Posted at:2015年5月20日 )

5月17日(日)ロルフィングの説明・体験会 in 仙台。

最終版2_ロルフィング説明・体験会(仙台).jpg

告知が急ですが、仙台でロルフィングの体験・説明会をします。


上に載せたチラシにも書きましたが、

今回の企画は、5月19日のアイダ・ロルフさんの誕生日を

お祝いして、日本各地でワークショップが行われます。


東北地区では、5月17日(日)に仙台でやります。


今までロルフィングに触れる機会がなかった方に、

ロルフィングの簡単な説明と、体験セッションを

受けていただけるワークショップになります。


その場で参加される方のからだの状態をお聞きして、

そこで即興のロルフィングセッションをします。


何が出てくるか、起きるのか、僕が楽しみです。


お時間ある方は、ぜひご参加ください!




Yuta

( Posted at:2015年4月26日 )

いい循環といい出会い。

通算5回目の神戸出張が終わりました。

今回は、奥さんと子どもも神戸に行きました。

奥さんは塩屋のグッゲンハイム邸であった、

「ボナワンダ祭り」でヨガの講師をしました。

久しぶりのヨガの先生は楽しかったようです。

山形でも、ぼちぼちヨガのレッスンを再開していきます。


そして昨日は、大阪のロルファーの先輩である、

ヒロさんのセッションルームに3人で行きました。

3人ともセッションを受けさせてもらって、

からだの軸がすっきりと通って、背が高くなったり、

詰まっていたエネルギーが放出されたりと、

あらためてロルフィングのセッションの楽しさを味わいました。

やはりいいものです。

個人的には、転倒して顔に傷と腫れがあったのですが、

それが簡単なワークでスーッと引いたのには感動しました。

おかげさまで別人の顔のようです。

今回ロルフィングを受けれたので、またいいからだの感覚で、

山形でロルフィングができそうで今から楽しみです。

ロルフィングの良さは、ロルファー同士が、

お互いのワークを受けたり、交換し合ったりして、

からだもこころもをとてもいい状態で、

自分たちのクライアントさんに、いいセッションを還元します。

自分のからだを犠牲にしている施術者、ボディワーカーは

とても多いのですが、ロルフィングはそれが少ないと思います。

いいネットワークの中での、循環だと思います。

いいロルフィングを自分で受けて、

それを来てくれる方々につなぐことができる。

素晴らしいことです。


次回の神戸出張は、6月の終わり頃か、

7月の初め頃になると思います。

また素敵な循環が起こりますように。


image1.JPG

写真は、昨日の夜ごはんのときに、たまたま隣の席だった

ご家族と仲良くなって撮ったものです。

子ども同士が仲良くなって、とても楽しい時間でした。

人のご縁は楽しいものですね。




Yuta

( Posted at:2015年4月15日 )

土に触れる手、土を触れる手。

僕がロルフィングでしていることは、

「症状の改善」ではなくて、

「背景の改善」なのだと思います。


これは、自然で言うところの「土の改善」になります。


いくら良い種を植えても、土が良くなくては、

喜ぶべき収穫は迎えられないでしょう。


木が枯れていたとしたら、木も調べますが、

その土をよく見ます。


では、その土は何で決まるのか。


周りにどんな木が生えていて、それが落ち葉になるのか。

どんな川が流れていて、それはどんな山から始まっているのか。

その山に降る雨は、どこから来たのか。


植物は、土に生えます。


その土は、さまざまなものの影響を受けます。




人のからだに現れる「症状」は、

それがはっきりと確認できる頃には、

その土壌である「からだ」の状態は、

かなり悪い状態にあります。


症状として認識できる前には、

「兆し」があったはずです。


現れた症状を、いくらいじろうとしても、

それは土壌から生まれてきたものですから、

土壌が変わらなければ、意味がありません。


からだという土壌は、さまざまなものの影響を受けます。


そして、土壌が変わるには「時間」がかかるのです。




今まで生えていた在来種の植物が、

最近は見かけなくなっている。


それは、土が変わってしまったからだと言う。


でもそんな状況が、すぐに改善するとは思えません。


そうなるには、かなりの時間がかかったはずです。


そして土が改善するのは、そんなに簡単なことではなく、

そして、手のかかることで、時間もかかります。




ロルフィングは、その土に目線を置いていて、

そして、それを変化させることのできる、

稀有なボディワークだと思います。


土、そしてからだに深く触れていると、

手は変化していきます。


僕の知っている素晴らしいロルファーさんたちの手は、

僕の祖父や、父のように、

長い時間、土に触れてきた人のような、

なんともあたたかみのある、深い手をしています。


自分の手を見つめてみると、

土に触れることはできても、

土を触れるにふさわしいものでは、まだありません。


まだまだ自分にも、たくさんの時間が必要なようです。




Yuta

( Posted at:2015年3月23日 )

