ロルフィングハウス フェスタ FESTA

Tokyo Sunrise.

Untitled




Untitled




Untitled


東京にもこういうのがあったんだと感じた朝でした。




Yuta

( Posted at:2015年3月19日 )

2つの山。

1月に山形のロルフィングハウスフェスタの

セッションルームをオープンしました。


住所:山形市南二番町12-32  宮ハウスⅡ 102


それまでは、予約いただいた方の家まで出張して

ロルフィングをしていたのですが、

セッションルームに来てもらうことも可能になりました。


神戸では出張はせずに、場所を構えてずっとやっていたので、

山形にもオープンすることができて、とてもうれしいです。


今の場所に決めた理由はいくつかあるのですが、

「瀧山がきれいに見える」というのが一番です。


Untitled
紅葉の瀧山  @Rolfing House festa


ロルフィングは一度として同じセッションはなく、

その時に、その場で必要なことが起きて、

痛みがなくなったり、からだが軽くなったり、

自分の軸の感覚が明確になったり、

いろいろなことが起こる可能性があります。


それはまるで、ジャズの即興のようです。


例えば、腰痛1つにしても、どんなセッションになるかは、

その時の、その場にならなければわかりません。


あらかじめ、全てが決まっているわけではなく、

からだの生の反応を見ながら、触っている僕のからだも反応し、

セッションが進んでいきます。


これから何が起こるかわからないのですが、

何か楽しそうなことが待っているのはわかります。


そしてそれこそが、僕が治療ではなく、

ロルフィングをしている理由でもあります。


治療であれば、「痛みの軽減」が最優先の目的になりますが、

ロルフィングはそれだけではありません。


だからこそ、毎回何が起こるか予想がつかなくて、

ロルフィングしていても飽きるということはありません。


ジャズを演奏する場合は、自分と相手によって

これから奏でられる音が変わってきますが、

どこで演奏していて、それをどんな人が聴いているのか、

つまりは「場」も、大きく音に影響してきます。


それはジャズだけに限ったことではなく、

ピアノ演奏にしても、場所が変わると、

同じ曲でも全く違ってきます。


Untitled
ハワイのカウアイ島にあるロルフィングの学校の裏山


ロルフィングをするのに、「場」はとても大切です。


場が変わると、自分でも思いもしなかったタッチになったり、

見えてくるもの、手に感じられるものも変わってきます。


これは本当におもしろい感覚です。


上の写真は、昨年の冬に参加したワークショップの時に

撮った写真ですが、ハワイのカウアイ島です。


ここでのロルフィングは、すごく野性的で、パワフルな

タッチになったことが印象的でした。


普段は、そんなに出てこないようなストロークばかりで

すごく楽しかったです。


多分、日本の自然にはないエネルギーを感じて、

僕のからだがそれに反応した結果なのだと思います。


Untitled
Autumn Flatirons.


僕がロルフィングを勉強した学校の本部は、

アメリカのコロラド州ボルダーというところにあります。


ボルダーは、「ロハス」という言葉の生まれた場所でもあり、

とても自然が豊かです。


標高が高く(1600mほど)、空気がとても澄んでいます。


そんなボルダーでロルフィングをしていた時を思い出すと、

透明感のある、クリアなタッチだったと思います。


(とは言え、まだまだ修行中だったので、

 余計なものがたくさん付いていたと思いますが。笑)


Untitled
Winter Flatirons.


