ロルフィング

festaの
10シリーズの解説

ロルフィング®は、ロルファーとの10回のセッション(10シリーズ)を通して、からだが痛みや不調なく、制限なく自由に動けて、自然に全体のバランス、調和を取ろうとする働き(自然治癒力)を引き出していきます。各セッションにはテーマがあります。

全身の呼吸のはじまり

からだの一番表面の筋膜を自由に解放していきます。全身を包んでいるウェットスーツのねじれ、よれ、引っかかりを調整するイメージです。そうすることで、全身が呼吸をはじめます。

大地とつながる足

からだの中で唯一地面に触れている部分が足です。大地にしっかりと足をつけ、そこから上への力を得られるようにします。土台作り。

横のラインと前後への広がり

からだの前後のバランスを取るには前後を分ける線がなければいけません。それが横のラインになります。そのラインが、本来あるべき長さと位置に戻ることで、前後のバランスが取れ、ボリューム、奥行きも出てきます。

表層部の解放
脚の内側・
骨盤底膜のサポート

横隔膜がからだの中心にある空間(コア)の天井だとすると、その床に当たるのが骨盤底膜です。その骨盤底膜と内転筋をリリースして、骨盤を自由にし、コアの下支えをつくります。

コアからの広がりと
脚としての大腰筋

脚は大腰筋と呼ばれる筋肉からはじまっています。その大腰筋は横隔膜までつながっていて、それがリリースされると、脚が横隔膜から生えているような、脚が伸びたような感覚になります。コアから末端へと力が伝わりはじめます。

背骨・仙骨の自由な動き

4と5の流れを、からだの裏側に行なっていきます。背骨と仙骨が自由に動きはじめます。

ラインにつながる首・頭

前回までのセッションで、首から下までのからだが整い、コアの感覚も出てくると、自分の中心ライン(下から上に向かう力)を自然に感じられてきます。そのラインに支えられるように、首と頭を解放していきます。

深層部の解放
コアから上半身、
下半身へ

上半身の統合と下半身の統合になります。コアの力の波が、肩を通り、手まで伝わり、股関節を通り、足まで伝わっていきます。余分な力を抜けば抜くほど、からだの中心のラインがしっかりします。

全身の統合

全ての部分を、からだという全体に統合していきます。それぞれの部分がいきいきと躍動しつつも、それが全体としてはバランスが取れている状態です。からだの自然治癒力が、自由に働くようになります。

統合