ロルフィングの紹介動画(短めと長めを1つずつ)。

「ロルフィングって何ですか?」と聞かれることが多いので、

2つほど動画を載せてみます。


この動画と合わせて、このHPの「ROLFING」というところにも、

僕なりのロルフィングの説明が書かれてありますので、

そちらも読んでもらえると、なんとなく見えてくるかもしれません。




1、フランスで作られたロルフィングのドキュメンタリー
 (字幕、30分弱)


フランス人のロルファーの方が、何人かのクライアントさんに

実際にロルフィングをしています。


クライアントさんは、10代の男の子だったり、

ダンサーの女性、ハープの演奏者などなど様々です。


実際、僕のロルフィングを受けてくださる方々も、

痛みのあるなしに関わらず、まさに老若男女、多種多様です。


ロルファーがどんな風にタッチしているのかも見てほしいのですが、

ロルフィングを受けた人たちそれぞれが、

「自分のからだをことを、自分の言葉で語れている」

というところにも注目してください。


お時間のあるときにでもぜひ。




2、ロルフィングによる痛みの緩和 -リン・コーヘン-
(字幕なし、2分)


2つ目は、僕がロルフィングを勉強しているときの

クラスメイトだったリン・コーヘン(Lynn Cohen)の動画です。


アイダ・ロルフのコンセプトを教えている学校は、

世界各地にたくさんあるのですが、メインは主に2つです。


僕はそのうちのRolf Instituteで勉強したのですが、

彼女はもう1つのGuild for Structural Integrationを卒業し、

「さらにアイダ・ロルフの考えを深く学びたい」と、

僕のいた学校にも来ていました。


その当時は、「どっちかで学べばいいじゃん」と思っていたのですが、

ロルファーになってから3年が経つと、彼女のしていたことの意味が

なんとなくわかってきました。


こちらの動画は、2分と短くまとめられています。


音声は英語で、字幕はないのですが、

映像を見るだけでもいいかと思います。


指先や、拳、肘など、様々なツールを使いながら、

ロルフィングをしているところを見てもらえたらと思います。




ロルフィングのしていることの大原則として、

「本来あるべき位置にホールドし、動きを促す」

というのがあります。


ロルフィングは、揉んだり、押したりするのでなく、

からだの組織(筋膜、筋、骨、神経、血管など)を、

本来あるべき位置に、ロルファーが手で保持しておいて、

その状態で、クライアントに微細な動きを促します。


そうすると、その動きの繰り返しの中で、

先ほどホールドしておいた組織が、その場所(例えば膝関節など)に、

最適な状態で再編成されていきます。


動画の中でロルファーは、

いろいろなポジションで、からだを触っています。


そして、クライアントはただ寝転んでいるだけでなく、

セッションに参加して、自分でからだを軽く動かしたり、

ロルファーの誘導で、ある部分に意識を集めたり、

からだのセンサーを敏感にしたりします。


そういったことを、動画を見ながら感じてもらえたら

いいかと思います。




何かわからないことがあったら、お気軽にご連絡ください。

お電話でも、メールフォームからでも結構です。




Yuta

( Posted at:2015年3月16日 )

4月の神戸でのロルフィングのお知らせ。

次回の神戸への出張の予定が決まりました。


ちょうど神戸は桜の満開が過ぎたころで、

かなり暖かくなっていると思います。


冬から春へ。


からだも冬の寒さから目覚め、「ひらいてくる」季節です。


そして、からだにたまった余分なものを、

「排出する」ときでもあります。


からだはすこしずつにぎやかになっていきますので、

それがスムーズに移行できるように、

ロルフィングでお手伝いできたらと思います。


下に予約可能な日にち、場所を書きます。

(予約状況は4月1日現在です)


4月8日(水) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ○
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ×


4月9日(木)
A:岡本ハイツ101号室 B:西本クリニック

①  9:00 - 11:00 A ○
②11:00 - 13:00 A ×
③14:00 - 16:00 B ×
④16:00 - 18:00 B ○
⑤19:00 - 21:00 A ×


4月10日(金)
A:岡本ハイツ101号室 B:西本クリニック

①  9:00 - 11:00 B ×
②11:00 - 13:00 B ×
③13:00 - 15:00 B ×
④15:00 - 17:00 B ×
⑤18:00 - 20:00 A ×


4月11日(土) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ○
②11:00 - 13:00 ×
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ×
⑤18:00 - 20:00 ×


4月12日(日) 岡本ハイツ101号室

①  9:00 - 11:00 ×
②11:00 - 13:00 ○
③14:00 - 16:00 ×
④16:00 - 18:00 ○
⑤18:00 - 20:00 ×