上の2つ写真は、僕がホームステイしていた家から見える

「フラットアイロン(Flatirons)」です。


この山もとてもきれいな山で、いつもその山を見る時には、

不思議と心が落ち着いて、なぜかその山とつながっている

ような気がしました。




そんなボルダーは、実は山形市と姉妹都市なのです。


すごく不思議な縁です。


そしてさらに、それぞれの都市には、それを象徴する山があり、

その両方に、僕はなぜか強く惹かれているのです。


なんだか、ボルダーのフラットアイロン、そして山形の瀧山に、

守られながらロルフィングしているような気分です。


フェスタからは瀧山がとてもきれいに見えます。


それをぼーっと眺めるだけでも、

自分の軸がすーっと通っていく感じがあります。


自慢の眺め、そして心地の良い場を、ぜひ体験しに来てください。


Untitled
雪に覆われた瀧山  @Rolfing House festa




Rolfing House festa
Yuta

( Posted at:2015年3月17日 )

アイスクライミング。

この前カヤックに連れて行ってくれた友だちと、

今回は初のアイスクライミングへ。


瀧山をスキーで歩いて、凍った滝を登って、

そしてスキーで滑り降りてくるコース。




Untitled

2時間弱、はじめての踵の浮くビンディングに、

スキー板の裏には滑り止めのシールを貼った状態で

山を登り、目的の滝に到着。


僕は友だちに付いていけず、途中でスキーを外し登る。




Untitled

滝の高さは15mほど。

それが垂直に凍りついている。




Untitled

きれいに輝く、裏から見た凍った滝。




Untitled

友だちはお猿さんのように、

アイスクライミング用のロープを滝の上から垂らすために、

道なき道を進んでいく。


この体力がうらやましい。

昔は、体力には自信があったのですが。




Untitled

最初の滝は、あまりに大きすぎたのと、

滝の上の方にロープを結べそうな木がなかったので、断念。


けど、その滝の上に、小さめの滝を見つけたので、

そちらに登ることに。


上の写真の滝は、5mほどの滝。




Untitled

登る準備をする友だち。

後ろの方は、友だちの上司。

こちらの方も、僕と同様にアイスクライミングははじめて。




Untitled

友だちがアックスとアイゼンを滝に打ち込みながら、

スイスイと登っていく。

これにはかなり感動。




Untitled

いとも簡単に登り終える。




Untitled

初体験の上司の方がトライするも、最高ここまで。


でも、これでも立派なもので、僕はもっと下でギブアップ。


腕がすぐにパンパンになってしまって、

アックスをしっかりとグリップできず、

打ち込んでも氷に跳ね返されてしまって、全然登れない。


けど、めちゃくちゃ楽しい。




Untitled

時折、青空がふと現れる。


自分たちだけしかその世界にはいなくて、

風の音しか聞こえない。


なぜだか「ああ、戻ってきたんだな」と思う。




Untitled

山形の自然は素晴らしい。


厳しさはあるのだが、時折、風を吹かせてくれ、

青空が会いにやってくる。


山形の自然はやはり、冬が似合う。




Yuta

( Posted at:2015年1月30日 )

箱ソリ、獅子、初市。

2015年がはじまったと思ったら、

もう1月が終っちゃいます。


1月に撮った写真を載せます。




Untitled
箱ソリで遊ぶ親戚のこどもたち。

Untitled
夢中の中にいると、寒さも関係ない様子。

Untitled
山形の初市にて、獅子に噛まれる。

Untitled
初市でよく見た、山形の縁起物。

Untitled
名前は何ていうのでしょうか。

Untitled
こういうのを見ると、十日えびすを思い出す。

Untitled
山形の湯殿山神社にて。


2月も家族で楽しい時間を過ごせたら幸せです。

2月もよろしくお願いします。




Yuta

( Posted at:2015年1月30日 )

【1月15日】山形のRolfing House festaがオープン。

Untitled

神戸の岡本でfestaを始めましたが、

たくさんの方がロルフィングやヨガを受けてくださって、

3年続けることができました。


昨年、こどもが生まれるのを機会に、

東北の山形に引っ越しをして活動してきました。


奥さんは産休でヨガのレッスンをお休みしていますが、

僕はベッドを持ち運んで、出張でのロルフィングをしてきました。


今回、「やはり拠点がほしいな」と2人で考え、

山形にもfestaをオープンすることになりました。


Untitled




住所は、以下の通りです。

〒990-2442
山形県山形市南二番町12-32
宮ハウスⅡ 102


少しわかりにくい場所には、電柱看板をかける予定です。

駐車場は1台あります。




Untitled


Untitled

定期的なヨガクラスを、最高でも5人ほどの少人数で、

春からはじめることにしました。


プライベートレッスンも再開します。


また春が近づいてきたら、詳細はお知らせします。




Untitled


Untitled

和室の気持ちのいい空間でロルフィングセッションをします。

晴れていると、外には瀧山がきれいに見えます。


引き続き出張でのロルフィングもしていきますので、

お気軽にお問い合わせください。




Untitled

ロルフィングやヨガを受けてもらうことで、

「からだを通して、しぜんを感じる / 見つける / 学ぶ」

そんな場所に、Rolfing House festaが

なっていってくれたらなと思っています。


からだが喜ぶ、心地のいい空間でお待ちしています。




Rolfing House festa
大友 勇太・亮子

( Posted at:2015年1月27日 )

虹とカヤック。

昨年になりますが、アウトドアショップで働いてる友だちが、

カヤックに連れて行ってくれました。


Untitled
道中、とても低い虹がきれいに見えました。

Untitled
やはり山形はきれいに虹が見えます。


カヤックをした場所はダムでした。


彼は何台かカヤックを持っていて、

僕には、細長くて前方への推進力があるものを貸してくれて、

彼のは、お風呂に浮かべるアヒルさん人形のような形で、

小回りの効くものでした。


カヤックははじめてだったので、

そんなにいろいろな種類があることにまずは驚きです。


なんとなくパドルの使い方を教えてもらって、

早速水面に浮かんでみました。


最初はジタバタしているだけで、

一向にまっすぐ進まなかったのですが、

ちょっとずつコツをつかむと、

スーッとスムーズに進み出します。


そうなると楽しくなって、雨風なんて気にせず、

ただひたすらにパドリングを繰り返しました。




Untitled
アヒルさんみたいカヤックですいすい進む友だち。

Untitled
大雨で水かさが増したときに流れてきた流木が挟まったようです。
何だか鳥居みたいに見えます。

Untitled
余裕ですいすい進むので、本当にアヒルに見えてきました。


気づいたら、途中で岸に上陸して、探検して、

きのこ狩りなんかしたりしてたら、

3時間くらいカヤックを漕いでました。


さすがに素人なので、腕はパンパンになりましたが、

なんて言うんでしょうか、この爽快感。


もう今の時期は無理ですが、今年はもっと連れてってもらって、

アヒルのこどもくらいにはなりたいなって思ってます。




途中でフラワー長井線っていうローカル電車の駅があって、

おもしろそうな感じだったんで寄ってみました。


Untitled
めちゃくちゃ古そうな駅の中で、こどもたちはDSに夢中。

Untitled
誰かが濁点足してます。

Untitled
電車待ち。

Untitled
この駅じゃないですが、駅にうさぎがいるみたいです。

Untitled
まっすぐに伸びる線路。


最後に、虹のきれいな写真を載せたので、

イギリスの詩人ワーズワースさんの「虹」という詩も

下に載せてみます。


私の心は躍る、
空に虹を見るときに。
子どもの頃もそうだった。
大人になった今もそうだ。
年老いてもそうありたい、
さもなくば死に至らしめよ。
子どもは大人の父である。
願わくばわが人生の一日一日が
自然を敬う気持ちで結ばれんことを。




Yuta

( Posted at:2015年1月 6日 )