予約をされる際には、

「CONTACT」ページから、必要事項を記入して送信していただくか、

info@rolfing-festa.comに直接メールしてください。

※予約の日時と場所を間違えないように確認をお願いします。


Untitled

久しぶりに東北の雪を楽しんでいます。


実家の秋田県大仙市は雪が多いところだったので、

冬になるとすべてのものは真っ白に包まれて、

春になるまで土に出会うことはありません。


だからこそ、3月に入って少しずつ土が見え始め、

大地がひらいてくると、「いよいよ春が来るんだな」と、

心がうきうきしていました。


そんな故郷と比べると、ここ山形市は雪は少ないですが、

雪に覆われた瀧山を見ると、なんとも言えずに興奮します。


どうやら僕は、雪、そして山が、

どうしようもなく好きなようです。


残り少ない冬ですが、

ここ山形で目一杯楽しみたいと思います。


神戸でお会いできること楽しみにしています。




大友 勇太

( Posted at:2015年3月 9日 )

泣くこども、歌うこども。(情動から、感情へ。)

こどもが7ヶ月になりました。


「こどもは泣くのが仕事」とはよく言いますが、

そのこどもの泣き声は、日々変わってきています。




豊かになってくる泣き声


こどもは、お母さんに守ってもらわないと、

すくすくと安全には育っていけません。


「おなかが空いたからおっぱいが飲みたい」

「眠いけど寝れない」

「うんちが出そう」


そんなことを言葉では表現できないので、

泣き声を使って、それを伝えようとします。

最初はざっくりと大まかだった要求が、

少しずつ細かくなっていきます。

それに合わせ、泣き声も複雑になっていきます。


   ※ 研究では、最初単調だったこどもの泣き声が、

      成長とともに複雑になってきたときに、

      母親が全くその泣き声に反応しなくなると、

    (つまりは、子育てをやめると、)

      泣き声はまた単調に戻るそうです。


そして、泣き声にあるまとまったパターンが発生してくると、

文節、区切りも次第にはっきりしはじめて、

それが言葉になっていきます。


「はじまりは、歌だった」と、

「つながり」の進化生物学』の岡ノ谷一夫さんは、

本の中で書かれていますが、

泣き声が、鳴き声になり、こどもは歌い始め、

そして言葉を持ちはじめるようです。


最初はただただワーワー泣いていたのが、

次第に抑揚が出てきて、声色も多彩になってきて、

歌っているような感じになります。

今では、まとめて5分くらい歌ってくれることもあります。




悲しいから、泣く


こどもが泣くときには、

悲しいだけで泣いているわけではありませんが、

最近、悲しいから泣いているように見えることがあります。


お母さんにだっこされ、おっぱいを飲んで、

すやすやと眠りについたこどもを、そっとふとんに置こうとすると、

すぐにぱっと目が覚めて、泣いてしまうことがあります。

(背中に何か「スイッチ」でもあるのでしょうか。)


そんなときは、さっきまでお母さんの腕の中に包まれ、

満たされていたのに、そのお母さんがいなくなったと思い、

それで悲しくて泣いているように見えます。


その泣き声は、2−3歳のこどもの泣き声のようです。


2−3歳のこどもの泣き声は、どんな感情で泣いているのか、

ある程度予測することができます。


でも、生まれたばかりのこどもの泣き声は、

まだまだ音が未分化な状態なので、

どんな感情なのかよくわかりません。

(だからこそ、お母さんはとても苦労します。)


自分のこどもの中にも、感情らしきものが

芽生えはじめてきたのかもしれません。




泣くことを通し、感情がかたちづくられていく


生まれてすぐのこどもが泣いているときには、

それが伝染して、周りのこどもすべてが

泣きはじめるということはあまりありません。


実際に、自分のこどもが生まれたときに、

同じ頃に生まれたこどもたちを、新生児室で眺めていると、

1人のこどもがぎゃんぎゃん泣いていても、

他のこどもはけろっとしていたり、寝ていたりします。

(他人から影響を受けることがまだないからだと思います。)


でも、7ヶ月くらいになってくると、

他のこどもが泣いていると、自分も泣くようになります。


泣くから悲しくなり、悲しくなるからさらに泣いて、

泣き声はどんどん大きくなり、増幅していきます。


そして、泣き声という空気の振動の波が空間に拡がり、

悲しいという感情までもが、周りの他のこどもたちにも

伝わっていくのだと、僕は考えています。


「悲しい感情が芽生えてくる」と、

「泣き声が周りのこどもにも伝わる」ようになる。


つまり、最初ははっきりと区別できる「感情」はまだなく、

未分化な「情動」みたいなかたまりがあって、

それを泣くという行為を通して表現していくと、

少しずついろいろな感情が分化、発生してくる。


そして、「悲しい」のように感情の輪郭がはっきりとしてくると、

他の人にも「伝わる」ようになってくるんだと思います。


「感情は伝染する」と、経験的に感じてはいたのですが、

それが発生してくるプロセスを、少し垣間見れたような気がします。


「泣くのが仕事」とは、よく言ったもので、

本当にたくさんのことを教えてくれるこどもに感謝です。




Untitled

「こどもはおとなの父である」 ワーズワース




Yuta

( Posted at:2015年2月20日 )

前の10件11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