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。


年末年始は実家の秋田は大曲で過ごしました。

すごく雪が降る地域で、1日に2回は除雪機で除雪をしなければ、

雪に埋もれてしまうようなところです。


昨年の夏から、こどもを育てるために山形に移り住みました。

久しぶりに東北での生活がはじまったわけですが、

「自分の眼で東北をみなおす」時間がほとんででした。


僕も東北出身ですが、部活動しかしていなかった高校生までしか、

東北にはいませんでした。

出会った人たちも、訪れる場所なども、とても限られたものです。


それが、ロルフィングハウスフェスタをはじめて、

あらためて東北に戻り、そこでの活動をスタートしてみると、

「自分の知らなかった東北」が見えてきています。


そして、いろいろ動きまわればまわるほど、

いろいろと話を聞けば聞くほど、

その知らなかった東北がどんどん大きくなってきました。


これは、これからこの地で生活をしていって、

そしてロルフィングをしていく中で、

ゆっくりと学んでいかなければいけない、

楽しい宿題だと思っています。


今年1年も、ロルフィングハウスフェスタとして、

この豊かな自然、色濃い文化の東北を駆けまわり、

ロルフィング、ヨガを広めていけるように、

元気にやっていこうと思います。


今年もよろしくお願いします。


Untitled
年末年始の大雪の中で、わずかに見えた青空


Untitled
あっという間に雪が積もってしまった車、今年もこれで出張します!




Rolfing House festa
Yuta & Ryoko

( Posted at:2015年1月 3日 )

紅葉、お食い初め。

先月、実家に車で帰りました。

こどもの「お食い初め」をするためです。

神戸にいるときには、かなり前から行く準備を

しなければいけなかったのですが、

山形からぷらっと行けるのがうれしいです。

とは言え、3時間ほどかかりますが。




Untitled

モズクガニ。

僕の地域ではよく食べます。

かにみそにみそを混ぜて、焼いて食べます。

それが朝の定番。




Untitled

お食い初め。

昔は、おばあちゃんが七輪でキンキを焼いてくれたみたいです。

キンキは「かやきっこ(秋田の鍋)」にして、

みんなで食べました。




Untitled

実家のもみじ。

親父が山から持ってきたもので、今は実家の庭に。

グラデーションがきれいでした。




Untitled

雨のもみじ。




Untitled

晴れのもみじ。




Untitled

近くの山の紅葉。

もう少し右上に、毘沙門天を祀ったお堂があります。




Untitled

大森の山の紅葉。

ここは紅がきれいです。




Untitled

中学校の通学路。




Untitled

実家で栽培してるなめこ。

ちょうど前日にまとまった雨が降っていたので、

なめこがたくさん生えていました。




Untitled

この日の収穫。




Untitled

早速、母親がお味噌汁にしてくれましたが、

すごくおいしかったです。




Untitled

こちらも栽培していたしいたけ。

昔は、販売するほどしいたけを栽培していて、

よくそれの手伝いをしていました。

たくさんしいたけがあったので、兄貴はしいたけが苦手です。




今週末にも秋田に帰ります。

雪が降っていればうれしいのですが、

どうなんでしょう。




Yuta

( Posted at:2014年11月27日 )

すっかり空と秋。

Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled




Untitled


最近、からっとした晴れの日が多く、

空の感じもすっかり秋です。

秋が深まると、少しずつ冬が近づいてきます。

僕は冬が好きで、吹雪の中を登下校で歩くのが楽しかったです。

冬も悪くないもんです。

秋はその移行期間で、わくわくしてきます。




Yuta

( Posted at:2014年10月 1日 )

YAMAGATA BIENNALE 2014.

Untitled

山形で「みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ2014」が

行われています。


公式サイト  http://biennale.tuad.ac.jp/




Untitled

メイン会場は、旧山形県庁の「文翔館」です。


ライブや、関連のツアー、イベントもあります。

(僕のおすすめは「BARミチノオク」ですね。)




Untitled




Untitled




Untitled


10月19日(日)までやっていますので、

これを機会に山形に遊びに来るのもいいかもしれません。




「みちの(お)く」は「未知の奥」


奥の方に暮らす人たちの

見たことも、聞いたこともない

ふしぎな物語




Yuta

( Posted at:2014年9月30日 )

前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